« 七百二十: 日本の裁判関係の文献を読んで | メイン | 七百二十二: 私の見かけたニュース_No.38 »

2013年12月23日 (月)

七百二十一: フリー・エネルギーについて_No.5

七百十三:フリー・エネルギーについて_No.4』の続きです。
私は、以下の記事を見かける機会がありました。
ご紹介しておきます。

(以下、『ほんとうがいちばん』様、2013/12/20記事より引用)
------------------------------
●Keshe財団13/12/19:発電機についての発表(ケッシュ財団3-4KW発電機の販売へ)
http://mizu888.at.webry.info/201312/article_82.html

転載元:庶民の見方さんより
http://sunshine.dreamlog.jp/archives/1745286.html

発電機についての発表
元記事:MT Keshe repllied to Sale of Keshe Foundation 3-4KW power generator in Announcement
http://forum.keshefoundation.org/forum/keshe-official/announcements/280-sale-of-keshe-foundation-3-4-kw-power-generator/page12

スレッド:ケッシュ財団3-4KW発電機の販売 へのケッシュ氏の投稿
2013年12月19日付

3-4Kw 発電機について、ケッシュ財団からの発表

136396642183213112860_keshezaidan1

ケッシュ財団では、非ニュークリア・リアクター内でのプラズマ生成のための、スペース・リアクター技術での新しい資材の開発とテストを行った。
その後、この新世代のリアクター内でプラズマを創生し、それを維持させるテストに成功した。
この新現象を利用して、発電機の生産を進めていくことに私たちは満足している。

この成功に基づき、ケッシュ財団イタリア・チームと合同で、エネルギー・ユニットの商業用開発と予備生産が始まっている。
2014年の第一週目から、完全な生産段階に入る。

ケッシュ財団では、これらの発電ユニットを予約した世界で100名弱の人々に通知をする。
システムの配送は、2014年の2月から3月の間に、システムが製造され次第遂行される。
財団の任務に対するあなた方の根気と信頼に感謝している。

これらのシステムの入国と使用の許可については、各購入者に委ねられる。

ヨーロッパでの使用については、財団からのEUでの許可証の提出と受理まで配送を待つ選択も出来るが、個人で許可証を手配することも出来る。

今やエネルギー・ユニットのテストが完了した。
財団では、宇宙/空間運動における磁気・重力(Magravs) システムの使用と実施について、世界中の政府と2014年の初めに交渉を始める。

テクノロジーのこの部門については、更なる使用に際して、交通や国境越えをコントロールする効果的な規則の制定が出来るように、まず政府に公開する。

財団のこのような動きは、飛行システムが国のセキュリティーに関連し得るためで、いかなる国もこの発展を通じて、悪い意味で取り残されることがないようにするためである。

このリアクター開発の最終段階を終えるために支えてくれた、ケッシュ財団イタリアチームに感謝の意を述べる。

また同時に彼らは開発者となり生産者となった。
彼らはイタリアにおいて、発電機の商業化をイタリア国のために続けていく。

MT Keshe

ケッシュ財団指揮者

2013年12月19日
------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『七百十三:フリー・エネルギーについて_No.4』
●ブラジルでフリーエネルギー装置が造られました
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no4-087e.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51881618.html
http://beforeitsnews.com/science-and-technology/2013/05/free-energy-machine-created-in-brazil-coming-to-illinois-in-the-fall-of-2013-2584452.html

RAR Energia Gravity Motor -- Intro by Sterling Allan of PESN
YouTube: RAR Energia Gravity Motor -- Intro by Sterling Allan of PESN

(以下、「ほんとうがいちばん」様、2013/9/24記事より引用)
●Keshe氏 「日本の状況へ…この技術は利用可能でその多くを止めることができるのに…」動画(26)
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_112.html
http://sunshine849.blog.fc2.com/blog-entry-150.html
Keshe_Interview-2011.flv
http://www.youtube.com/watch?v=omRD7O9ZerM

『六百四十三:私の見かけた情報_No.11』
●世界銀行の内部告発者カレン・ヒューズさんのインタビュー
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no11-dffa.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51909583.html
http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2013/12/karen-hudes-beforeitsnews-interview-exclusive-on-nibiru-israel-iran-a-return-of-the-rule-of-law-2449738.html
Exclusive Karen Hudes Before It's News Interview
http://www.youtube.com/watch?v=7p3F8r5i7EY

Exclusive Karen Hudes Before It's News Interview
YouTube: Exclusive Karen Hudes Before It's News Interview

●カレン・ヒューズ
-----------------
しかしイランはフリーエネルギーの技術を持っている国です。
このことは、石油により大きな利益を得ている国々にとっては大きな脅威となっています。
イランの合意は、世界経済や金融を支配しているFRBのオーナー(銀行家集団)を追い出すためにも有効です。
-----------------

『二千三百二:フリー・エネルギー装置について』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/07/post-b67b.html
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-222.html

-----------
『フリーエネルギー、UFO、第3起電力で世界は大激変する 永久機関の原理がすでに見つかっていた(超☆わくわく) 』
出版社: ヒカルランド (2011/10/24)
言語 日本語
ISBN-10: 4905027608
井出 治 (著), 船井 幸雄 (監修)
1,890円
-----------

『二千二百十五:フリー・エネルギーについて_No.3』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/06/_no3-b3d5.html

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム