« 三百二十七: マスメディアとイルミナティについて | メイン | 三百二十九: 光の中に入る女神 »

2013年9月10日 (火)

三百二十八: イルミナティについて_No.3

三百二十四: イルミナティについて_No.2』の続きです。

前の段で、書き忘れた事を、まず書かせてください。

イルミナティが、過去1万年間、人類の歴史を捏造していたり、各国の株式市場の"にわか景気"や"不景気"を作ったり、あるいは、恐慌も自動的に作っている事から、多くの人々を騙している、という事で、「イルミナティには、詐欺罪もあるだろう」と、素直に私達は考える事が出来るでしょう。

また、『三百二十四: イルミナティについて_No.2』で、「多くの人々を緩やかに殺人するために、フッ素を歯磨き粉や水に注入しているが、この時、大勢の歯科医師達に賄賂を贈っている」という件がありました。

ですから、「イルミナティには、賄賂を贈った罪があるだろう」と、素直に私達は考える事が出来るでしょう。

また、「その賄賂を受け取った歯科医師達には、賄賂を受け取った罪があるだろう」と、素直に私達は考える事が出来るでしょう。

「イルミナティが悪魔儀式をしている」と言う事は、同時に、「イルミナティは悪魔のような事をするだろう」と、素直に私達は考える事が出来るでしょう。

たいてい、罪ある人は、自分の悪事を、他人に見られないように、影に隠れて、それを実行する事が知られています。

日本語で、「罪(つみ)」という言葉がありますが、これは、「悪事を包み隠す」の「包む」という言葉から、「罪」という言葉が出来た、と、多くの日本人は知っています。

イルミナティは、これを行っていますから、当然、「巨大な隠蔽作業というのがある」と、素直に私達は考える事が出来るでしょう。

今日は、「ジェイ・パーカーインタビュー③」ですが、先に書きたいことがあります。

今日は、その悪魔儀式を行うイルミナティの一家に生まれた幼児は、どのように虐待されて、その後の人生のために、マインド・コントロール化されているか、という点について、このビデオは語っています。。

ですから、このビデオを見る前後や、この文章を読む前後に、大きな深呼吸を何回かされることを、お薦めします。

しかし、このように、正確に記述しないと、このブログの読者の方々や人々に、色々と理解できない部分もありますので、きちんとした記述を行う事にします。

私が大事だと思った部分には、アンダーラインを引かせて頂きます。 ===============================

ジェイ・パーカーインタビュー③

http://www.youtube.com/watch?v=9RJHhwVbeiw

ジェイ・パーカーインタビュー③
YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー③

 

公開日: 2013/07/21

●ジェイ・パーカー:

「多数世代に渡って続く悪魔崇拝一族に生まれた時に、イルミナティが世界を支配しているのだと教えられます。」

「そして基本的には、お前は勝ち組にいるんだと教えられます。」

「(´∀`)b」 「ヤタ-------(´∀`*)-------!!!!」

「多数世代に渡るイルミナティ家系に生まれた子供は、拷問にかけられ、レイプされ、麻薬を与えられ、マインドコントロールされます。」

「人生最初の6年間にです。」

「その理由は、人間の潜在意識は人生最初の6年で形成されるからです。」

「だから心理学者や生理学者が呼ぶいわゆる半眠トランス状態に幼い子供がいる時に、貴方の意識は全ての感覚的情報を直接、潜在意識にダウンロードしているんです。」

「あなたの潜在意識は人生の中の99%の意思決定や態度を考えを動かしているのです。」

「顕在意識よりも1000倍強いのです。」

「あらゆる事において過程や力の限りです。」

「潜在意識があなたの人生を起動するんです。」

「ですから、イルミナティは自分達の子供達を幼い年齢で得て、恐ろしく性的で物理的な拷問のプログラムを経験させるのです。」

「このようにして脳のシナプス経路が歪み、イルミナティの化学物質、後天的サイコパスは愛情があり、大切にしてくれる家族に育てられた人物とは異なるのです。」

実際には外見は人間になっていますが、身体的現実や化学的に神経回路現実は、おそらく、レプティリアンや??に近い者になるようハイジャックされたのです。」

■キャスター: 「そうですか・・・では、これはあなたにどの様に、展開していったのでしょうか。」 「人生最初の6年の記憶はお持ちなのでしょうか?」

●ジェイ・パーカー: 「もちろんですよ。」

■キャスター: 「それらの幾つかをシェアしていただけませんか?」

●ジェイ・パーカー:

「はい。私は人生最初の3年をペンシルバニア州フォールスクリーク?で育ちました。」

「それから、小さな長屋で沢山の労働クラスの家族がいて・・・多くの人々はこれを理解していませんが、イルミナティはデュポンや、ロックフェラーやロスチャイルドといったエリート一家だけではないのです。」

「イルミナティは9600BCの大変動にまで遡って存在しているのです。」

「ですが闇の小児性愛カルトが出てきたのはずっと昔の古代史なのです。」

「小児性愛や拷問で子供を虐待する時に、両親とあなたが持つ自然の接合システムというものがあるんです。」

「これを他の状況で両親と持つ事によって、そこであなたの攻撃者、虐待者があなたに複数の人格を引き起こすのです。」

「何故なら、あなたに世話をする人間、両親を愛したいという本能的現実があなたにあって、そして他にイルミナティの現実もあるんです。」

「イルミナティ君主マインドコントロールを手掛ける人物が・・・おわかりでしょう?ほとんどはあなたの両親なのですから。」

「ですから、本当にあなたの意識の中において??状況を引き起こすんです。」

「イルミナティ研究者であるフリッツ・スプリングマイヤーの本で、『イルミナティマインドコントロール奴隷』があります。」

「ただフリッツ・スプリングマイヤーの本を調べてみて下さい。」

「ですがどの様に検出される事の無いマインドコントロールされた奴隷を作るかなのです。」

「そうすれば行われている儀式について読んでいく事ができます。」

「デラウエア州アーデンにおいて、子供達の90%は小児性愛を生贄に捧げる闇のカルト出身です。」

「ですから少なくとも一生に一度は、儀式を経験するのです。」

「そこでは罪もない誘拐された子供や若い大人が斧で殺害されます。」

「その間、このトラウマを元にしているマインドコントロールされた4歳や5歳の犠牲者達がトランス状態にあり、そして腕や足が切り落とされた時に、被害者は胴体が恐ろしく切り刻まれ、自分の血の上で窒息死するんです。」

「これは私に起きた事です。」

「そしてスプリングマイヤーの本・・・どの様に検知される事もないマインドコントロールされた奴隷が作られるか、以来、彼等はトランス状態からあなたを戻し、あなたが置かれた催眠トランス状態からです。」

「そして私の場合は14歳位の若い少女でした。」

「カリフォルニア州のロングビーチから誘拐されてきた人物でした。」

「そこはまた主なイルミナティセンターなんです。」

膨大な量の悪魔崇拝儀式虐待やカルト活動がロングビーチにはあるのです。」

「パサデナ(カリフォルニア州)もそうですね。」

「小児性愛の大きなセンターがそこにはありますね。」

「マクマーティン幼稚園事件を見てみれば、そしてテッド・ガンダーソンがそれについて書いている事をネットで読んでみれば、政府がそこで小児性愛悪魔崇拝カルトを守る為に全ての圧力を賭けていることがわかるでしょう。」

「ですがそれはあなたが経験するただの一つの儀式なんです。」

「そこに残っている死んだ客の誰かを目撃する為にあなたはトランス状態から覚めるんです。」 「そしてあなたは教えられるんですよ。」

「腕や足を切り落として、彼等を何百回と刺したのはお前なんだってね。」

                    :            

(以下、理由なくビデオが中断する)                    

                     :

■キャスター:

「では、あなたが経験したトラウマを基にした悪魔崇拝生贄マインドコントロール事例について話していたんですね。」 「これはどれ位普及しているんでしょうか?」 「だからこんなに多くの子供達が行方不明になる理由なのでしょうか?」

●ジェイ・パーカー:

「そうです。1年に8千人の子供達がアメリカで行方不明になっています。」

「国家的スキャンダルでもありません。」

「何故なら、教会や政府が本当にあなたの事なんてどうでも良いと思っているんです。」

「1年に8千人の子供達が行方不明になっているのにですよ。」

「3000万人の悪魔崇拝小児性愛者達がそこにはいるんですよ。」

「ですから、沢山の子供達が必要なのです。」

「より深いマインドコントロール技術である人間を生贄にする幾つかの儀式を行う為にはです。」

「8千人の子供達が毎年儀式の中で斧で殺されているのだと言っているのではありませんが、その内のかなり多くはそうである事を知っています。」

「さて、アーデンではそれぞれの代々続く150人から200人の子供達はイルミナティの空白化ファイルサービスの経路にされています。」

「その一人一人が絶対に君主プログラムにあって、少なくとも一人は人間の生贄儀式を行っています。」

「本当に彼等の意識へと働かせる為にです。」

「ですが他にも儀式はあって、生き埋めにして、上の穴から神のような姿の者が出て来て下にいるあなたにお前はもう生命の本の中に名前はないと宣言するんです。」

「それから・・・牛付き棒や車のバッテリーによる沢山の電気ショック、それから沢山の強制性行為、男性女性両方を口と肛門で喜ばせたり、、、、」

「私が育った時に、私がそこにいたのは・・・1951年から1971年だったと思います。」

「カルトにいる子供達は、時折虐待について話をしましたが、大部分は考えないようにしている事についてでした。」

「ですが、デラウェア州アーデンの森では、私の見積もりでは、千件をはるかに超える人間の生贄が行われていて、その上、デュポンの墓地があるという事実があります。」

「デュポン社が殺さなくてはならなくなった邪魔になったビジネスの人々がどれ位いるのかというのは神のみぞ知るといった所です。」

「ですから、ペンシルバニア州ローズ渓谷マーケットヘルスコロニーとデラウェア州アーデンでは千人以上は埋葬されていると私は確信しています。」

■キャスター: 「さてあなたは君主プログラムと言っていましたが、それは何のプログラムなのでしょうか?」

●ジェイ・パーカー:

「君主マインドコントロールはトラウマを基にしたマインドコントロールの昔からあるシェーターで、イルミナティは数千年もの間、自分達の子供達をマインドコントロールしてきているんです。」

「ですがまた、ナチスが強制収容所で開発してきた現代的技術もあるのです。」

「ヨーゼフ・メンゲレですが、私の母は彼を非常に尊敬していて、彼はアーデンに住むように招待されていました。」

「ですがそれは戦後です。」

「もちろん多くの人々がカトリック教会のラットラインを使用してドイツから逃亡しました。」

「メンゲレは招かれていたにも関わらず、アーデンへは行きませんでした。」

彼は結局CIAに支援されてセント・ルイスで働く事になりました。」

「そしてもちろん、かなり大勢のマインドコントロールされた被害者達の物語がネット上に実際にありますね。」

「ある女性ですが、コネチカット州ニューヘイブンにて議会の前で話をしました。」

「精神科医にかなり多くのメンゲラの技術の説明をしたんです。」

「ですがアメリカには今日、3000万人の闇の悪魔崇拝カルト信者達がいるんです。」

「彼等は何世紀もの仕事の為であったり、セキュリティの為にも何兆も何億ドルも持っている寡頭政治支配者達に従っています。」

「彼等はエリート達の取り巻きなのです。」

「残念な事に、一般の取り巻きは残りの人類と一緒にバスの下から捨てられるのです。」

「アジェンダ21という計画は、少なくとも80%の人類の除去をする為のものです。」

フッ素というソフト殺人方法やポリオワクチンの中にある癌ウィルス・・・汚染レベルの増加や、致命的なインフルエンザ、そして栄養を得る事ができないのです。」

「そしてあなたは助けてもらおうと医者へ行き、ギャリー・ノール医師によると、年間7万5千人が問題Aの為に医師の所へ行き、問題Bで亡くなっているのです。」

「この意味は、あなたが病院へ行くと、間違った薬を与えられ死ぬか、もしくは、基本的には、病院で感染症になって死ぬかです。」

「多くの人々はただアメリカ医学界との接触で死ぬんです。」

「そして文字通り、何も言われる事はありませんが、ギャリー・ノール医師によると年間7万5千人の人々が間違った死を招いているんです。」

「そしてそれはイルミナティに申し分なく合っているんです。」

「早く人類を除去出来れば出来るほど良いのです。」

「地球を救うというこのプロセス全体ですが、アレックス・ジョーンズの映画『エンドゲーム』を見てみる必要があります。」

「そして何が実際に起きているのかのアイデアを得るんです。」

「地球を救うシステムではなく、生態学的な良さを復元するのでもありません。」

「ある意味そうですが、もちろん、あなたやあなたの家族はそこにいないんですよ。」

「ロスチャイルドや女王だけです。」

「だから君達には悪かったね!」

===============================

私は、ビデオ「ジェイ・パーカーインタビュー③」の概要を書かせて頂きました。

ここからは私の言葉です。

確かに、イルミナティが、「人口削減計画」を実施中なので、様々な事を考えられます。

しかし、この生まれてからすぐに、6歳までに、非常な虐待を受けて、愛の心を消していることがわかります。

ですから、「人類支配」とか「人口削減」とか、その他、様々な事を考えることが出来るでしょう。

ですが、今日の場合は、精神科医がこのビデオを見たり、あるいは、上記の私の書き出しを読めば、「精神病院に入院、あるいは、医療刑務所で、入念な精神治療が必要だ」と、明らかに考えると思います。

確かに、虐待方法や、殺傷方法、経済的な犯罪行為、麻薬使用の罪とか、「人口削減計画」なども考えられますが、イルミナティの一家で、全ての幼児が、6歳に至る時まで、このような幼児虐待が行われるので、洗脳の結果、どんな悪事も考えられることがわかります。

イルミナティ達の精神治療が目的でありますから、「精神病院に入院、あるいは、医療刑務所で、入念な精神治療が必要だ」と、考えて、彼等の精神治療や保護の観点からの救済活動が行われるべきだろう、と多くの人は考えるかと思います。

単純に、イルミナティ達は、お金をたくさん所有していますから、各国の検察官や裁判官も買収されているかも知れません。

ですから、正確な起訴とか、正確な判決とかも、検察官や裁判官は出さないのもかもしれません。

しかし、普通の精神科医が、上の状況を見ると、あくまで彼等の救済の観点から、「精神病院に入院、あるいは、医療刑務所で、入念な精神治療が必要だ」と、考えると思います。

また、精神科医でなくても、普通の人も、そのように自然に考えるであろう、と私は思います。

そして、今現在、イルミナティの家庭でも、「なぜ、私達は、先祖代々、自分達の子供に幼児虐待をしないといけないのか?」と、自問自答しても、あまり理由がわからないのではないのかと、私は思います。

また、多くの人々も、そのように考えるかと思います。

つまり、今となっては、当のイルミナティ自身も、あまり理由がわからず、我が子に幼児虐待をしているだろう、と私は推測します。

また、現実に、そのイルミナティ達の、その幼児虐待行為や殺傷行為も許される行為ではないでしょう。

自然に、多くの人々も、そのように考えるでしょう。

そして、普通、イルミナティと関わりの無い、一般人の方は、ワクチンを受けてはいけないことがわかります。

また、アメリカの医学界や、医療関係の行政機関も、上記のように、イルミナティに買収されていることがわかります。

また、フッ素とワクチンの事が出てきましたから、過去記事にフッ素とワクチンものを紹介しています。

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)

-------------------------------------

『三百二十四: イルミナティについて_No.2』

●ジェイ・パーカーインタビュー②

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-299b.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11577925625.html http://solesoleil.exblog.jp/20695608/ http://www.youtube.com/watch?v=b-MG_sojSz4

ジェイ・パーカーインタビュー②
YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー②

『三百十九: イルミナティについて 』

●ジェイ・パーカーインタビュー①

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no35-53fe.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11576583686.html http://solesoleil.exblog.jp/20695608/ http://www.youtube.com/watch?v=W02bxSqtc-I

『二百八十九:フリーメーソンとイルミナティ  レジャンバルド神父』

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-4df6.html http://mizu888.at.webry.info/201308/article_81.html http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=50235

フリ-メ-ソンとイルミナティ  レジャンバルド神父  Part5

http://www.youtube.com/watch?v=c_EE5bZmGBI

 

『百八:私の見かけたビデオについて_No.17』

●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー⑤

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no17-5ed1.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11556431048.html http://www.youtube.com/watch?v=UNIP455gNGc

エレン・グリーン・ヒックスインタビュー⑤
YouTube: エレン・グリーン・ヒックスインタビュー⑤

『二百八:News_No.281』

●イルミナティの計画&ブッシュ一族とロスチャイルドの戦い。

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/news_no281-3617.html http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51891464.html http://the-tap.blogspot.jp/2013/07/how-bilderberg-fringe-was-controlled.html

『二百四十七: News_No.295』

●イルミナティの実態

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no295-7362.html http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51894582.html http://www.henrymakow.com/

『百四十四:『人口削減計画』等について_No.5』

●NASAの未来計画文書③

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no5-0b84.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11563280614.html http://www.youtube.com/watch?v=2Ww0U-TMGnE

『二百八十五:私の見かけたビデオについて_No.31』

●元CIAがブッシュの麻薬取引を証言  新世界秩序  ロスチャイルド #cia #nwo #rothschild

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no31-5174.html http://www.youtube.com/watch?v=YX6UDDbxOVc

元CIAがブッシュの麻薬取引を証言 新世界秩序 ロスチャイルド #cia #nwo #rothschild
YouTube: 元CIAがブッシュの麻薬取引を証言 新世界秩序 ロスチャイルド #cia #nwo #rothschild


『二百八十七:お知らせ_No.153』

●約10年前にディーグル博士が暴露したCIAの大量殺人計画

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no153-8588.html http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51897139.html http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2013/08/cia-to-murder-200-million-americans-the-elite-have-plans-for-martial-law-in-america-2453992.html

『二百九十一: 私の疑問』

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-9f91.html

『二百九十九:私の疑問_No.2』

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-49df.html

『三百六:私の疑問_No.3』

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no3-c0f0.html

「百六十八:私の見かけたビデオについて_No.22」

●フッ素化合物の身体への有害な影響~ポール・コネット博士

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no22-41d9.html http://www.youtube.com/watch?v=VMaHpVh1v4I

フッ素化合物の身体への有害な影響~ポール・コネット博士
YouTube: フッ素化合物の身体への有害な影響~ポール・コネット博士

 

(以下、ポール・コネット博士のビデオ中の言葉)

------------------------------

「またその他の多くの問題としても、米国を含むフッ素を加えてる多くの国々は単に調査をしていないのです。」 「彼らは調査していないのです。、、、」 「、、、調査しなければ見つけられないのです。彼らはほのめかしたいのです。なぜなら彼らは何も見ようとはしません。、、、彼らは見ないので見つける事もありません。」

------------------------------

「百七十六:『人口削減計画』等について_No.8」

●ワクチンとフッ素による大衆管理.wmv

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no8-dc21.html http://www.youtube.com/watch?v=1W-_WT7k-IA

「三千三百三十:ワクチンについて」

●ワクチンについての衝撃的な証言

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/post-c2fc.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11481417244.html http://www.youtube.com/watch?v=_poi0Mz84YY

ワクチンについての衝撃的な証言
YouTube: ワクチンについての衝撃的な証言

「百五十六:『人口削減計画』等について_No.7」

●ワクチンの衝撃的真実~水銀・MSG・ホルムアルデヒド・アルミニウム

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no7-ca6c.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11407794531.html http://www.youtube.com/watch?v=22RFPoISQ0k

『三百十五: 外交問題評議会(CFR)について』

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/cfr-f4b5.html

『四:私の見かけたビデオについて_No.2』

●主流メディアが真実を報道しない歴史的な背景: CFR 外交問題評議会

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no2-dbb9.html http://www.youtube.com/watch?v=a0jP6aWrTLw

『三百二十七: マスメディアとイルミナティについて』

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/post-4515.html

●人口協議会=強制的人口抑制と優生学への関与の長い歴史 http://mizu888.at.webry.info/201305/article_78.html http://satehate.exblog.jp/12970581/

 

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム