« 五百三十四: 私の見かけたニュースについて_No.13 | メイン | 五百三十六: News_No.377 »

2013年11月10日 (日)

五百三十五: 私の見かけたビデオについて_No.50

私は、以下のビデオを見かける機会がありました。
ビデオの概要を書かせて頂きたいと思います。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

================================
チキンナゲットは何からできているの?
http://www.youtube.com/watch?v=NdxVX6q-vlo

チキンナゲットは何からできているの?
YouTube: チキンナゲットは何からできているの?

アップロード日: 2012/01/25

(邦訳:Jessica0701様)

●女性キャスター:
インターネットの間を回り巡っている写真があるんですよ。
私が最初に見た時には、アイスクリームのソフトサーバーだと思ったわけ。
何故みんなそんな事で大ごとにしているの?って思ったんですよ。
それは見出しになってどこにでもあるの。
だから最終的には話を読んでみてこれが何なのか把握しようと思ったの。
それで何でそんなに大した事なのかを把握しようと思ったの。
これがそうよ。
写真を見てみて。
それから・・・OK

■男性キャスター:
おや、まぁ!何だこれ?
ちょっと待てよ・・・
アイスクリームだといいんだけど・・・
そうだとすると巨大だけどね。
そうだといいだろ?
二番目に思ったのは、ボア(※注:南米アメリカ大陸に多い無毒大型のヘビ)じゃないかと思ったんだよ。
ある種の巨大なヘビじゃないかってね。
巨大なピンクのボアね。
うーん、ピンクだね。
わかるだろ?
誰かが面白がってるんだよ。
たぶん綿菓子かもしれないし、それで結局何だったの?

●女性キャスター:
実際に機械的に分離された鶏肉なのよ。

■男性キャスター:
聞くだけで美味しそうだね・・・

●女性キャスター:
ここに出ているこの物質は鶏肉ペーストとして知られているんだけど、大量生産されるチキンナゲットに使われているのよ。
だからなんだって言うんだって思うかもしれないでしょ?
最終的には細かく粉砕されたチキンになるんだから。
大した事じゃないでしょ。
1960年代に判明したんだけど、肉の生産者が利益を上げる方法を探していて、彼等は残った肉を使う方法を探したいと思っていたのね。
腱や、骨に付着した肉だとか、目玉だとか、筋肉組織だとかの今までは捨てていたこういう全ての鶏の部分ね。
わかった?
それでこの機械が何をするかというと、ここに全部の部分を入れて、全部まとめてすりつぶすの。
そしてこのペーストを、チキンナゲットに入れて使っていて、これは豚肉でも出来るし、だから多くの場合、ペパロニで使ったり、ホットドッグで使ったり、、、

■男性キャスター:
サラミ・ペパロニ・・・
ご存じの様に私はサラミが大好きなんですが、これを読んでみて私は、、、惨事ですね。
さて、私達はいつだってホットドッグの中身は惨事だってわかっていますが、ですが実際に目にするのは、さらに悪くなりますね。
それだけじゃなくて、ピンク色なのを見ると、その工程でそうなる筈で、実際その写真を見てみると、それが実際何かを把握するんだけれど、少なくとも何に見えるかを、ピンクの象が捨てられているみたいだ。
わかるかい?
だから、それにしても、そのゴミがピンクになったとしても、それでもなお、わかるかい?
それでどうするって?
アンモニアを入れるって?

●女性キャスター:
OK。腱や、目玉だとか、筋肉組織を彼等が使っているのを知ったとしても多分気持ち悪くさせないかもしれないけれど、でも彼等がこれを美味しい味にする為にやっている事が気分を悪くさせるものなのよ。
OK。まず最初にバクテリアがうようよしているので、アンモニアと一緒に洗います。
そしてアンモニアの味が本当に酷いので、彼等はそこへ人工フレバーを入れて、そして変なピンク色になるので、彼等は人口着色料を使っているの。

■男性キャスター:
そうなんだ・・・
ところで、どうしてピンクなんだい?
肉になるのに奇妙な色じゃないかい?
たぶん沢山の血がそこに入っているからじゃないのかな?
OK。ただそう思っただけ。知らないよ。
それは話の中に入っていないからね。
でも彼等が僕を失ったのはここだよ。アンモニア。
いいかい?
さて、問題は僕等は食品の中に何が入っているのかがわからないという事なんだよ。
僕のサラミに入っているかもわからないし、入っているかも入っていないかもしれない。
マクドナルドはそれは私達のチキンナゲットではないって言うけど、他の種類のえげつない肉は使ってるけどそれじゃないよってね。

●女性キャスター:
ええと、これに良い事があるわよ。
米国食品医薬品局が機械的に分離された肉を使った全ての商品は原材料の所に表示するように今では要求してるの。
だからこういうものを食べたくなければ、商品の原材料のリストを見て機械的に分解された鶏肉やら豚肉が入っていないか確かめてね。

■男性キャスター:
そして公平になるように言うけど、マクドナルドは本当に機械的に分解された肉は使ってないって言ってるよ。

●女性キャスター:
でも今では全部白いチキンを使っているって。

■男性キャスター:
OK。わかったよ。
だって僕等はわからないだろ。
何も言わないけどね。
マクドナルドのチキンナゲットって美味しいでしょ。
だから本当に彼等が入れてなかったらいいんだけど。
それが僕の言ってる事だよ。
僕にとってはサラミが美味しいんだけど、明らかにそれらがピンク象のゴミになって疑わしくなってるし、わかるでしょう?
でも疑いたくないし、ただ食べたいんだよ。
だって美味しいからね。
でも彼等に言っておくよ。
中に入れた人工的なゴミで物凄い事をしてくれたもんだねってね。
でもどれだけ多くの人工的なゴミを彼等はそこにいれているんだろう。
あのガムにするためにね。
それで何かサラミのような味にするためにね。
僕の言っている意味わかるかい?

●女性キャスター:
ぞっとするわ。
================================
私は、ビデオ『チキンナゲットは何からできているの?』の概要を書かせて頂きました。

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『四百十六:News_No.338』
●米国人がハンバーガーを14年間保存 カビも生えなかった! (ビデオ)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/news_no338-c8b9.html
http://japanese.ruvr.ru/2013_04_24/111676980/
(上記記事より)
---------------
その後、紙に包まれたハンバーガーは、レシートと一緒に紙袋に入ったままウィップルさんのコートに入れられたが、コートは物置に置き忘れられた。
ハンバーガーは数年後に発見されたが、状態は変わっていなかったとい(、、、以下、省略)
---------------

『五百八:News_No.368』
●アメリカのマクドナルドがピンクスライム肉を使用していた理由
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/news_no368-030b.html
http://gigazine.net/news/20131105-reason-why-mc-used-pink-slime/
Hamburger Chef Jamie Oliver Proves McDonald’s Burgers “Unfit for human consumption” | Political Blind Spot
http://politicalblindspot.com/hamburger-chef-jamie-oliver-proves-mcdonalds-burgers-unfit-for-human-consumption/
Chef Jamie Oliver demonstrates the ammonia-treated beef process called "Pink Slime" - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=twOj0XNCyaY
(上記記事より)
---------------
マクドナルドが使用しているピンクスライム肉の危険性について、2011年に自身の番組内で紹介したイギリス人シェフのジェイミー・オリ(、、、以下、省略)
---------------

Chef Jamie Oliver demonstrates the ammonia-treated beef process called
YouTube: Chef Jamie Oliver demonstrates the ammonia-treated beef process called "Pink Slime"

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム