« 三百五: 私の見かけたビデオについて_No.34 | メイン | 三百七: 行政の情報漏えい等に関して »

2013年9月 3日 (火)

三百六: 私の疑問_No.3

これは、『二百九十九:私の疑問_No.2』の続きです。

経済関係の、私の疑問です。
しかし、これも、「私達の疑問」と書き換える事が出来るかもしれません。

まず、過去記事の紹介です。

『二百五十三: News_No.298』
●アメリカの真実(2) ケネディ大統領が発行を命じた紙幣と残された演説、そしてタイタニック沈没とFRB

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no298-e74a.html
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_44.html

詳細は、該当記事をご覧ください。
1963年6月4日  米国大統領J・F・ケネディにより、政府紙幣の発行を財務省に命じる大統領行政命令  第11110号が発令され、米国政府の公式に作ったお札が発行されました。
それは、2ドル札と5ドル札でした。

しかし、その後、大統領命令、第11110号の取り消しの無いまま、その米国政府が作った公式のお札が回収され、代わりに、大変よく似たFRBの印刷した大量のお札が、市場に出回りました。

▼2ドル札「政府発行券」

1376229826676131153161

▼2ドル札「FRB発行券」

137622983883613115762_2frb1

▼5ドル札「政府発行券」

1376229859467132212851
▼5ドル札「FRB発行券」

137622987167913221385_5frb1



これは、普通に考えるならば、「正式な国家の承認の無いお札が、勝手に印刷され、それが世界に出回った」という事は、普通は、誰でも、「ニセ札作成容疑」とか、「ニセ札頒布の容疑」というものを考えないでしょうか?
普通、世界の多くの国でも、ニセ札を作って、それをばらまいた人間は、よく逮捕されているようですが。

また、この記事からわかることを下に書きます。
「米国政府がFRBではなく、国家政府発行券を作った」という事は、自動的に、「FRBは、政府の機関や省庁ではない」ということが、このブログの読者にわかると思います。
また、映画『THRIVE』の中にもあるのですが、出演者が米国の電話帳をめくって、「FRBの電話番号は『企業』の欄に掲載されているから、政府の機関や省庁ではない」と語っています。
ですから、しばしば、私がこのブログで紹介したビデオの中でも、「FRBは、米国政府の機関や省庁ではなく、一般企業だ」ということが、このブログの読者にわかると思います。

また、この私のブログで紹介したビデオでも、しばしば、「米国政府は企業に乗っ取られている」と、報じられていましたが、このFRBも一般企業だから、「米国政府が一般企業に乗っ取りをかけられている」と、ブログの読者は気付くでしょう。

ですから、「エコノミック・ヒットマンのように、米国内の代議士や指導者にも、賄賂などが使われて、買収されているのでは?」と、私達は疑問を持つかと思います。

また、私は以下の記事も書きました。

『三千二百五十五: 遺伝子組み換え食品について_No.5』
●ジェフリー M. スミス   遺伝子組換食品の脅威 ③

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no5-4069.html
http://www.youtube.com/watch?v=-AVom7qBQrw

この記事の中の、ジェフリー・M・スミスさんの言葉を引用します。

「食品医薬品局は証明しています。業界によってハイジャックされてきている規制機関であるということを。製薬系と食品系の両方においてです。」

ジェフリー・M・スミスさんも、「米国の行政機関がハイジャックされている」、と言っています。
==============================
また、次に、米国の黒人指導者、ルイス・ファラカンさんの講演の件について考えてみたいと思います。

『二百五十二: FRBについて_No.4』
ファラカ-ン  銀行家の悪徳を告発する

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no4-87f6.html
http://www.youtube.com/watch?v=EpwW1KdKlOs

ビデオを直接、ご覧になった方が良いかと思うのですが、私の気になる部分だけを抜粋引用します。
---------------------------

「、、、ロスチャイルド家は、彼等のアメリカの代理人を介して(アメリカ南北戦争の時の)北軍にも南軍にも融資しました。」

「ユダヤ人のウォーバーグ家とロスチャイルド家です。」
「アメリカに、ヒットラーに融資した人がいるのです。」

---------------------------
上記のファラカンさんの言葉を考えながら、「アメリカ合衆国憲法」からの引用をします。
---------------------------

アメリカ合衆国憲法

http://aboutusa.japan.usembassy.gov/j/jusaj-constitution.html

第3章[司法部]

第3 条[反逆罪]

[第1 項]
合衆国に対する反逆罪は、合衆国に対して戦争を起こす場合、または合衆国の敵に援助と便宜を与えてこれに加担する場合にのみ、成立するものとする。(、、、以下、省略)

---------------------------
このアメリカ合衆国憲法の「反逆罪」を考えると、「第二次世界大戦中に、ドイツはアメリカの敵だったのに、その敵に援助を与えていたことになるから、アメリカにいる銀行家が米国に対する反逆罪を行った」と、誰もが自然に考えるでしょう。
==============================

また、ルイス・ファラカンさんの言葉で、以下のものもあります。
---------------------------

「税金はどのようにして作られたのでしょうか?」
「なぜなら、通貨を支配する人々は、国の負債を増加させることを知っていました。」
「、、、ウッドロウ・ウィルソンが大統領になり、アメリカを戦争に参加させないはずでした。」
「戦争は1914年に始まりました。、、、」
「、、、彼はアメリカを戦争に参加させないはずでした。」
「そのように選挙運動で語っていたのです。」
「しかし黒幕がドアの後ろに隠れていて、その人々は、負債を増やす唯一の方法は、アメリカを1914年に始まった戦争に何らかの形で関わらせることだと知っていました。」
「それでルシタニアという船の火事の裏工作を行い、アメリカはドイツに宣戦布告しました。」
「1917年にアメリカの兵隊はヨーロッパへ戦争に行きました。」
「戦争をするためにアメリカは金を借りなければなりませんでした。」
「彼が大統領になったとき、アメリカの負債は1兆ドルでしたが、それが8兆ドルになっていました。」

---------------------------
また、私は、以下の記事も紹介しました。

『二百九十七: 私の見かけたビデオについて_No.33』
●初めて実行員が暴露した、アメリカの国際陰謀・工作秘史

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no33-6b51.html
http://www.youtube.com/watch?v=BhfCgO0ItY8

上の記事から引用します。

「国家を征服しその国民を奴隷化するためには、二つの方法がある。一つは武力であり、もう一つは負債である。(John Adams 1735 - 1826)」

つまり、エコノミック・ヒットマン達が、中南米の国々やアフリカの国々や中東の国々に大量の借金を与えるよりも先に、「銀行家達は、アメリカ合衆国そのものに、莫大な借金を与えて、アメリカ合衆国とアメリカの人々の奴隷化に成功していた」、と、自然に私達は考えるでしょう。

世界人権宣言にも、「あらゆる人の奴隷化を禁ずる」とありますから、「銀行家の人達は、普通の人には、わかりにくいように、見えないような感じで、巧妙に、多くの人々の奴隷化を進めていたのだろう」と、自然に私達は考えるでしょう。

アメリカ合衆国憲法の最高法規で、条約が最高法規になることは、「二百九十九:私の疑問_No.2」で、書きましたので、詳しくは、そちらを読まれて下さい。

少なくとも、この理屈で、「ルイス・ファラカンさんの言った銀行家は、反逆罪を持っていた」と考えられるでしょう。

また、私は以下の記事も紹介しました。

『二百六十四:私の見かけたビデオについて_No.29』
●リビア 反政府派はアルカイダ 米国が資金援助 元CIA証言 #libjp #midjp #syrjp

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no29-e6d0.html
http://www.youtube.com/watch?v=0yQaUhCCMeE

『二百六十一:私の見かけたビデオについて_No.28』
●ヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no28-8f79.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11260020334.html
http://www.youtube.com/watch?v=CWK9j41BY6c

つまり、上記の記事によると、米国が敵とみなしたアルカイダに米国政府が、資金援助しましたから、米国政府自身が、反逆罪を持つ、と、自然に私達は考えるでしょう。
そして、「その米国政府が資金援助をした、そのお金は、誰が貸したのだろうか?」と、このブログの読者は、自然に、疑問を持つでしょう。
米国は、世界最大の借金国家であることも、多くの人々が知っています。
また、上記のファラカンさんの言うように、「戦争ですから、大量のお金を国が借金しないといけないから、銀行からお金を借りる以外に手が無い」と、このブログの読者は、自然に、考えるでしょう。

そして、現在、米国の使用しているドル札は、米国政府の機関や省庁では無いFRBが作っている事に気が付くでしょう。

「米国の敵であるアルカイダに米国政府が資金援助したから、それは反逆罪だろう」、と、誰もが自然に考えるかもしれません。
また、「その反逆罪を持った米国政府に、さらに資金援助した銀行も、その関わりの容疑を持つだろう」と、誰もが自然に考えるかもしれません。
=========================
また、以前には、以下の記事をご紹介しました。

『二百七十四:銀行制度について』
●「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女の講演 #KEIZAI #tpp

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-86f8.html
http://www.youtube.com/watch?v=ABkW3SRtEz0

カナダの12歳の少女で、ビクトリアさんの言葉を引用します。

「彼等はコンピューターのキーをクリックして、空気から、偽のお金を作り出すのです。」

また、以前には、以下の記事をご紹介しました。

『二百四十四: FRBについて_No.3』
●アロンルッソ #keizai 中央銀行による世界奴隷計画 自由からファシズムへ

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no3-4169.html
http://www.youtube.com/watch?v=c2HUsKG9Bp8

アロンルッソさんの言葉を引用します。

「不換紙幣と呼ばれるもので、不換紙幣では連邦準備会は好きなだけ無から作りだせるのです。」
「もうインク代もかかりません。」
「例えば100ドル札の印刷コストは3セントですが、3セントも必要ないんです。」
「コンピュータ上で数字を入力するだけですから、もう支払う必要はありません。」

ですから、銀行の頭取クラスから見たら、自分の預金口座にお金が少ない時は、自分の銀行システムの管理者権限で、自分の銀行コンピューター・システムに入り、テン・キーボードで、お金を入力すれば、幾らでもお金を稼げるので、この場合は、税務署から見たら、確定申告の「申告ミス」とか「申告違反」とか「脱税の容疑」と呼べるものでもなく、「これは詐欺に相当するだろう」と、自然に、人々は考えるでしょう。

そして、この調子で、コンピューターのテン・キー・ボードで、空気から偽のお金を作って、中南米の諸国や、中東の国々や、アフリカの国々に、エコノミック・ヒットマン達を送り、それらの国々を借金地獄にして、奴隷化すれば、銀行家から見れば、「世界支配なんて、簡単さ」と言えるでしょう。

エコノミック・ヒットマンについては、以下の記事を参照してください。

『二百九十三:私の見かけたビデオについて_No.32』
●エコノミック・ヒットマンが語る恐るべき真実

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no32-4ef3.html
http://www.youtube.com/watch?v=-sS71C6oa8A

また、エコノミック・ヒットマンを、中南米の諸国や、中東の国々や、アフリカの国々に送らなくても、自国の政府の人間達も、賄賂などで、買収すれば、同じ結果が生まれます。

また、既に、世界中をお金無しでは、人々が生きていけないように作り上げましたから、CFR(外交問題評議会)のように、マスメディアを買収して、情報の隠蔽や、偽造情報を流せば、これも、世界支配方法の一つとなるわけです。

ですから、現代に入って、私達は、もう一度、「お金」というものの意味を再考しなければいけないと、私は思います。
=========================
私の疑問を書かせて頂きました。

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』での、関連記事、及び、過去記事)
------------------------
『三百五: 私の見かけたビデオについて_No.34』
●元CIA アメリカは存在しない敵と戦っている イスラエル・リビア・イラン・シリア #cia #enemy

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no34-67d0.html
http://www.youtube.com/watch?v=xsIhwHzvqko




YouTube: 元CIA  アメリカは存在しない敵と戦っている イスラエル・リビア・イラン・シリア #cia #enemy

『二百九十七: 私の見かけたビデオについて_No.33』
●初めて実行員が暴露した、アメリカの国際陰謀・工作秘史

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no33-6b51.html
http://www.youtube.com/watch?v=BhfCgO0ItY8




YouTube: 初めて実行員が暴露した、アメリカの国際陰謀・工作秘史

『二百九十三:私の見かけたビデオについて_No.32』
●エコノミック・ヒットマンが語る恐るべき真実

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no32-4ef3.html
http://www.youtube.com/watch?v=-sS71C6oa8A

『二百九十一: 私の疑問』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-9f91.html

『二百九十九: 私の疑問_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-49df.html

『二百八十四: News_No.308』
●オバマ政権がムスリム同胞団に贈った賄賂についての証拠文書

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no308-cbc6.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51896890.html

『二百六十七: お知らせ_No.152』
●ムスリム同胞団がオバマを脅しています。
Obama's Secret $8 Billion Bribe To the Muslim Brotherhood

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no152-6c49.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51895629.html
http://www.youtube.com/watch?v=ouDbqe_Ed1Q

『二百六十四: 私の見かけたビデオについて_No.29』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no29-e6d0.html
●リビア 反政府派はアルカイダ 米国が資金援助 元CIA証言 #libjp #midjp #syrjp
http://www.youtube.com/watch?v=0yQaUhCCMeE
●アルカイダは存在しない  テロの真の首謀者・資金源
http://www.youtube.com/watch?v=K9aNZvs0H4o

『二百六十一:私の見かけたビデオについて_No.28』
●ヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no28-8f79.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11260020334.html
http://www.youtube.com/watch?v=CWK9j41BY6c

『二百五十三: News_No.298』
●アメリカの真実(2) ケネディ大統領が発行を命じた紙幣と残された演説、そしてタイタニック沈没とFRB

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no298-e74a.html
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_44.html

『二百七十四:銀行制度について』
●「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女の講演 #KEIZAI #tpp

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-86f8.html
http://www.youtube.com/watch?v=ABkW3SRtEz0




YouTube: 「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女の講演 #KEIZAI #tpp

『二百五十二: FRBについて_No.4』
●ファラカ-ン  銀行家の悪徳を告発する

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no4-87f6.html
http://www.youtube.com/watch?v=EpwW1KdKlOs




YouTube: ファラカ-ン 銀行家の悪徳を告発する.tmp

『二百四十四: FRBについて_No.3』
●アロンルッソ #keizai 中央銀行による世界奴隷計画 自由からファシズムへ

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no3-4169.html
http://www.youtube.com/watch?v=c2HUsKG9Bp8




YouTube: アロンルッソ #keizai 中央銀行による世界奴隷計画 自由からファシズムへ

『二百二十二:FRBについて_No.2』
●米連銀が16兆ドルものお金を世界中の銀行、企業にばら撒いていました!

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/frb_no2-9cf7.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51845810.html

『二百十: FRBについて』
●イギリス上院証言 アジアの資金15兆ドルを米国連銀が詐欺横領?12/2/16

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/frb-059f.html
http://www.youtube.com/watch?v=q2xteET72es




YouTube: イギリス上院証言 アジアの資金15兆ドルを米国連銀が詐欺横領?12/2/16

『二百七:News_No.280』
●JPモルガン本部での地下室火災

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/news_no280-38a3.html
http://www.patriotnewsorganization.com/basement-fire-at-jp-morgans-headquarters/

『二百十七:News_No.285』
●ヘッジファンドの大手、SACがついに告訴されます。

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/news_no285-864e.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51892480.html

『百四十四: 『人口削減計画』等について_No.5』
●NASAの未来計画文書③

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no5-0b84.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11563280614.html
http://www.youtube.com/watch?v=2Ww0U-TMGnE

『三千二百五十五: 遺伝子組み換え食品について_No.5』
●ジェフリー M. スミス   遺伝子組換食品の脅威 ③

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no5-4069.html
http://jessica71.blog.fc2.com/blog-entry-358.html
http://www.youtube.com/watch?v=-AVom7qBQrw




YouTube: ジェフリー M. スミス  遺伝子組換食品の脅威 ③

『四十三:私の見かけたビデオについて_No.9』
●事前に漏洩した2013年ビルダーバーグ会議の議題 #bilderberg #agenda #leaked

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no9-0ae3.html
http://www.youtube.com/watch?v=dJYVvCoW01k

『三十六: 私の見かけたビデオについて_No.7』
●ビルダーバーグ2012ロンポール死への策略が明かされる

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no7-fc7a.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11267173572.html
http://www.youtube.com/watch?v=tBzz5dRxsS4

『三十一: 私の見かけたビデオ_No.5』
Bilderberg 2013 Attendees
●今年のビルダーバーグ参加者リスト

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no5-cbd6.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11544661089.html
http://www.youtube.com/watch?v=PMiAMGrrEJ0




YouTube: Bilderberg 2013 Attendees

『四:私の見かけたビデオについて_No.2』
●主流メディアが真実を報道しない歴史的な背景: CFR 外交問題評議会

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no2-dbb9.html
http://www.youtube.com/watch?v=a0jP6aWrTLw

                           
   
                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム