« 六百四: 日本の秘密保護法案など_No.2 | メイン | 六百六: News_No.398 »

2013年11月25日 (月)

六百五: 秘密保護法案について_No.29

私は、『五百九十九:秘密保護法案について_No.27』で、「【速報】森まさこvs福島みずほ「とんでもない」 秘密保護法11/18」のビデオの概要を書かせて頂きました。
理由は、その段で書きましたが、他の方のブログを見たり、記事を見ても、政治関係の幾つかのビデオがなぜか、削除されているからです。
どこの誰が削除したかわかりませんが、もし、この段落で、私が紹介するビデオ「反TPP、反秘密保全法@大阪駅前(下地真樹、山本太郎、福島みずほ)」も、ある時間が経って、削除されていたら、記事の読者の方は大体、以下の似たような予想してくるでしょう。

「この政治関係のYouTubeのビデオを削除しているのは、まさか、この人ではないだろうか?」と。

この「反TPP、反秘密保全法@大阪駅前(下地真樹、山本太郎、福島みずほ)」も削除されていたら、日本の中で起きた一つの歴史が闇に消されるような感じになるので、私は、このビデオの最初の方の概要を下に書かせて頂きます。
ビデオは46分ありますので、最初の方の、下地真樹さんの演説の概要を書かせて下さい。
======================
反TPP、反秘密保全法@大阪駅前(下地真樹、山本太郎、福島みずほ)
http://www.youtube.com/watch?v=39wTkoh2efA

反TPP、反秘密保全法@大阪駅前(下地真樹、山本太郎、福島みずほ)
YouTube: 反TPP、反秘密保全法@大阪駅前(下地真樹、山本太郎、福島みずほ)

公開日: 2013/09/24

下地真樹という人は、阪南大学で教えている人だそうです。
この下地さんは、昨年の12月に逮捕されました。
下地さんは、ミュージシャンの演奏をする場所で、街頭アピールをしていました。
そこは、もちろん駅ではありません。

そして、その街頭アピールの後、下地さんは大阪駅を通りました。
そして、大阪府警に逮捕されました。
大阪府警の主な逮捕理由としては、「下地さんが、何十人も引き連れて、駅の中でデモ行進をやって、周囲に大変な迷惑をかけ、騒音などの妨害により、下地さんを逮捕」したそうです。
つまり、事実とは違う行為で、大阪府警に逮捕されました。

「駅の中には、監視カメラが幾つもあるから、カメラのビデオで確認可能だ」と、下地さんは大阪府警に主張しました。
しかし、警察はとりあってくれなかったそうです。
つまり、下地さんが言うには、警察は嘘をついているそうです。
そして、警察は自分が何をやったかも隠しているそうです。

下地さんが言うには、警察は国にとって面倒くさい事をしている人間を逮捕しているそうです。
許可が要らないのに、「許可が要る」と、警察は言うそうです。
下地さんが言うには、「警察はこいつは邪魔だな」と思うと、その人間を逮捕しているそうです。

下地さんは原発事故の調査などをしていたそうです。
下地さんが言うには、「要するに、国に反対する人間を逮捕している」そうです。
-----------------
後は、山本太郎議員と福島みずほ議員の街頭演説です。

ちなみに余談ですが、福島みずほ議員が言うには、「『もんじゅ』は、25年間、ほとんど動いていない。しかし、1日に、5600万円ぐらいを使っている。しかも、1Wも発電していない」。

また、福島みずほ議員の発言ですが、「秘密とは何か? それが秘密になっている」。
=================
私は、ビデオ「反TPP、反秘密保全法@大阪駅前(下地真樹、山本太郎、福島みずほ) 」 の概要を書かせて頂きました。

ここからは、私の文章です。

下地さんの発言にスポットを当てています。
下地さんは、ミュージシャンの演奏する場所で、街頭アピールをしたと言っています。
しかし、大阪府警は、「駅の中で、何十人も引き連れて、デモ行進をして、周囲に大変な迷惑をかけた」という理由で、下地さんを逮捕したそうです。
下地さんの言っている事と、警察の言っている事に違いがあることが、このブログの読者の方にわかるでしょう。

次に、下地さんは「大阪駅の中には、監視カメラが幾つもあるので、それに動画ビデオが録画されているから、確認可能だ」と主張していますが、大阪府警は、とりあってくれなかった、と言っています。

それに、下地さんの発言で、「許可が要らないのに、『許可が要る』と、警察が言う」というものがあります。
この「許可」とは、この場合、「集会の自由」の事でしょう。
日本国憲法第21条を以下に書きます。

 「① 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由はこれを保障する。
 「② 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

日本国憲法第21条の①で、集会の自由は保障されていますから、許可は要らないと、このブログの読者の方は考えるでしょう。

ちなみに、秘密保護法が可決されたら、その法律は、この日本国憲法第21条の①を破る事になるでしょう。

また、ちなみに、コンピューター監視法の事に書いておきます(コンピューター監視法とは正確には、「情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」)。
日本の全ての人の電子メールは、プロバイダさんのサーバー(プロバイダさんのメイン・コンピューターの事)に、60日間、保存されて、警察などに閲覧されてます。
「犯罪を防ぐため」と言って、電子メールでの文面を、検閲しています。

ですから、コンピューター監視法は、日本国憲法第21条の②を破っているでしょう。

大阪府警と警察の方やこのブログの読者の方が、このビデオとこの記事を見たら、どのように考えるでしょうか。

(以下、新『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、関連情報)
----------------------
『五百十三:News_No.371』
●【公然の秘密】自民党がCIAにコントロールされてきたことは米国務省の外交資料に明記されている
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/news_no371-b0bc.html
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1987.html
http://mizu888.at.webry.info/201311/article_19.html
(上記記事より)
---------------
米CIAが自民党に秘密資金を提供していたことを認めた
安倍晋三と自民党はCFR→CSISの書いた計画に沿って日本の売国政策を進めている
自民党がCIAにコントロールされてきたことは、すでに日本中の多くの人たちが知っている「公然の秘密」ですが、それが米国務省の外交資料に明記されたことは、自民党の正体を明白にする上で重要なことです。
自民党という政党は、政党とはいうものの、ワシントンのグローバル・エリートたちによって遠隔操作されている完全なロボット政党です。
---------------

1297513491312161229801_2

『五百十二:News_No.370』
●化学物質や電気ショック法で人間の行動を操作し制御する「CIAの洗脳実験」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/news_no370-3496.html
http://mizu888.at.webry.info/201311/article_18.html
CIAの洗脳実験
http://www.youtube.com/watch?v=5B326c_agAM

Cia_photo_2

『四百七十六:秘密保護法案について_No.2』
(『しんぶん赤旗』より)
●(写真)核持ち込み密約「討論記録」(左)と朝鮮半島への自由出撃密約文書
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no2-fe7a.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-10-27/2013102701_01_1.html

2013102701_01_11

『十三:News_No.225』
●元自衛官が「内部文書」元に証言、「私は自衛隊で毒ガスサリンの製造に関わっていた」(1/5)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/news_no225-c6fc.html
http://mizu888.at.webry.info/201306/article_10.html
http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/224.html
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130531-00010002-kinyobi-soci
(写真は、「ほんとうがいちばん」様より引用)
---------------------------------
週刊金曜日 5月31日(金)19時19分配信

Photo


世界を揺るがした地下鉄サリン事件より数十年も前から、陸上自衛隊がサリンの製造をしていたことが複数の資料と証言で明らかになった。
サリンだけではない。
VX、タブンといった猛毒の殺人ガスも……。
非核三原則と同様、日本政府は毒ガスについても「持たず、作らず、持ち込ませず」などと表明していたが、自衛隊によるサリン製造が事実なら、毒ガスをめぐる戦後の歴史が塗り替えられる可能性がある。
陸自・化学学校に所属していたという元自衛官の証言から連載を始める。(本誌編集部/片岡伸行、5月17日号)
※連載「自衛隊とサリン」の第1回を特別に配信します※
---------------------------------
(引用終わり)

『六百:秘密保護法案について_No.28』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no28-2ee0.html
●刑事訴訟手続の在り方
http://www.meti.go.jp/committee/materials2/downloadfiles/g81028a03j.pdf
●秘密保護法案 自治体職員も懲役5年 赤嶺氏 自衛隊施設事例で追及
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-11-22/2013112202_02_1.html

『五百九十九:秘密保護法案について_No.27』
●【速報】森まさこvs福島みずほ「とんでもない」 秘密保護法11/18
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no27-705f.html
http://www.youtube.com/watch?v=s0DWAMWdnKE

【速報】森まさこvs福島みずほ「とんでもない」 秘密保護法11/18
YouTube: 【速報】森まさこvs福島みずほ「とんでもない」 秘密保護法11/18

『五百九十六:秘密保護法案について_No.26』
●秘密保護法案反対 メディア関係者ら総決起集会
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no26-9204.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-11-21/2013112101_03_1.html

『五百九十四:秘密保護法案について_No.25』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no25-d865.html
●2013年11月21日付けの朝日新聞(朝刊)の『天声人語』
(上記記事より)
-------------------
きのう、特定秘密保護法案を取り扱う衆院の委員会で速記が一時止まった。与党議員がいないじゃないかと、野党が怒ったからだ。
-------------------
(引用終わり)

『五百九十一:秘密保護法案について_No.24』
●軍機密、戦後も闇の中 輸送船撃沈 北海道・厚岸海岸
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no24-631d.html
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013111890070431.html

『五百八十八:秘密保護法案について_No.23』
●国民の知る権利を奪う「秘密保護法案」に断固反対する
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no23-959c.html
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2013/10/post-547.html

『五百八十三:秘密保護法案について_No.22』
●野中元官房長官 古賀元自民幹事長 秘密保護法案を批判
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no22-d404.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-11-18/2013111801_04_1.html

(※筆者注:残りの過去記事、関連記事、及び、参考文献は、『五百八十五:「秘密保護法案について」の過去記事、関連記事、参考文献の「目次」』をご覧ください。)

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム