« 三百三十一: お知らせ_No.154 | メイン | 三百三十三: 祈り »

2013年9月11日 (水)

三百三十二: イルミナティの人々の精神治療について

最近の、イルミナティ・シリーズの一環です。

「ジェイ・パーカーインタビュー③」のビデオでも、公開されていましたが、1万1千年以上も、イルミナティの家系では、幼児虐待が行われていた事がわかります。
「ジェイ・パーカーインタビュー」のビデオでも述べられていましたが、「幼児の年齢で、それだけ、恐怖と破壊と混乱と支配のイメージを、意図的に記憶されていたら、当然、成長した大人になっても、恐怖と破壊と混乱と支配のイメージを周囲の世界に広げてしまうであろう」と、多くの人々は考えるでしょう。
これは、私達でも、時々、報道で見かける幼児虐待の記憶を持つ人が、様々な罪を行って、世間を騒がしているのと同じでしょう。

しかも、1万1千年以上も、イルミナティの家系で、それが行われていたわけです。
現在、生きているイルミナティの人々には充分な精神治療が必要だと、誰でも考えるでしょう。

私は、以下の記事を書きました。

『三百二十八:イルミナティについて_No.3』
●ジェイ・パーカーインタビュー③
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no3-d233.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11577925625.html http://solesoleil.exblog.jp/20695608/ http://www.youtube.com/watch?v=9RJHhwVbeiw

この段落でも、「イルミナティは、精神科医にかかった方が良いだろう」と、私の意見を書きました。
しかし、精神科医に行って、治療を受けるのも良いかも知れませんが、この場合は、「良い意味での洗脳」があった方が良いかも知れません。
現在、地上にいるイルミナティの人々は、0歳から6歳までの間に、「悪い意味での洗脳」を施されたことがわかります。
ですから、イルミナティの人々が望むならば、同意の上で、「良い洗脳を精神治療として施した方が良いかもしれない」と、人々は考えるかもしれません。

また、上記の記事には、「ですがまた、ナチスが強制収容所で開発してきた現代的技術もあるのです」とあります。
これは、CIAが極秘開発した洗脳装置「MKウルトラ」を意味していることがわかります。
「MKウルトラ」については、以下の記事で紹介しています。

『二百三十六:MKウルトラについて』
●ジェシー・ベンチュラの陰謀論 -MKウルトラ ①
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/mk-c1a8.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11273732688.html http://mizu888.at.webry.info/201307/article_36.html http://www.youtube.com/watch?v=4ffXSt-8v_4

ビデオ中では、「MKウルトラは、米国内で、人々を洗脳して、暗殺者達を製造している」と報告されていました。
「イルミナティがMKウルトラで洗脳されている」ということもわかります。
幾つかのビデオがありますので、見たい人は、ご自分で見られてください。

このMKウルトラを逆用するわけです。
MKウルトラで、0歳から6歳までの記憶に、平和で安らかな過誤記憶(かごきおく:False Memory)を与えるわけです。
そして、心の奥底の潜在意識に注ぎ込まれた恐怖と破壊と混乱の記憶を、消すわけです。
「0歳から6歳までと言わず、本人の望む年齢まで」と考えても良いでしょうが、これは、個々の人によると思います。

平和で安らかなイメージを与えられたら、本人の性格も大きく変わるでしょう。
ただし、過誤記憶を与えられたり、記憶が消去されたりするので、本人の同意が必要でしょう。
精神科で長く治療するよりも、そちらの方が、圧倒的に早いし、かなり多くの人数の精神治療には、治療目的でのMKウルトラの使用が効果的だと思います。

MKウルトラで、違う記憶が入れられたり、記憶が消去されても、後の時代になって、このジェイ・パーカーインタビューのビデオを見て、「このような理由で、私は記憶を消したのだ」と、遠巻きながら、うっすらと思いだす程度でも、本人にとっては良いかもしれません。
不快で、嫌で、恐ろしい記憶というのは、時として、人は忘れた方が良いこともあるからです。

そして、現在、イルミナティの成人で、我が子を虐待していると言うならば、現在までの記憶の消去も考えられますが、これは、個々の人の意向によるでしょう。
--------------------------
時々、私達は以下のような報道を聞きます。

「精神に病を持たれた人が、いきなり、正気を失って、罪を犯してしまった」とか。
この場合、その罪を犯した人が、法廷で、無罪を言い渡されたりします。
これもよく報道されているように、その無罪の理由は、「病気であり、その時に正気を失っていたから」という報道を私達は、よく耳にします。
それと、同じように、「幼児虐待という、自分の意図しない病を与えられ、ネガティブな洗脳の下に、自分は行動していた」と考えられますから、人によっては無罪となるかもしれません。
しかし、「それでも罪がある」とか、色々と論議があるかもしれませんが、ひとまず、幼児虐待の記憶を消去したり、平和で安らかな過誤記憶をもらって、人格が変わった後で、その罪の点を、人々で話し合わないといけなくなるでしょう。

また、現実に、精神に病を持たれて、正気を失って、罪を犯した人でも、一旦、時間が経って、本人の正気を取り戻した後で、罪に対する責任能力が問われているのを、よく、私達は報道で見かけています。

これと同じ事が起きるかも知れません。
--------------------------
今は、ジェイ・パーカーさんの証言に基づいて、この記事を書いているのですが、エレン・グリーン・ヒックス・インタビューでも、同じように幼児虐待があったことが証言されています。

忘れている方もいるかも知れませんので、書きますが、エレン・グリーン・ヒックスさんは、ロスチャイルド家の娘として生まれました。
現在は、ロスチャイルド家から離れて、「エレン・グリーン・ヒックス」となっています。
このエレン・グリーン・ヒックスさんも、「MKウルトラで虐待された」と言っていました。
いずれにしても、イルミナティ家系で、幼児虐待による、ネガティブな洗脳行為が行われ、それが世界支配とか破壊とか混乱の状況を作り出していたと、私達がわかります。
ですので、まず、イルミナティの人々に真っ先に必要なものは、入念な精神治療であることがわかります。

とりあえず、まだ、ジェイ・パーカー・インタビュー・シリーズは⑥まであるので、私達は詳細に見る必要があると思います。

また、イルミナティの人々の精神治療という観点から、エレン・グリーン・ヒックス・インタビューも過去記事に載せておきます。
「どうすれば、幼児虐待の記憶から解放されたか?」という経緯も、ビデオで報告されていましたので。

(以下、新ブログ『光と輝き』での過去記事、関連記事)
------------------------
『三百二十八:イルミナティについて_No.3』
●ジェイ・パーカーインタビュー③
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no3-d233.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11577925625.html http://solesoleil.exblog.jp/20695608/ http://www.youtube.com/watch?v=9RJHhwVbeiw

『三百二十四: イルミナティについて_No.2』
●ジェイ・パーカーインタビュー②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-299b.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11577925625.html http://solesoleil.exblog.jp/20695608/ http://www.youtube.com/watch?v=b-MG_sojSz4

ジェイ・パーカーインタビュー②
YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー②

 

『三百十九: イルミナティについて 』
●ジェイ・パーカーインタビュー①
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no35-53fe.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11576583686.html http://solesoleil.exblog.jp/20695608/ http://mizu888.at.webry.info/201309/article_43.html http://www.youtube.com/watch?v=W02bxSqtc-I

ジェイ・パーカーインタビュー①
YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー①

『五十六: 私の見かけたビデオについて_No.11』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー①
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no11-660c.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11545972556.html http://mizu888.at.webry.info/201306/article_42.html http://www.youtube.com/watch?v=vWh96CTxKJM

エレン・グリーン・ヒックスインタビュー①
YouTube: エレン・グリーン・ヒックスインタビュー①

------------------------
「私が4歳になる迄に彼が私に愛を与えてくれたのです。」
「ですから、私は人間愛をメンゲラから知ったのです。」
「人間愛を彼以外の方法で誰からも知る事はなかったのです。」
「そしてドイツ語や英語の沢山の子守唄を聞きました。」
「彼は私にお伽噺とかそういったものをドイツ語と英語で教えてくれました。」
                        (エレン・グリーン・ヒックス)
------------------------

『六十: 私の見かけたビデオについて_No.12』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no12-de25.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11547379055.html http://mizu888.at.webry.info/201306/article_53.html http://www.youtube.com/watch?v=PLnlKUGOszk

『六十四: 私の見かけたビデオについて_No.13』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー③
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no12-0c14.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11550409515.html http://mizu888.at.webry.info/201306/article_55.html http://www.youtube.com/watch?v=Kr4t_JgTohc

『八十一:私の見かけたビデオについて_No.15』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー④
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no15-39cd.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11553166803.html http://mizu888.at.webry.info/201306/article_64.html http://www.youtube.com/watch?v=__PDJHCxoDc

『百八:私の見かけたビデオについて_No.17』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー⑤
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no17-5ed1.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11556431048.html http://mizu888.at.webry.info/201306/article_79.html http://www.youtube.com/watch?v=UNIP455gNGc

『二百五十四:私の見かけたビデオについて_No.26』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no26-bba3.html http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51895076.html
<ロスチャイルド一族のエリン・ヒックスさんのインタビュー>
Super Soldier Talk - Erin Hicks - Mind Control and Reptilians - June 16, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=OxUgSnkGA2w

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム