« 四百二十六: 私の見かけたビデオについて_No.38 | メイン | 四百二十八: News_No.341 »

2013年10月19日 (土)

四百二十七: イルミナティについて_No.15

四百二十:イルミナティについて_No.14』の続きです。

イルミナティの方々の治療に当たっている組織、「FREE YOUR MIND 2」に関係している方々のご紹介をしています。
今日は、アンドリュー・バシアーゴさんという方の紹介です。

アンドリュー・バシアーゴさんは、タイムトラベルとテレポーテーションについて語っています。

(以下、「http://freeyourmindconference.com/speakers/andrew-basiago」の翻訳・引用、及び写真の引用)
===============================
●特色ある講演者-アンドリュー・バシアーゴ
http://freeyourmindconference.com/speakers/andrew-basiago

プロジェクト・ペガサスのチーム・リーダー、アンドリュー・D. バシアーゴは、弁護士と21世紀の幻を追う作家です。

Andrewbasiago1

 

アンディは、ディスクロージャーの動きの先進的な人物です。
彼は、そのような論争の的となる真実を暴露するために、米国政府に働きかけるための運動を導いています。
その事実は火星が生命を隠しているという、ことと、米国が過去と未来のイベントへの「飛躍的接近」を成し遂げたということです。

ALTAによって予測された2つの主要な惑星警笛者で最初の者として、彼は特定されました。
ALTAとは、将来の傾向を識別するための、ワールドワイド・ウェブの内容を分析するウェブ・ボット・プロジェクトです。

アンディの著作は、現代の火星の研究の最前線に、彼を置いています。
2008年に発行された、彼の著作、『火星の生命の発見(The Discovery of Life on Mars)』は、最初の仕事は、火星が居住可能の惑星であるということを証明した業績でした。
彼の先例となる文書を公開した後に、アンディは、火星異例研究協会(Mars Anomaly Research Society)を設立しました。

アンディは、アメリカのタイム・トラベル・パイオニアの1人でもあります。
1960年代後期と1970年代初期に、彼は、秘密の米国の時間-宇宙計画の幼児参加者の一人でした。
その計画の名前は、プロジェクト・ペガサスです。

彼は、テレポーテーションと、タイム・トラベルの異なる形式を利用している過去と未来のイベントの調査のための最初のアメリカの子供でした。
それから、そのタイム・トラベルは、DARPAによって開発され、研究されています。

10年の間、アンディは、一つの疑問の上にプロジェクト・ペガサスでの彼の経験を調査しました。
それらを証明して、それらを他の人々に伝えるための。

まもなく、彼は暴露本を出版します。
その本には、プロジェクト・ペガサスでの彼の恐ろしい経験を記述されています。
そして、40年前の米国国防コミュニティでの、タイム・トラベルの出現の実話も記述されています。

アンディは、5人の子供達の内の最も年少の者として、ニュー・ジャージーのモリスタウンで1961年9月18日に生まれました。
そして、彼は北部ニュージャージーと南カリフォルニアで育ちました。

高いIQ交流会、メンサの以前のメンバーの一人である、アンディは、5つの学位を持ちます。
UCLAから歴史における文学士、そして、ケンブリッジ大学からの哲学のマスターを含みながらです。

UCLAでの大学生の間、彼は、サタデー・レヴュー(Saturday Review)のノーマン・カズンズ(Norman Cousins)の被保護者、編集者、ジャーナリストになりました。
彼は、かつてロバート・ハチンズと比較され、そして、彼をアトミック・サイエンティスツ(Atomic Scientists)のブリテン(Bulletin)の編集者であるように指名されました。

アンディは、1981年に未来派のバックミンスター・フューラーとの会談に影響を受けました。
環境政策で職業を続けることにです。
彼らの会議の後、フューラーは以下のように書きました。
「アンドリュー・バシアーゴの誠実さは、天地万物の中で人類の存続を前兆を示しています。」

彼は、ロサンゼルス新聞のために都市環境についての記事を書く職歴を開始しました。
また、国家定期刊行物とクストー協会のジャーナル・カリプソの記録もです。

アンディは、オレゴンのポートランドのクラーク大学とルイス法律北西大学で環境的な法律を学びました。
それから、カリフォルニアの都市の自然で友愛的な都市計画を設計し続けました。
そして、ケンブリッジで、マルコム・グラント教授と共に環境的な法律を学びました。

理論と実践についての彼の書類は、持続的に、国際的に、オーストラリア、英国とアメリカ合衆国の先見的な報道に発表されました。
そして、広く引用されました。
そして、彼の書類は大学図書館の環境政策の分野に置かれています。

アンディは、1996年にワシントン州のバー(Bar)協会に入るのを許可されました。

著書の開発において、作家と映画製作者を兼ね、それらを代表とする間、個人営業の弁護士として、彼は、個人的な怪我の法律を専門としています。
また、TV番組、 そして、惑星間のテーマと惑星的な映画を特徴としている映画を作りながらです。

アンディは、米国政府のタイム・トラベルの秘密を明かさせようとしている、弁護士と活動家として、改革運動の上にいます。

彼は、米国政府の工作活動を信じています。
そのテレポーテーション能力を暴露するように。
なので、テレポーテーションは、民間の輸送機の新しい形として、世界的に採用されるでしょう。
また、それは私達の時間の最も重要な環境的な原因です。

秘密の米国のタイム・トラベル・プログラムの後に、アンディは、彼の運動を、プロジェクト・ペガサスと名付けました。
彼の幼児期に、アメリカ最初の「時間飛行士」の1人として奉仕した、タイム・トラベル・プログラムにです。

彼が心に描くより良い世界社会について、アンディは以下のように述べました:


ニューヨーク市においてグランド・セントラル・テレポート(Grand Central Teleport)を通して、飛ぶことが出来た、という一つの世界を想像してください。
それは時空連続体のvortalなトンネルを通しての旅行です。
そして、ロサンゼルスにおいて、ユニオン・テレポート(Union Teleport)でで数秒後に出て来ることを想像してください。
一つの軍事機密として、以来、ずっと抑圧された、テレポーテーションがDARPAのプロジェクト・ペガサスによって最初に達成された時、1968年以降、そのような世界が可能でした。
私の探求、プロジェクト・ペガサスが成功する時、そのような世界が現れます。
そして、世界中でテレポーテーションによって結ばれる人間が、以下のように宣言するでしょう。
時間と宇宙の時代(time-space age)が始まった、と。

Website:
ProjectPegasus.net

(以下、原文)
------------------
Featured Speaker - Andrew Basiago

The team leader of Project Pegasus, Andrew D. Basiago is a lawyer, writer, and 21st century visionary.

Andy is an emerging figure in the Disclosure Movement, who is leading a campaign to lobby the United States government to disclose such controversial truths as the fact that Mars harbors life and that the United States has achieved "quantum access" to past and future events.

He has been identified as the first of two major planetary whistle blowers predicted by ALTA, the Web Bot project that analyzes the content of the World Wide Web to discern future trends.

Andy's writings place him at the forefront of contemporary Mars research. His paper The Discovery of Life on Mars, published in 2008, was the first work to prove that Mars is an inhabited planet. After publishing his landmark paper, Andy founded the Mars Anomaly Research Society.

Andy is also one of America's time travel pioneers. In the late 1960s and early 1970s, he was a child participant in the secret US time-space program, Project Pegasus.

He was the first American child to teleport and took part in probes to past and future events utilizing different forms of time travel then being researched and developed by DARPA.

For ten years, Andy has investigated his experiences in Project Pegasus on a quest to prove them and communicate them to others.

Soon, he will publish a tell-all book that will describe his awe-inspiring and terrifying experiences in Project Pegasus and the true story of the emergence of time travel in the US defense community 40 years ago.

Andy was born on September 18, 1961 in Morristown, New Jersey, the youngest of five children, and grew up in Northern New Jersey and Southern California.

A past member of Mensa, the high IQ society, Andy holds five academic degrees, including a BA in History from UCLA and a Master of Philosophy from the University of Cambridge.

While an undergraduate at UCLA, he became a journalist and protégé of editor Norman Cousins of the Saturday Review, who once compared him to Robert Hutchins and nominated him to be the Editor of the Bulletin of the Atomic Scientists.

Andy was inspired by a meeting with the futurist Buckminster Fuller in 1981 to pursue a career in environmental policy. After their meeting, Fuller wrote: "Andrew Basiago's integrity augurs well for humanity's continuance in the Universe."

He began his career writing articles about the urban environment for Los Angeles newspapers, national periodicals, and the Cousteau Society journal Calypso Log.

Andy studied environmental law at Northwestern School of Law of Lewis & Clark College in Portland, Oregon, and then went on to design nature-friendly urban plans for cities in California and study environmental law with Professor Malcolm Grant at Cambridge.

His papers about the theory and practice of urban sustainability have been published in international, peer-reviewed journals in Australia, Britain, and the United States, cited widely, and placed in the environmental policy collections of university libraries.

Andy was admitted to the Washington State Bar Association in 1996.

A lawyer in private practice, he specializes in personal injury law while representing and collaborating with writers and filmmakers in the development of books, TV shows, and feature films with planetary and interplanetary themes.

Andy is on a crusade as a lawyer and activist to have the US government disclose its time travel secrets.

He believes that lobbying the US government to disclose its teleportation capability, so that teleportation can be adopted globally as the new form of civilian transport, is the most important environmental cause of our time.

Andy has named his campaign Project Pegasus after the secret US time travel program that he served in during his childhood as one of America's first "chrononauts."

About the better world society that he envisions, Andy stated:

"Imagine a world in which one could jump through Grand Central Teleport in New York City, travel through a vortal tunnel in the time-space continuum, and emerge several seconds later at Union Teleport in Los Angeles. Such a world has been possible since 1968, when teleportation was first achieved by DARPA's Project Pegasus, only to be suppressed ever since as a military secret. When my quest, Project Pegasus, succeeds, such a world will emerge, and human beings linked by teleportation around the globe will proclaim that the time-space age has begun."

Website:
ProjectPegasus.net
===============================
(翻訳と引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
Free Your Mind 2
http://freeyourmindconference.com/

『四百二十:イルミナティについて_No.14』
●特色ある講演者 - 「光を照らされたもの」 カーティス・デイビス
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no14-f5af.html
http://freeyourmindconference.com/speakers/curtis-davis

Curtisdavis1

『四百十八: イルミナティについて_No.13』
●特色ある講演者 - マーク・パーシオ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no13-fe25.html
http://freeyourmindconference.com/speakers/mark-passio

『四百十七:イルミナティについて_No.12』
●特色ある講演者 - ソニア・バーレット
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no12-2050.html
http://freeyourmindconference.com/speakers/sonia-barrett

『四百九:イルミナティについて_No.11』
●特色ある講演者 - アルフレッド・ウェブレ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no11-a9a1.html
http://freeyourmindconference.com/speakers/alfred-webre

『四百一: イルミナティについて_No.10』
●特色ある講演者 - イブ・ロージェン , MA
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no10-7156.html
http://freeyourmindconference.com/speakers/eve-lorgen

『三百九十四:イルミナティについて_No.9』
●特色ある講演者 - アラン・ステインフィールド
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no9-3fda.html
http://freeyourmindconference.com/speakers/eve-lorgen

『三百八十七: イルミナティについて_No.8』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no8-858b.html
●特色ある講演者 - ローラ・アイゼンハワー
http://freeyourmindconference.com/speakers/laura-eisenhower
●特色ある講演者 - ジム・フェッツァー
http://freeyourmindconference.com/speakers/jim-fetzer

『三百七十九: イルミナティについて_No.7』
●http://freeyourmindconference.com/の「HOME」での説明
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no7-9f80.html

『三百七十四: イルミナティについて_No.6』
●ジェイ・パーカーインタビュー⑥
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no6-92d4.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11580941768.html
http://solesoleil.exblog.jp/20695608/
http://www.youtube.com/watch?v=N6hVD-9ybhA

『三百七十二: イルミナティについて_No.5』
●ジェイ・パーカーインタビュー⑤
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no5-8806.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11579814939.html
http://solesoleil.exblog.jp/20695608/
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_20.html
http://www.youtube.com/watch?v=mFOCLxd4L8Q

『三百三十七: イルミナティについて_No.4』
●ジェイ・パーカーインタビュー④
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no4-9e49.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11579081496.html
http://solesoleil.exblog.jp/20695608/
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_14.html
http://www.youtube.com/watch?v=9Gl-yNEoGyI

『三百二十八: イルミナティについて_No.3』
●ジェイ・パーカーインタビュー③
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no3-d233.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11577925625.html
http://solesoleil.exblog.jp/20695608/
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_59.html
http://www.youtube.com/watch?v=9RJHhwVbeiw

『三百二十四: イルミナティについて_No.2』
●ジェイ・パーカーインタビュー②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-299b.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11577192816.html
http://solesoleil.exblog.jp/20695608/
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_47.html
http://www.youtube.com/watch?v=b-MG_sojSz4

『三百十九: イルミナティについて 』
●ジェイ・パーカーインタビュー①
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no35-53fe.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11576583686.html
http://solesoleil.exblog.jp/20695608/
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_43.html
http://www.youtube.com/watch?v=W02bxSqtc-I

ジェイ・パーカーインタビュー①
YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー①

『百八:私の見かけたビデオについて_No.17』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー⑤
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no17-5ed1.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11556431048.html
http://mizu888.at.webry.info/201306/article_79.html
http://www.youtube.com/watch?v=UNIP455gNGc

エレン・グリーン・ヒックスインタビュー⑤
YouTube: エレン・グリーン・ヒックスインタビュー⑤

『二百八十九:フリーメーソンとイルミナティ レジャンバルド神父』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-4df6.html
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_81.html
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=50235
●フリ-メ-ソンとイルミナティ レジャンバルド神父 Part5
http://www.youtube.com/watch?v=c_EE5bZmGBI

『三百七十七: オルゴナイトについて』
●ジェイ・パーカー~オルゴナイトについて
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/post-aca4.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11603305979.html
http://www.youtube.com/watch?v=oCGzJixUuwM

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム