« 四百三十五: 電磁波について_No.3 | メイン | 四百三十七: News_No.343 »

2013年10月21日 (月)

四百三十六: 私の見かけたビデオについて_No.42

私は、以下のビデオを見かける機会がありました。
『真の影の権力者 イエズス会中枢部とバチカン内部』というものです。
私は、このビデオの概要を書きたいと思います。

私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きます。
===============================
真の影の権力者 イエズス会中枢部とバチカン内部
http://www.youtube.com/watch?v=jePMp9MFLKI

真の影の権力者 イエズス会中枢部とバチカン内部
YouTube: 真の影の権力者 イエズス会中枢部とバチカン内部

アップロード日: 2011/07/10

メーソンの全ての命令をたどっていくと、トップの先端、世界のメーソンの頭にたどりつくでしょう。
亡くなった方々、キリスト社会のトップがその同じ人物だと発見することでしょう。
(ジェイムズ・パートン 米国歴史家)

1517年頃にはプロテスタントの再構築がありました。
1534年にはイグナティウスロヨラがバチカンの命令により再び主権者のリーダーとして法王が支配するために"イエズス会"を設立しました。
イグナティウスロヨラはイエズス会の創設メンバーであり、魔法使いであり、光明派(Alumbrados)のメンバーでした。
トリエント公会議(1534-1563)では誰でもカトリック教会の教えにそぐわない者達は(死に値する)破門にすると決めた。
イエズス会は浸潤する布教を始め、それに伴い、教会も勢力を増していった。
王達の告白によると~彼等は王達の告白を貴族政治への脅迫として使うよう努めていたのです。
こうして彼等は次第にリーダーの権力を奪っていったのです。

法王クレメンス14世は1773年にイエズス会を廃止する判決にサインし、全ての国の彼等の資産を奪ったり壊したりしました。
オーソドックスなキリスト教がバチカンの管轄を反対していたロシア以外の全ての国が採択しました。

1743年に金細工職人のアムシェル・モーゼ・バウワーはドイツのフランクフルトで古銭やメダルの事業を始めました。
彼は赤い盾の会社として有名になり、ドイツ語では赤い盾はロスチャイルドを意味します。
このサインは赤い盾の上にビザンティン帝国(ローマ帝国)のエンブレムの二つの鷹が載っています。
スコットランドのフリーメーソンの儀式でもまたこの二つの鷹が使われています。
この二つの頭の鷹には偉大な歴史があるのです。
~その説明をする時間はありませんが。

アムシェルバウワーはションシュレクニッチと結婚し、8人の息子をもうけた。
4人目のマイアーアムッシェルバウアー(1744年生まれ)マイアーは両親の金銭の取り扱いの手伝いを10歳から手伝いました。
マイヤーの人生のどこかで彼はバウアーからロスチャイルド(赤い盾)に名前を変えました。
オッペンハイム商会との経験を通して、マイアーは政府や王にお金を貸す方がずっと利益があることを学びました。
マイヤーには息子が5人いました。:アムシェル、サロモン、ネイサン、カールとヤコブ。
彼等が大人になると、彼は息子達を彼等の銀行ビジネスの支店を開く為にヨーロッパの主要都市へ送り出しました。
アムシェルはフランクフルトに残り、サロモンはウィーンへ、ネイサンはロンドン、カールはナポリへ、ヤコブはパリへ送られました。

なぜならイエズス会は1773年に法王クレメント14世に固く禁じられ、イエズス会のアダムヴァイスハオプトが1776年にイルミナティを設立しました。
イエズス会の隠れ蓑の表向き組織とするために。

そしてイルミナティのトップはロスチャイルドになるのです。
そしてヤコブ・ロスチャイルドが現在のロスチャイルド家のトップになっています。

イエズス会はイルミナティや他の組織を彼等のオペレーションを実行するのに使っています。
これによって、イエズス会によって引き起こされる問題で非難を受けるのが表組織となっているのです。
(ビル・ヒューゴー)

1815年6月18日、ロスチャイルドのエージェントがウェリントン公によりナポレオンが倒されたというニュースを手に入れる事ができ、ネイサンロスチャイルドはロンドンへニュースが届くより24時間早く知っていました。
ネイサンはロンドンの株式市場にナポレオンが勝利したとの噂を流し、株は98%まで暴落し、その時ロスチャイルドは全ての英国経済を買い上げる事が出来ました。
ナポレオンが倒されたニュースが届いた時には株は幻滅し、ロスチャイルドが英国を支配したのです。
ロスチャイルドが南北戦争の両側に大きく経済的に関与していることを歴史が明かしている。
(ジョン・コールマン博士 ロスチャイルド王朝)

この戦争はイエズス会の邪悪な影響なしには決して起こる事はなかった。
(エイブラハム・リンカーン 南北戦争において)

私はイエズス会の再登場を嫌う。
この地上や地獄で苦しみを受けるのが当然の人間がいるとしたのならば、それはロヨラ(イエズス会)の社会である。
それのも関わらず、我々の宗教的な寛容のシステムにより彼等に亡命を申し出さざるを得ない。
(ジョン・アダムス 第2代米国大統領)

私はイエズス会が決して忘れることもなく、見切りをつける事も無い事を知っている。
しかし、人はどのようにして何処で死ぬか心配すべきではなく、名誉と義務の過去においてその死が用意されるものである。
(アブラハム・リンカーン (ローマ教会の50年)チャールズ・チンギー)

これは私の意見だが、もしもこの自由の国(米国)が破壊されるとしたら、ローマカトリックのイエズス会の神父達の機敏さによるものであろう。
市民や宗教的自由に対して彼等は最も狡猾で危険な敵である。
ヨーロッパのほとんどの戦争は彼等によって先導されていたのである。
(マルクス デ ラフェイエット)

一般の人々はバチカンとイエズス会によって実行された二つの世界大戦の始まりの圧倒的な責任性について実際気付いていません。
~その状況はある一部について説明可能です。
それは巨大な資金はバチカンとイエズス会へと配置されたということです。
(エドモンド・パリス イエズス会の秘密の歴史)

1955年から1931年までの間にイエズス会の命令は少なくとも83カ国に広がり、イエズス会の神父達の評判によると、都市、州や町で政治的な陰謀や転覆の策略が国の福祉に対して従事されていたのです。
(トーマスJキャンプベルー J.E.C シェパード)

悲しいかな、私は彼等(イエズス会)が私を毒を盛るだろうと知っていた。
しかし私がこんなにゆっくりと残酷なやり方で死ぬだろうとは予想もしていなかった。
(1744年)法王クレメント14世(1773年に永遠にイエズス会を禁止した人物)

1929年2月9日、ファシストであったムッソリーニがイタリア政府とバチカンの間で政教条約(ラテラノ条約)を結んだ。
カトリック教会の政治的権力と外交的地位を再構築するものであった。
ムッソリーニはバチカンが独立国であると明言したのである。
バチカンはヒトラーと政教条約を結んだ。
1933年に彼が権力を持った年である。

私はイエズス会の命令からほとんど全てを学んだ。
この組織の良い部分は私の政党に取り入れた。
私はイエズス会からさらに多くを学んだ。
これからは、この地球上で階層的であるカトリック教会ほど壮大なものはないであろう。
ヒムラーの中に我々のロヨラのイグナチオを見る。
(アドルフ・ヒトラー)

これにはびっくりしました。
私は従う人々に驚きました。
歴史はそれを支持しません。
歴史がバチカンを助けているんだよ。
全ての背後にいるんだ。
それは歴史の支持にすぎないんだ。
それはイエズス会の命令の筈で、イエズス会の教えが蛇になって政府に問題を起こしている。
83カ国に広がったって?
拡がった時に国に対してフランスがしたように戦争を止めたって?
1776年頃、私達が独立した元の王朝はどこでしたか?
誰が王でしたか?
その王は誰と一緒にいたのですか?
それは全部教皇権だったんじゃないのか。
今でも彼等はここにも全ての場所にいる。
びっくりだ。
僕が違った事を全部見せると皆無視しろよって言うんだ。。。。
本当なんだよ。
なんでこれが本当だってわかるかい?
これらの問題を見てみろよ。
全ての嘘の情報。
何で彼等はこんなことをするんだ?
そうするとカトリック教会がトラブルなんだって気付くんだ。
彼等がトラブルなんだよ。
わかったかい?
だから彼等は君を怖がらせる。
アメリカを僕らを怖がらせる。
彼等は光を恐れ、真実を恐れてる。
歴史から真実を引き出そう。
本当の事を言ってるんだ。
アメリカ建国の父はイエズス会と教皇権を警告してる。

質問3:
なぜイルミナティはバチカンの為に働いているんだ?
計画の為だけではなく、イルミナティが悪者でバチカンが良い者だとしている映画を支援しているんだ?
この答えはシンプルです。
この映画「天使と悪魔」はバチカンのプロパガンダなのです。
バチカンを助け、イルミナティを落とす目的のためです。
この映画「天使と悪魔」を通してね。
バチカンはプロパガンダを押している。
私達の意識に何があろうとイルミナティとバチカンは一切の関係がないということを植え付けようとするのが目的だ。

皆聞いてくれよ!
騙されるんじゃない!
イルミナティは1776年に設立され、卓越された上位の秩序として設立されたんだよ。

バチカンの外部評議会として設立されたんだ。
イエズス会の秩序のために利用する道具としてね。
それ以前の他国の君主が2度と戻って来れないようにした。

なぜならイエズス会はほとんどのヨーロッパの国々から追い出されたからだ。
1773年までに全ての君主国によってね。

一般の意見に反してアダム・ワイズは決してイエズス会から亡命していません。
アダム・ワイズが亡命??
イエズス会がカーネルで彼に教授をさせ続けておくのを許可しないだろう。
その大学はイエズス会の機関なんだぜ?
---------------------
イエズス会は上位の司令官の支配下にあります。。。
黒い法王。
アドルフォ・ニコラス。
カトリック教会のスペイン司祭、神学者。
第30代イエズス会総長。
===============================
私はビデオ「真の影の権力者 イエズス会中枢部とバチカン内部」の概要を書かせて頂きました。

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『四百三十:私の見かけたビデオについて_No.40』
●バチカンとフリ-メ-ソンリ- フェレ-司祭の証言
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no40-be76.html
http://www.youtube.com/watch?v=byCLsdh3J-s

バチカンとフリ-メ-ソンリ- フェレ-司祭の証言
YouTube: バチカンとフリ-メ-ソンリ- フェレ-司祭の証言

『二千九百七十六: News_No.154』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/news_no154-f8c6.html
●英カトリック教会最高位、辞職 「不適切な行為」で告発
http://www.asahi.com/international/update/0225/TKY201302250443.html
●英女王、ローマ法王、カナダ首相、バチカンetc.が25年の懲役刑を受けます。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51871499.html
http://www.syncrenicity.com/2013/02/25/pope-queen-and-canadian-prime-minister-found-guilty-of-crimes-against-humanity-and-sentenced
(上記記事より抜粋して引用)
------------------------
2月25日付け:
集団虐殺を行ったバチカンとカナダの関係団体に対する初めての普通法裁判事例で最終判決が下されました。
ローマ法王、英女王、英国教会、カトリック教会、カナダ統一教会及びカナダ首相らは、カナダにおける人道に対する犯罪で有罪の判決が下され、被告人全員に25年の懲役刑が言い渡されました。
------------------------

『三千一: お知らせ_No.114』
●3月6日にブリュッセルの裁判所がエリザベス女王や元法王、他に逮捕状を出しました。
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/_no114-2de3.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51872803.html
http://the-tap.blogspot.jp/
http://thisincrediblenewworld.wordpress.com/tag/itccs/
(上記記事より抜粋して引用)
------------------------
3月6日付け:
ブリュッセル発:
先週、人道に対する犯罪を犯したとして有罪判決を言い渡されたバチカンや他の教会関係者及びカナダ政府関係者は、出頭という裁判所の命令を無視したため、彼等は現行犯逮捕に直面することになります。
------------------------

『三千十二: お知らせ_No.119』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/_no119-7989.html
●アメリカの本当の所有者は、現在もローマカトリック教会=バビロン教会に操れられたクラウンテンプル
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_57.html
世界の真実の姿を求めて!さんより
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-702.html
●世界の支配構造の本当の秘密
(上記記事より抜粋して引用)
------------------------
実際は秘密裏にローマカトリック教会を引きずり回し、悪魔的に支配しているのは、イエズス会。
ロスチャイルド家は代々イエズス会士。
(ビルヒューズによれば)イエズス会が育て操った歴史上のメンバー。
スターリン、ムソリーニ、ヒトラー、ヒムラー、ゲッペルス、アイヒマン、ビルクリントン、カストロ、シモンペレス、ロバートムカベ。

そのザ・シティに指令を出しているのがローマカトリック教会(バビロン教会)ということなのです。
バチカンの金庫番がイエズス会士のロスチャイルドです。
そしてバチカン市国も主権国家で、イタリア議会に従うことのない存在です。
この構造はワシントンDCに引き継がれています。

ローマ教皇庁内部の秘密グループで20年以上働いてきた人物の証言です。
この17カ国語を話す天才的人物は、イエズス会の元司祭のマラキ・マーティンと言います。
1997年に亡くなる直前、著作で明かしています。
ローマ教皇庁にオカルト的陰謀が存在し、悪魔崇拝の儀式がルシファーに捧げられる秘密礼拝所で行われていると。
イエズス会修道士の入会者は入会式で、イエズス会とローマ教皇の共通の敵との戦いに従事するという、テロリストのごとき冷酷無比な血の宣誓をさせられます。
私は機会ある限り、ひそかにあるいは公然と、指示された通りに、すての異教徒やプロテスタント、自由主義者をこの地上から根絶させ撲滅するまで、徹底的に戦い続けることを誓い、宣言する。
相手がどのような年齢、性別、健康状態でも決して容赦しない。
忌まわしき異教徒をつるし上げ、麻痺させ、皮を剥ぎ、首を絞め、生きたまま地中に埋める。
女の腹と子宮を裂き、子供の頭を壁に打ち付けて粉砕し、呪うべき者たちを永久に根絶させる。
公然と行なえないときは陰に隠れ、毒を盛った盃を、短剣の刃を、絞殺のためのロープを、鉛の弾丸を使う。
相手の地位、品格、権威にかかわりなく、彼らの状況がどのようなものであろうと、公私にかかわらず実行する。
------------------------

『三千二百七十: News_No.204』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/news_no204-6b8e.html
(以下、「朝日新聞デジタル」、2013/5/17記事より抜粋して引用)
-----------------------------------------
●バチカン銀行、バランスシート公開へ 新法王改革の一環
http://www.asahi.com/international/update/0517/TKY201305170308.html
バチカン放送局によると、ローマ法王庁(バチカン)の資産を管理・運用している宗教事業協会(通称バチカン銀行)のフォンフライベルク総裁は、資産状況を記したバランスシートを年末までにネッ、、、
-----------------------------------------

『八十一:私の見かけたビデオについて_No.15』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー④
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no15-39cd.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11553166803.html
http://mizu888.at.webry.info/201306/article_64.html
http://www.youtube.com/watch?v=__PDJHCxoDc

エレン・グリーン・ヒックス
-----------------------------------------
「バチカンでの小さな子供達を生贄に捧げる儀式を見てきています。」
「腹立たしい、地上で最も腹立たしい場所です。」
「最も邪悪で暗くて・・・地上で最も邪悪な場所です。」
「神はそこにいません。」
「神はその建物に入ったことはありません。」
「神は一度もその建物に入ったことがありません。」
「神は決してそこに入る事は無いでしょう。」
「神はその建物に無くなって欲しいのです。」
「生贄の儀式的な邪悪な・・・場所以外の何物でもありません。」
-----------------------------------------

『九十七:バチカンについて』
●バチカンは、世界政府を呼びかけています
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/post-804e.html
http://www.forbes.com/sites/timworstall/2011/10/25/the-vatican-calls-for-world-government/
(以下、「Forbes」紙、2011/10/25記事より抜粋して引用)
-----------------------------------------
実際、彼等は、自分達が政治的なプロセスを実行する事の出来る地位に、うまく入り込んでいます。
(そう、民主主義的にも選ばれ、そして、自己指名によっても)。
本当に、もはや、私達は、彼等に力を与えたくはありません。
実際に、私達は、特に金融と経済上で、彼等が既に持っているものの多くの力を改善したいです。
-----------------------------------------

『二百五十二:FRBについて_No.4』
●ファラカ-ン 銀行家の悪徳を告発する
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no4-87f6.html
http://www.youtube.com/watch?v=EpwW1KdKlOs

ファラカ-ン 銀行家の悪徳を告発する
YouTube: ファラカ-ン 銀行家の悪徳を告発する

ルイス・ファラカ-ン
-----------------------------------------
「ヨーロッパに、ロスチャイルドという名前の男がいて、自分がユダヤ人だと主張し、自分が金融を支配する限り、誰が王や統治者だろうがそんなことはどうでもよいと言いました。」
「ロスチャイルドには息子が5人いました。」
「ロスチャイルドは息子達をヨーロッパの様々な国に送りました。」
-----------------------------------------

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム