« 四百五十三: News_No.350 | メイン | 四百五十五: 私の見かけたビデオについて_No.44 »

2013年10月26日 (土)

四百五十四: 私の見かけた情報_No.3

私は、以下の情報を見かけました。
下にご紹介させて下さい。
私の気になりました部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2013/8/11記事より抜粋して引用)
--------------------------------
アメリカの驚くべき32の真実・・・・ほとんどの人は知らない。。。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51894924.html

これがアメリカ合衆国の実態であり、世界の実態です。
このような状態をいつまでも続けさせておいてよいのでしょうか。
悪者をいつまでも地上にはびこらせておいてよいのでしょうか。
本当に呆れかえります。

つまり、アメリカ合衆国は民間の企業体が運営しており、アメリカ合衆国を所有し、支配しているのはイギリス(ロスチャイルドと王室でしょう!!)であり、イギリスを所有、支配しているのはバチカンでありローマ法王ということです。
また、世界にはイギリスのコモンウェルスに加盟している国が多数存在します。

バチカンは、カトリック教会のお面をかぶり、地下室では堕天使の悪魔ルシファーを崇拝し、悪魔儀式(人間の生贄も含む)を行い、悪魔の助けを借りながら、世界中で悪のアジェンダを遂行させています。

そういえば。。。
イルミナティの上層部はユダヤ人のロスチャイルドを頭にフランス系、アイルランドやスコットランド系ゲール人が占めているとされていますが。。。
ユダヤのサンヘドリンもイルミナティの上に君臨しているといわれています。

さて、フランスもアイルランドもスコットランドも多くのおカトリック信者がいます。
これは何等かのつながりがあると思うのですが。。。

日本も16世紀にバチカンのイエズス会に侵略されてしまいました。
ただ、信者が増えなかったのが幸いですが。。。
それでも日本にもたくさんのカトリック系学校や大学が存在しています。
それを考えると。。。
背筋が寒くなります(騙されて入信した信者には罪はありませんが)。

世界がこのように混乱し、人々を苦しませる架空社会を創造してきたのが、このような連中です。
そしてこのような邪悪な獣(人間の姿をしているだけ)達を操っているのが低次元の悪魔達なのです。
残念ながら、このような悪のヒエラルキー組織が地上から消えてなくならない限り、私たちが安心して暮らせる日は来ないでしょう。
各国の政府も彼らに支配されています。
私たちが選挙で選んだ政治家であっても、彼らが反対する政策は実行できません。
私たちには民主主義も自由もなかったのです。

アメリカがイギリスによって支配されており、イギリスはバチカンによって支配され、バチカンは世界中を支配し、地球における悪魔の拠点としての役割をはたしています。そして日本はアメリカに支配されています。

そして国家として完全に崩壊している中国、韓国、北朝鮮もパラノイヤ状態で抗日運動盛んです。

このような哀れな政府や抗日活動家達も、悪魔に頭をやられてしまっていますから、日本人がいくら抗議しても、どうにもなりません。
このように長い間、地球は悪魔に支配されてきたため、善の神々(高次元の存在や人類の祖先達)が手を出せない状態だったのかもしれません。
そして、悪魔のマインドコントロールで眠ったままの人類は、そのまま、知らずに支配され続けてきたのです。
しかし、このように世界中の多くの人々が真実を知り、目を覚ましていますから、きっと、悪魔もやりづらくなっていることでしょう。
それが実際のアセンションというのではないかと思います。
イルミナティ・バチカン配下のニューエイジ思想のアセンションには気を付けましょう。

http://nesaranews.blogspot.jp/2013/08/here-are-truthful-facts-most-people-do.html
(概要)
8月10日付け:
1. IRS(米国税庁)は米政府系機関ではない。 IMF(国際通貨基金)配下の機関である。

2. IMFは国連の機関である。

3.1921年以来、アメリカ合衆国に財務省は存在しない。

4.米財務省はIMFである。

5.アメリカ合衆国に雇われた公務員は誰もいない。なぜなら、アメリカ合衆国は既に外国の手にわたっているからだ。再編成もない。今、200年以上も続く破たん状態が終焉する時がきた。

6.The FCC(連邦通信委員会)、 CIA、FBI、NASA及びその他の政府系機関は、決してアメリカ合衆国の機関ではない。ただ、”米政府”はこれらの機関の株を所有している。

7.社会保障番号はIMFを通して国連が発行したものである。社会保障番号の申請書はSS5用紙である。SS5用紙は社会保障庁ではなく米財務省(IMF)が発行している。新しいSS5用紙にはどこが発行しているかは明記していない。古い用紙には、財務省の発行と書いてあった。

8.1789年以来、アメリカには裁判所が存在していない。裁判官は法律を施行していない。

9.1789年以来、アメリカには裁判官が存在していない。ただ、行政官がいるだけである。

10.GATT(関税と貿易に関する一般協定)によると、我々は社会保障番号を持たなければならないと明記されている。

11.ニューヨーク市は国連による連邦規制に明記されている。つまり、ニューヨーク市は世界の首都と定義されている。

12.社会保障制度とは保険や契約ではない。また、そこには信託資金も存在しない。

13.米国民が受け取る社会保障制度の給付金は国連機関のIMFから直接給付されている。

14.米国民が所有している(と思っている)私有財産や不動産は?。。。。奴隷(米国民)は財産や不動産を所有することができない。アメリカの譲渡証書をよく読んでください。あなたが購入した不動産であるのに、譲渡証書には、あなたは借地人として記載されている。

15.最も権力があるとされる連邦最高裁判所はペンシルベニアの最高裁判所よりも権力が劣る。

16.英国王室はアメリカの革命戦争によって資金を調達した。

17.米国民は米憲法の下に守られてはいない。米国民は米憲法の部外者である。米憲法は、ワシントンDCを本社とする民営の合衆国企業体に適用されるものである。この企業体はIBMやマイクロソフトと全く同様であり、アメリカ合衆国は主権国家ではない。

18.アメリカ合衆国は革命戦争以前から英国領土であり、独立国家ではない。英軍隊は1796年以後もアメリカに駐留している。

19.米憲法について、これをご覧ください→http://www.youtube.com/watch?v=lVsMUpPgdT0

20.イギリスはバチカンが所有している。

21.ローマ法王はアメリカ合衆国のいかなる法律も無効にすることができる。

22.1040伝票(フォーム)は貢ぎ税としてイギリスに支払う際に使われている。

23.ローマ法王は、大陸の発見と征服に関する法に基づき、全世界を所有していると主張している。

24.ローマ法王は何百万人もの人々の大量虐殺と奴隷化を命令した。

25.ローマ法王が制定する法に誰もが従わなければならないとされている。

26.我々は奴隷であり所有しているものは何もない。我々の子供たちでさえ自分たちのものではない。

27.軍事独裁者のジョージ・ワシントンはアメリカ合衆国の州(地所)を地区に分割した。

28.我々は米国民とはみなされていない。

29.警察は米国民を守る義務はない。彼らの職務は企業体を守ることであり、法を犯す米国民を逮捕することである。

30.アメリカ合衆国の全てが売りに出されている(橋、道路、水、学校、病院、刑務所、空港、その他、すべてのもの)。誰がクラマス湖を購入したか、調べてみましたか?

31.大統領令13037によると、我々は人的資源なのだ。世界支配者のカバル(イルミナティ)は、我々に住宅ローンや自動車ローンを組ませたり、クレジットカードや社会保障番号などを使わせることで、我々からお金を盗み金儲けをしている。

32.国連は50年前から米連邦政府(米企業体)の活動に資金を提供してきた。(米財務省は国連の一部である。)国連は現在、全ての米国人を所有している。国連はアメリカ全土に対する単純不動産権を保持している。

ここで、良いニュースがあります。
それは。。。
我々米国民はこのような架空の法律や義務に従わなくてもよいということです。
米国民は新たな架空の法律や義務を作り、これまでの架空の法律や義務を取り消せばよいのです。
--------------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『四百四十一:私の見かけたビデオについて_No.43』
●ローマ教皇ベネディクト16世はイルミナティだった?
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no43-ca41.html
http://www.youtube.com/watch?v=FhtzkNQebGo

ローマ教皇ベネディクト16世はイルミナティだった?
YouTube: ローマ教皇ベネディクト16世はイルミナティだった?

『四百三十六:私の見かけたビデオについて_No.42』
●真の影の権力者 イエズス会中枢部とバチカン内部
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no42-84e2.html
http://ameblo.jp/hidy0701/day-20120328.html
http://www.youtube.com/watch?v=jePMp9MFLKI

真の影の権力者 イエズス会中枢部とバチカン内部
YouTube: 真の影の権力者 イエズス会中枢部とバチカン内部

『四百三十:私の見かけたビデオについて_No.40』
●バチカンとフリ-メ-ソンリ- フェレ-司祭の証言
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no40-be76.html
http://www.youtube.com/watch?v=byCLsdh3J-s

バチカンとフリ-メ-ソンリ- フェレ-司祭の証言
YouTube: バチカンとフリ-メ-ソンリ- フェレ-司祭の証言

『二千九百七十六: News_No.154』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/news_no154-f8c6.html
●英カトリック教会最高位、辞職 「不適切な行為」で告発
http://www.asahi.com/international/update/0225/TKY201302250443.html
●英女王、ローマ法王、カナダ首相、バチカンetc.が25年の懲役刑を受けます。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51871499.html
http://www.syncrenicity.com/2013/02/25/pope-queen-and-canadian-prime-minister-found-guilty-of-crimes-against-humanity-and-sentenced
(上記記事より抜粋して引用)
------------------------
2月25日付け:
集団虐殺を行ったバチカンとカナダの関係団体に対する初めての普通法裁判事例で最終判決が下されました。
ローマ法王、英女王、英国教会、カトリック教会、カナダ統一教会及びカナダ首相らは、カナダにおける人道に対する犯罪で有罪の判決が下され、被告人全員に25年の懲役刑が言い渡されました。
------------------------

『三千一: お知らせ_No.114』
●3月6日にブリュッセルの裁判所がエリザベス女王や元法王、他に逮捕状を出しました。
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/_no114-2de3.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51872803.html
http://the-tap.blogspot.jp/
http://thisincrediblenewworld.wordpress.com/tag/itccs/
(上記記事より抜粋して引用)
------------------------
3月6日付け:
ブリュッセル発:
先週、人道に対する犯罪を犯したとして有罪判決を言い渡されたバチカンや他の教会関係者及びカナダ政府関係者は、出頭という裁判所の命令を無視したため、彼等は現行犯逮捕に直面することになります。
------------------------

『三千十二: お知らせ_No.119』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/_no119-7989.html
●アメリカの本当の所有者は、現在もローマカトリック教会=バビロン教会に操れられたクラウンテンプル
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_57.html
世界の真実の姿を求めて!さんより
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-702.html
●世界の支配構造の本当の秘密
(上記記事より抜粋して引用)
------------------------
実際は秘密裏にローマカトリック教会を引きずり回し、悪魔的に支配しているのは、イエズス会。
ロスチャイルド家は代々イエズス会士。
(ビルヒューズによれば)イエズス会が育て操った歴史上のメンバー。
スターリン、ムソリーニ、ヒトラー、ヒムラー、ゲッペルス、アイヒマン、ビルクリントン、カストロ、シモンペレス、ロバートムカベ。

そのザ・シティに指令を出しているのがローマカトリック教会(バビロン教会)ということなのです。
バチカンの金庫番がイエズス会士のロスチャイルドです。
そしてバチカン市国も主権国家で、イタリア議会に従うことのない存在です。
この構造はワシントンDCに引き継がれています。

ローマ教皇庁内部の秘密グループで20年以上働いてきた人物の証言です。
この17カ国語を話す天才的人物は、イエズス会の元司祭のマラキ・マーティンと言います。
1997年に亡くなる直前、著作で明かしています。
ローマ教皇庁にオカルト的陰謀が存在し、悪魔崇拝の儀式がルシファーに捧げられる秘密礼拝所で行われていると。
イエズス会修道士の入会者は入会式で、イエズス会とローマ教皇の共通の敵との戦いに従事するという、テロリストのごとき冷酷無比な血の宣誓をさせられます。
私は機会ある限り、ひそかにあるいは公然と、指示された通りに、すての異教徒やプロテスタント、自由主義者をこの地上から根絶させ撲滅するまで、徹底的に戦い続けることを誓い、宣言する。
相手がどのような年齢、性別、健康状態でも決して容赦しない。
忌まわしき異教徒をつるし上げ、麻痺させ、皮を剥ぎ、首を絞め、生きたまま地中に埋める。
女の腹と子宮を裂き、子供の頭を壁に打ち付けて粉砕し、呪うべき者たちを永久に根絶させる。
公然と行なえないときは陰に隠れ、毒を盛った盃を、短剣の刃を、絞殺のためのロープを、鉛の弾丸を使う。
相手の地位、品格、権威にかかわりなく、彼らの状況がどのようなものであろうと、公私にかかわらず実行する。
------------------------

『三千二百七十: News_No.204』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/news_no204-6b8e.html
(以下、「朝日新聞デジタル」、2013/5/17記事より抜粋して引用)
-----------------------------------------
●バチカン銀行、バランスシート公開へ 新法王改革の一環
http://www.asahi.com/international/update/0517/TKY201305170308.html
バチカン放送局によると、ローマ法王庁(バチカン)の資産を管理・運用している宗教事業協会(通称バチカン銀行)のフォンフライベルク総裁は、資産状況を記したバランスシートを年末までにネッ、、、
-----------------------------------------

『八十一:私の見かけたビデオについて_No.15』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー④
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no15-39cd.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11553166803.html
http://mizu888.at.webry.info/201306/article_64.html
http://www.youtube.com/watch?v=__PDJHCxoDc

エレン・グリーン・ヒックス
-----------------------------------------
「バチカンでの小さな子供達を生贄に捧げる儀式を見てきています。」
「腹立たしい、地上で最も腹立たしい場所です。」
「最も邪悪で暗くて・・・地上で最も邪悪な場所です。」
「神はそこにいません。」
「神はその建物に入ったことはありません。」
「神は一度もその建物に入ったことがありません。」
「神は決してそこに入る事は無いでしょう。」
「神はその建物に無くなって欲しいのです。」
「生贄の儀式的な邪悪な・・・場所以外の何物でもありません。」
-----------------------------------------

『九十七:バチカンについて』
●バチカンは、世界政府を呼びかけています
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/post-804e.html
http://www.forbes.com/sites/timworstall/2011/10/25/the-vatican-calls-for-world-government/
(以下、「Forbes」紙、2011/10/25記事より抜粋して引用)
-----------------------------------------
実際、彼等は、自分達が政治的なプロセスを実行する事の出来る地位に、うまく入り込んでいます。
(そう、民主主義的にも選ばれ、そして、自己指名によっても)。
本当に、もはや、私達は、彼等に力を与えたくはありません。
実際に、私達は、特に金融と経済上で、彼等が既に持っているものの多くの力を改善したいです。
-----------------------------------------

『三百二十四: イルミナティについて_No.2』
●ジェイ・パーカーインタビュー②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-299b.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11577192816.html
http://solesoleil.exblog.jp/20695608/
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_47.html
http://www.youtube.com/watch?v=b-MG_sojSz4

ジェイ・パーカーインタビュー②
YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー②

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム