« 2013年8月 | メイン | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

三百七十一: 海とゆりかご

             海とゆりかご


      朝焼けの
      乳白色の霧の下に広がる海を見ている。

      よせては返す波。
      さざなみの音もよせては返す。
      僕の記憶は
      はるかな幼な子の  昔へと帰って行く。
      よせては返す  さざなみが
      僕を乗せた  ゆりかごを  揺する  母の手のように思えるのだ。

      今、
      乳白色の霧という時間の向こうに埋め込まれた
      僕のゆりかごは
      海の上で
      波の手と  音の手によって  揺すられている。

      僕は  その  ゆりかごを見るだけで
      手を触れることは出来ない。

      遠い記憶の向こうの
      僕のゆりかごを見ている。

 

                                        坂本  誠

Img7da7884372d

三百七十: 旅先の風景

旅行に出ていて、車窓から、周囲の景色を見ていると、見飽きずに、そのまま見ている事が多いです。 しかし、いつも、自分が住んでいる地域の風景を見ても、それは見慣れているので、あまり、注意を払わないことが多いです。

しかし、旅先の見慣れぬ風景を目にすると、いつまでも飽きません。 それだけ、その土地の風景を見ていないからです。 つまり、初めて見る風景に新鮮を感じるので、いつまでも、車窓の外の風景を見ているのに気が付きます。

なので、どこか遠くに住んでいる人も、私の住んでいる地域に旅をしてみると、

    「へ~、こんな場所もあるんだ」

と、思って、しげしげと、私の住む地域の景色を眺めると思うのです。

そして、対照的に、私がその人の住みなれている地域を旅して、初めて見る光景を珍しく思っても、その土地の人は、自分が住んで、いつも眺めている風景には、珍しさを感じないと思います。 ですから、旅をして、初めて見る風景に新鮮を感じて、美しさを感じる事は、私達は多いですが、反対に、自分の住み慣れて、いつも見ている風景に、初めて見た時のような美しさを感じるのは、結構、難しい事だとわかります。

ですから、旅をして、旅先の美しさを感じるのは、結構、簡単だとわかりますが、「古里再発見」という感じで、改めて、初めて見るような感じで、自分の住み慣れている土地の美しさを感じるのは、ちょっと難しいし、また、挑戦しがいのあることだと感じてしまいます。

P8290145

                                        坂本  誠

三百六十九: News_No.330

こんにちわ。

私の気になりました幾つかのニュースをご紹介したいと思います。

(以下、「時事ドットコム」、2013/9/30記事より引用)
--------------------------------------
●元日興執行役員に有罪=情報伝達で唆し認定-インサイダー事件・横浜地裁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2013093000157

SMBC日興証券(旧日興コーディアル証券)の顧客企業が行うTOB(株式公開買い付け)の内部情報でインサイダー取引をしたとして、金融商品取引法違反罪に問われた元同証券執行役員吉岡宏芳被告(52)の判決が30日、横浜地裁であった。
朝山芳史裁判長は懲役2年6月、執行猶予4年、罰金150万円(求刑懲役3年、罰金300万円)を言い渡した。
被告側は無罪を主張していた。

朝山裁判長は、インサイダー取引で株を買い付けた元金融会社社長(68)=同罪で有罪確定=と吉岡被告の共謀は否定したが、「元社長は被告から重要事実の伝達を受けなければ取引は不可能だった」と判断。
元社長にインサイダー取引を決意させたことが、教唆犯に該当すると認定した。
(2013/09/30-11:21)
--------------------------------------
(引用終わり)

(以下、「CNN.co.jp」、2013/9/29記事より引用)
--------------------------------------
●ギリシャの極右党首、国会議員ら逮捕 犯罪組織の結成容疑で
http://www.cnn.co.jp/world/35037804.html

アテネ(CNN)
ギリシャの首都アテネの警察は28日、極右政党「黄金の夜明け」のニコス・ミハロリアコス党首と同党所属の国会議員4人らを犯罪組織を結成した容疑で逮捕したと発表した。

逮捕は、同党支持者によるとされる反ファシズムの活動家だった有名歌手の刺殺事件の捜査に伴うもの。
地元警察によると、党員を含む少なくとも10人が同じく逮捕された。
全国規模での同党摘発に伴い30人以上に逮捕状が出た。
別の国会議員1人の行方も(、、、以下、省略)
--------------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

三百六十八: 遺伝子組換え食品について_No.19

三百二十三:遺伝子組み換え食品について_No.18』の続きです。

遺伝子組換え食品は、英語で、genetically modified organismと言います。
略して、GMOとも呼ばれたりします。

(以下、「真実を探すブログ」様、2013/9/28記事より)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-951.html
(以下、「世の中おかしい・・・」様、2013/9/29記事より)
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11624238443.html
(以下、「ほんとうがいちばん」様、2013/9/29記事より)
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_135.html
--------------------------------------

8834079742_651356fe851 
朗報です。
遺伝子組み換え企業保護付帯条項を削除する法案が米国上院で審議されていたのですが、これが先日に米国議会で可決されました。

GM企業保護付帯条項が付いている法案の正式名称は「包括予算割当法案」で、第735条に「健康を害する懸念がある遺伝子組み換え作物の種子でも、法的に差し止めることができない」と書かれていることから、モンサント保護法と言われています。

ロシアでは遺伝子組み換え食品の全面禁止を検討していますし、EUや南米などでも同様の動きが出ており、遺伝子組み換えへの反発は世界規模に拡大中です。
ただし、日本は例外で、遺伝子組み換えの輸入緩和を考えています(苦笑)。

当初、アメリカの議会はモンサントを支援する動きを見せていたようなのですが、米国民の反発が予想以上に強烈だったことから、オバマ大統領が署名をしたモンサント保護法を破棄する方向に話が進み、今月に達成することが出来ました。

海外の報道によると、「9月30日頃を目処にモンサント保護法は完全撤廃されるだろう」とのことで、今月中には米国からモンサント保護法が消滅する方針のようです。
もっとも、小国でクーデター騒ぎを引き起こすほどの権力を持っているモンサント社が、このまま黙っているとも思えませんが・・・。

☆The People Triumph Over Biotech: Monsanto Protection Act Defeated in Senate 
URL  http://www.theorganicprepper.ca/the-people-triumph-over-biotech-monsanto-protection-act-defeated-in-senate-09252013
引用:
Finally, it seems like we have the attention of some of the members of Congress. 

As the result of an enormous outcry, 

the Senate voted down the rider that was recently approved 

    by the House of Representatives. 

The rider would have continued Big Biotech’s immunity 

    against prosecution resulting from their toxic farming practices and 

        questionable crops.

As of September 30th, the so-called Monsanto Protection Act will be dead. 

This is a major victory for anti-GMO activists as it is the first time that 

    Congress has decided in favor of the constituents 

        as opposed to companies like Monsanto, Sygenta, Bayer, and Dow.

“That provision will be gone,” said Sen. Mark Pryor (D-Ark.), 

confirming the change to POLITICO. 

The Center for Food Safety, a Washington-based non-profit, 

    welcomed the decision as “a major victory for the food movement” and 

    “sea change in a political climate that 

        all too often allows corporate earmarks to slide 

            through must-pass legislation.”

“Short-term appropriations bills are not an excuse for Congress 

    to grandfather in bad policy,

        ” said Colin O’Neil, 

            director of government affairs for the Center. (source)

The Monsanto Protection Act was passed last spring 

    as a rider sneakily put into place 

        by Senator Roy Blunt of Missouri (Monsanto’s home base, incidentally.) 

It was passed by both the House and the Senate (see who voted for it HERE) , 

    and then signed into law in a final act of betrayal by President Barack Obama, 

        despite public outcry that 

            the rider made the biotech industry untouchable and 

                 not subject to legal action regardless of the damage caused.
:引用終了
--------------------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と、新ブログ『光と輝き』からの関連記事)
-------------------------------------
『百四十二: 『人口削減計画』等について_No.4』
●NASAの未来計画文書②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no4-8a56.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11562307052.html
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_2.html
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/06/nasa.html
http://solesoleil.exblog.jp/20441188/
http://www.youtube.com/watch?v=qnELrccF22c

『五十一: 私の見かけたビデオについて_No.10』
●世界的駆除のためのエリート達の計画2
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no10-e9d4.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11374365980.html
http://www.youtube.com/watch?v=uvAlMaOakdQ

『三百二十三: 遺伝子組み換え食品について_No.18』
●インドの綿花生産者自殺とモンサント
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no18-7fc3.html
http://www.youtube.com/watch?v=sVeey_CUFW0

『百八十: 『人口削減計画』等について_No.9』
●モンサント遺伝子組み換え #TPP で農業を自殺に追い込む #特許 #ACTA
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no9-1633.html
http://www.youtube.com/watch?v=c-MUy0WvGCM

モンサント遺伝子組み換え #TPP で農業を自殺に追い込む?#特許 #ACTA
YouTube: モンサント遺伝子組み換え #TPP で農業を自殺に追い込む?#特許 #ACTA

『百七十二: TPPについて_No.3』
●TPPについて - 日本の皆さんへのメッセージ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/tpp_no3-38fe.html
http://www.youtube.com/watch?v=6-uZx2HFn5U

『百五十三:『人口削減計画』等について_No.6』
●【日本も危ない】チリの遺伝子組み換え食品反対運動【TPP】
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no6-c62c.html
http://www.youtube.com/watch?v=nuj47k2I-ww

『百三十五: 『人口削減計画』等について_No.2』
●【衝撃】恐怖の遺伝子組み換え作物【驚異の毒性】
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no2-475d.html
http://www.youtube.com/watch?v=U6f5neFmPDY

『百二十八: 遺伝子組み換え食品について_No.17』
●ラウンドアップ遺伝子組換え癌腫瘍実験での発見を専門家が討論
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no17-54c4.html
http://www.youtube.com/watch?v=4XPP6iy13as

『百十六: 遺伝子組み換え食品について_No.16』
●研究では遺伝子組換え食品が癌腫瘍の原因である事が明らかになる
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no16-7a84.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11363259421.html
http://www.youtube.com/watch?v=g_eNUK9GYbg

『百十一: 遺伝子組み換え食品について_No.15』
●ジェフリー・スミス GMO、2012年1月更新情報
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no15-c74e.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11164690246.html
http://www.youtube.com/watch?v=N54INuG6iUU

『八十三: TPPについて_No.2』
●TPP交渉参加を前に農業団体などが全国各地で一斉にTPP反対訴える
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/tpp_no2-5ea2.html
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00248094.html

『六十八: 遺伝子組み換え食品について_No.14』
●インドでの遺伝子組換えによる荒廃
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no14-f6d8.html
http://www.youtube.com/watch?v=MVwzOQGVz28

『六十二: News_No.235』
●“モンサント保護計画”: ヨーロッパでのモンサントGMOごまかし作戦
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/news_no235-9651.html
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/gmo-bdda.html

『五十: News_No.233』
●遺伝子組み換え原料を使った日本の商品
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/news_no233-11a0.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51886419.html
http://hadou21.com/

『三十三: 日本の海外農業政策について_No.2』
●TICAD V:モザンビークの人々から安倍首相に手渡された驚くべき公開書簡
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no2-208c.html
http://www.huffingtonpost.jp/maiko-morishita/ticad-v_b_3373974.html

『二十六: 日本の海外農業政策について』
●TICAD V:モザンビークの人々から安倍首相に手渡された驚くべき公開書簡
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/post-9e9e.html
http://www.huffingtonpost.jp/maiko-morishita/ticad-v_b_3373974.html

『十八:遺伝子組み換え食品について_No.13』
●モンサント反対は 地球と人類の多様性の自由への呼びかけ #TPP #MAM ヴァンダナ シヴァ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no13-8e5f.html
http://solesoleil.exblog.jp/20312561
http://www.youtube.com/watch?v=2seOg54PerI

『八:遺伝子組換え食品について_No.12』
●未認可の遺伝子組み換え小麦、米で見つかる、●米国で未承認の遺伝子組み換え小麦、、、、
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no12-ed97.html
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM31016_R30C13A5EB2000/
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE94U01J20130531

『三:遺伝子組換え食品について_No.11』
●モンスター食品」が世界を食いつくす! イースト・プレス刊 船瀬俊介
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no11-3399.html
http://solesoleil.exblog.jp/20285889
http://www.youtube.com/watch?v=wuxgAInALD0

モンスター食品」が世界を食いつくす! イースト・プレス刊  船瀬俊介
YouTube: モンスター食品」が世界を食いつくす! イースト・プレス刊  船瀬俊介

『三千三百二十九:遺伝子組み換え食品について_No.10』
●はあ~っ、モンサント社製の胡瓜を食べたら。。。股間の毛がみな抜けました。
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no10-8a98.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51884839.html
http://intellihub.com/2013/05/28/monsanto-cucumbers-cause-genital-baldness-immediately-banned-in-nova-scotia/

『三千三百二十四:News_No.217』
●TPP参加しても食の安全性は下がらない? その理由〈AERA〉
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/news_no217-3ff6.html
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130528-00000002-sasahi-soci

『三千三百二十二: TPPについて』
●テキサスでのTPP反対集会
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/tpp-3f78.html
http://www.youtube.com/watch?v=Lcci9YAeMNc

テキサスでのTPP反対集会
YouTube: テキサスでのTPP反対集会

『三千三百十八: 遺伝子組み換え食品について_No.9』
●モンサントに反対する行進~世界的草の根運動
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no9-4f17.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11538612582.html
http://solesoleil.exblog.jp/20285889
http://www.youtube.com/watch?v=5KHuiVBdR8g

『三千三百二:遺伝子組み換え食品について_No.8』
●モンサント 遺伝子組換食物「ネズミに腫瘍」報告 仏政府検証へ #TPP
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no8-5aeb.html
http://www.youtube.com/watch?v=JPJ59dIInRw

『三千二百八十八:遺伝子組み換え食品について_No.7』
●食物システムの問題 11歳の少年による講演 遺伝子組換 モンサント
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no7-f597.html
http://www.youtube.com/watch?v=JPJ59dIInRw

『三千二百七十六:遺伝子組み換え食品について_No.6』
●ジェフリー M. スミス 遺伝子組換食品の脅威④
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no6-f6ec.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11142824905.html
http://www.youtube.com/watch?v=xgvSxCZsA3k

ジェフリー M. スミス  遺伝子組換食品の脅威④
YouTube: ジェフリー M. スミス  遺伝子組換食品の脅威④

『三千二百五十五:遺伝子組み換え食品について_No.5』
●ジェフリー M. スミス 遺伝子組換食品の脅威 ③
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no5-4069.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11142824905.html
http://www.youtube.com/watch?v=-AVom7qBQrw

『三千二百三十一:遺伝子組み換え食品について_No.4』
●ジェフリー M. スミス 遺伝子組換食品の脅威 ②
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no4-f62b.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11142824905.html
http://www.youtube.com/watch?v=m-LLpgXuG_E

『三千二百一:遺伝子組み換え食品について_No.3』
●ジェフリー M. スミス 遺伝子組換食品の脅威 ①
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no3-cce1.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11142824905.html
http://www.youtube.com/watch?v=3OOK-lKgW_4

『三千百九十四:遺伝子組み換え食品について_No.2』
●『遺伝子組換食品は臓器の機能を変えてしまう』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no2-1dd5.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11156840192.html?via_ameba_id=manaoli&via_pocket_id=1024715
http://www.youtube.com/watch?v=aBXQKbGmqSU

遺伝子組換食品は臓器の機能を変えてしまう
YouTube: 遺伝子組換食品は臓器の機能を変えてしまう

『三千百五十四:遺伝子組み換え食品について』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/04/post-f32e.html
http://www.naoru.com/idensi-kumi.htm

『四:私の見かけたビデオについて_No.2』
●主流メディアが真実を報道しない歴史的な背景: CFR 外交問題評議会
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no2-dbb9.html
http://www.youtube.com/watch?v=a0jP6aWrTLw

 

                                        坂本  誠

2013年9月29日 (日)

三百六十七: 翼

_2_3

 

                 (『翼』  坂本  誠  作)

 

 

                                        坂本  誠

三百六十六: 古代文明について

こんにちわ。

私の見かけた古代文明に関するニュースで、気になったニュースのヘッドラインを、ご紹介します。

(以下、「InDeep」様、2013/9/28記事より引用)
--------------------------------------
●世界各地で見つかる「失われた大陸」:大西洋のポルトガル領海沖でピラミッド状の建造物が確認される
http://oka-jp.seesaa.net/article/376015556.html
--------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、参考情報)
----------------------
『七十七:私の見かけたビデオについて_No.14』
●アフリカで発見された200,000年(20万年)を経たアヌンナキの都市
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no14-51ce.html
http://solesoleil.exblog.jp/20343570/
http://mizu888.at.webry.info/201306/article_62.html
http://www.youtube.com/watch?v=CwggVFKzjAE

200,000 Year Old Annunaki Cities Discovered in Africa
YouTube: 200,000 Year Old Annunaki Cities Discovered in Africa


 

 

                                        坂本  誠

三百六十五: 翼

             翼


      目を閉じて
      暗闇の中に居座ると
      胸の中に
      心の翼が広がる。

      翼の手を伸ばしつつ
      この世を飛び立ち
      見えない野原の
      大空に吸われる。

      花や草が
      鳥と共に
      空に浮べば
      人も魚も舞い上がる。

      空の森に
      僕等は泳ぎながら
      暖かさの奥で
      重なりあい、上に沈む。

      その中から生まれた
      新たな僕は
      虹の翼をはばたかせ
      外を目指す。

      空を越え、
      時を越え、
      無を越え、
      心を越える。

      消えゆく翼は
      音と光の中に昇り開かれる。
      形を失って
      僕は速さだけになってゆく。

 

                                        坂本  誠

P9080147

2013年9月28日 (土)

三百六十四: 収穫の秋

こんばんわ。

季節は秋になりました。
肌に当たる風にも、涼しさを感じます。

こんな涼しい風に当たりながら、今日は我が家の畑の収穫をしました。
サツマイモのつるがたくさん生えていたので、大量に収穫しました。

サツマイモ自体は、あまり収穫しなかったのですが。
また、サトイモも収穫してきました。

意外に、サツマイモのつるの料理も美味しいものです。
また、サツマイモとかサトイモを取ったりして、それを料理に使うのも、やはり、秋の食感とも言えるものでしょうか。
涼しげな風を受けながら、野菜を収穫して、収穫をしている時に、それらの味を想像してみると、食べるのも楽しく感じますね。

P9280149



 

                                        坂本  誠

三百六十三: News_No.329

こんばんわ。

私の気になりましたニュースを、抜粋してご紹介したいと思います。

(以下、「朝日新聞(朝刊)」、2013/9/26記事より引用)
--------------------------------------
●「プロメテウスの罠 追いかける男⑯ なにか起きている」

高知県四万十市。
木村俊雄(49)がパソコンの画面を見ながら「おかしい」と首をかしげる。

作ったグラフを机に並べた。
原子炉圧力容器の中を高速循環する冷却水に関するグラフだ。
その動きは核燃料の燃え方を左右する。
「再循環ポンプが止まったら冷却水は自然循環するのがマニュアルなのに、そうなっていない」

            :
    (以下、中略)
            :
2011年3月11日。
過渡現象記録によると、1号機の原子炉が地震を感知したのが午後2時47分3秒だった。
      :
   (以下、中略)
      :
「自然循環は原子炉固有の安全性の一つとして述べられています。なにかが起きていますね。通常の停止の挙動とはかけ離れている。」
      :
   (以下、中略)
      :
「一時的に1台だけ動かして試験しましたから。しかしそれは1台が数十秒間動いた場合。今回は違う。」
      :
   (以下、中略)
      :
再循環ポンプの振動が大きすぎることも気になる、と明かす。
      :
   (以下、省略)
--------------------------------------
(引用終わり)

(以下、「朝日新聞(朝刊)」、2013/9/28記事より引用)
--------------------------------------
●「プロメテウスの罠 追いかける男⑱ データ絶対あるはず」

東京電力の元社員、木村俊雄(49)は9月15日の日曜日も高知県四万十市のせいぶ印刷工場にいた。
パソコンの前に座り、過渡現象記録装置のデータに目を通す。
不意に声を上げた。
「おかしいな。データが少ない。制御棒駆動水流のデータもない。絶対にあるはずなんですが。」
      :
   (以下、中略)
      :
「『使用不可』と書かれたデータがたくさんある。地震トリップ信号も原子炉スクラム信号も使用不可。こんなこと、あり得ない。」

            :
    (以下、中略)
            :
「データが操作されているんじゃないかなあ」
とぼそり。
「生データが見たい。東電は持っているデータを全部出すべきだと思います。」
      :
   (以下、省略)
--------------------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、および、参考記事、関連情報)
----------------------
(以下、「ほんとうがいちばん」様、2013/9/24記事より引用)
--------------------------------------
●Keshe氏 「日本の状況へ…この技術は利用可能でその多くを止めることができるのに…」動画(26)
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_112.html

転載元:庶民の見方さんより
http://sunshine849.blog.fc2.com/blog-entry-150.html

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (26)

Keshe_Interview-2011.flv
http://www.youtube.com/watch?v=omRD7O9ZerM

Keshe_Interview-2011.flv
YouTube: Keshe_Interview-2011.flv

【1:50:07~】

一方で、周知の通り、日本の状況のために、現在私たちのすべては、非常に極度に放射線を照射されている。

この技術は、少なくとも大気から、ほとんどの放射線を吸収することができる。
その結果私たちの次世代に、生まれながらの障害はない。

技術が利用可能で、私たちはその多くを止めることができるのに、現時点では、自分たちは非常に利口だと考える、ある特定の人々が利益を守ろうとしている。
これもまた、人々の欲というものを示している。

しかし、十分に奇妙なことは、彼らの子どもや家族も同じ放射線によって被ばくしているということだ。

したがって、ある意味では、彼らは自分たちの根を破壊している。
--------------------------------------
(引用終わり)

『百四十:私の見かけたビデオについて_No.20』
●【原口前総務相】福島第一原発の安全装置は小泉政権が撤去していた
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no20-13d7.html
http://www.youtube.com/watch?v=8e-Z2gn2F5A

【原口前総務相】福島第一原発の安全装置は小泉政権が撤去していた
YouTube: 【原口前総務相】福島第一原発の安全装置は小泉政権が撤去していた

『二百二十:私の見かけたビデオについて_No.25』
●福島県双葉町の元町長・井戸川 克隆 さんの街頭演説 @ 新宿 (1) [ 2013.07.16 ]
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no25-3a77.html
http://www.youtube.com/watch?v=kNGH17igez8

福島県双葉町の元町長・井戸川 克隆 さんの街頭演説 @ 新宿 (1) [ 2013.07.16 ]
YouTube: 福島県双葉町の元町長・井戸川 克隆 さんの街頭演説 @ 新宿 (1) [ 2013.07.16 ]

『二百四十三:フクシマ原発関係News_No.4』
●日米地位協定という不平等条約が原発問題の根源なのです
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no4-397a.html
http://www.rokujo-radium.com/blog/index.php?entry=entry130417-175131

61s0j85m4wl_aa300_1

『二千四百二十一:お知らせ_No.34』
● ★『フクシマの嘘』 独ZDFテレビ フルバージョン
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/09/_no34-5523.html
http://www.youtube.com/watch?v=4Z38NR0mn_M

★『フクシマの嘘』 独ZDFテレビ フルバージョン
YouTube: ★『フクシマの嘘』 独ZDFテレビ フルバージョン

『百四十九:私の見かけたビデオについて_No.21』
●内部告発!(元アメリカ国家安全保障局) 『311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った!』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no21-0943.html
https://www.youtube.com/watch?v=ZCEmFIMrRVE

内部告発!(元アメリカ国家安全保障局) 『311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った!』
YouTube: 内部告発!(元アメリカ国家安全保障局) 『311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った!』

『二千九百八:HAARPについて』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/02/haarp-f5b9.html

 
高周波活性オーロラ調査プログラム - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%B4%BB%E6%80%A7%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%A9%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0

300pxhaarp20l1

 

                                        坂本  誠

2013年9月27日 (金)

三百六十二: 宇宙と水

          宇宙と水


      宇宙に飛び出て、
      宇宙そのものに抱かれる時。

      それは
      透明で 羽毛のような水に
      抱かれる一時だ。

 

                                        坂本  誠

Img7d94c76145ce_2

三百六十一: 春の子供達

The_children_in_spring 

 

                 (『春の子供達』  坂本  誠  作)

 

                                        坂本  誠

2013年9月26日 (木)

三百六十: お知らせ_No.158

(以下、「日本や世界や宇宙の動向」様、2013/9/20記事より引用)
--------------------------------------

●国際決済銀行が破たん?

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51900005.html

日本ではまだ伝えられていませんが、世界最大の国際決済銀行が破たんしたとのニュースが飛び込んできました。
もしこれが正確な情報であるなら。。。
中央銀行は戦々恐々としているのではないでしょうか。

人々が気付かない間に金融帝国の城が崩れ落ちているような気がします。
ただ、意図的に世界的な金融崩壊が仕組まれているのだとしたら、裏で大きな利益を得ている輩がいるはずです、これはもうどうしょうもありません。

「憎まれっ子世にはばかる」には、本当に深い意味が隠されているのだとつくづく感じる今日この頃です。

アメリカでは、これも米国民が気が付かない間に、徐々に、全体主義独裁国家体制が完成されようとしています。
多くの米国民が知らない間に水面下でそれが進んでいるのですから恐ろしいことです。

この動きを米国民自身が止めないと、このような国家体制は日本にも影響を与えます。
独裁国家が西と東にできてしまうからです。
また、TPPの交渉もアメリカの要求を呑む形で年末に合意されてしまうのではないかと懸念しています。
どうもこの秋から年末が様々な点で日本も世界的にもクライマックスのような気がしてなりません。

http://beforeitsnews.com/economics-and-politics/2013/09/largest-bank-in-world-announces-crash-2456544.html

(概要)
9月19日付け:

ドイツからの情報によると、世界最大の銀行のBIS国際決済銀行が破たんしたことが発表されました。
米FRBがQE(金融緩和策)をこれまで通り永久的に継続することを決定したのもこれが原因なのでしょうか。
これでアメリカの経済も国自体も破たんするという新たな段階に入ったような気がします。
しかも政府はこのことを一切隠さないようになりました。
BISは自ら破たんしたと発表しました。

FRBにQEを継続せよと命令したのもBISなのではないでしょうか。
中央銀行はいよいよ厳しい状況となったことが分かったようです。

BISが2,3日前に発表した四半期報告では、大量の資金供給が途絶える可能性があると伝えました。
同時に、公債市場が非常に厳しい状況にあるとも伝えました。
中央銀行による異常な金融対策( 制限なく紙幣を刷ること)を続けたことで、市場では大規模金融緩和策で根本的な問題が解決されるという錯覚を作り上げてしまったのです。
しかしそれを続けると負債が益々増えていくだけなのです。

このことが判明したことで、FRBのバーナンキ議長、FOMC連邦公開市場委員会そしてFRBは怖気づいているのではないでしょうか。
しかし、予期していた通り、 大量の資金供給が終焉したことで、FRBはQEをこれまで通り続けることを決定したのです。

BISの専門家からすれば、問題は何も解決していないし、全ての問題が深刻化しているだけだなのです。
BISは問題の種を瓶の中に入れて蓋をしてしまう方法すら分かりませんから、どうしても金融システム内部の専門家たちに耳を傾けてしまうのです。
しかし、もはやBISは事実上機能していませんから、かえって明白な表現をすることができるようになりました。
BISの元チーフ・エコノミスト、ウィリアム・ホワイト氏は、BISが発表したことと同じ内容を伝えています。
つまり、金融大崩壊が起こることを伝えています。

--------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『三百五十六: お知らせ_No.157』
●【再掲】 米20ドル新札、ユーロ新札には既にチップが埋め込まれ電波を発している
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no157-a44c.html
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_121.html
http://www.asyura2.com/0401/dispute16/msg/593.html
http://www.prisonplanet.com/022904rfidtagsexplode.html

137404774840913227109_290204notes11 
『二百九十三:私の見かけたビデオについて_No.32』
●エコノミック・ヒットマンが語る恐るべき真実
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no32-4ef3.html
http://www.youtube.com/watch?v=-sS71C6oa8A

エコノミック・ヒットマンが語る恐るべき真実
YouTube: エコノミック・ヒットマンが語る恐るべき真実

『二百九十七: 私の見かけたビデオについて_No.33』
●初めて実行員が暴露した、アメリカの国際陰謀・工作秘史
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no33-6b51.html
http://www.youtube.com/watch?v=BhfCgO0ItY8

初めて実行員が暴露した、アメリカの国際陰謀・工作秘史
YouTube: 初めて実行員が暴露した、アメリカの国際陰謀・工作秘史

(以下、「ほんとうがいちばん」様、2013/9/24記事)
●世界最大の銀行、BIS(国際決済銀行)が破綻という情報がある
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_111.html
(以下、「みんなでスピリチュアル」様、2013/9/19記事)
http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-734.html

 

                                        坂本  誠

三百五十九: 秋の散歩(独白)

秋の山の上の野原で散歩をした。

かなり、暑い夏で、残暑もいまだ厳しいけれど、山の上は、軽やかな涼しい風が吹いて、涼しかった。 少しばかり、石碑に腰かけてみて、緑の野原を見渡す。 それから、靴を脱いで、クローバー畑の上を素足で歩く。 クローバーの草が絨毯(じゅうたん)のようで、足の裏に気持ちが良い。

その状態で、そっと、クローバー畑の上を歩いてみる。 涼しい風が、まるで、緑の色を帯びているようだ。 その風を、何回も大きな深呼吸で吸い込んでみる。 肺の中や、身体の中や、頭の中までも、緑に浸されたかのように感じる。 まるで、葉緑素で、身体が満たされたかのよう。

秋の山の上の野原の散歩は、さみどりの中に包まれているかのよう。

P5070150 

 

                                        坂本  誠

三百五十八: 私の見かけたビデオについて_No.36

私は以下のビデオを見かける機会がありました。

以下にビデオの内容の導入部分を書きます。
-------------------------------------
ハンガリー 借金返済しIMF (国際通貨基金)を追い出す EU離脱も視野に? #keizai #seiji
http://www.youtube.com/watch?v=f9K1MXF7des

ハンガリー 借金返済しIMF (国際通貨基金)を追い出す EU離脱も視野に?#keizai #seiji
YouTube: ハンガリー 借金返済しIMF (国際通貨基金)を追い出す EU離脱も視野に?#keizai #seiji

公開日: 2013/09/15

「ハンガリーは国際通貨基金への債務を返済しつつあり、その後、債権者が国を離れることを望みます。」
「ハンガリーは5年前にワシントン本拠地とするこの組織から250億ドルの融資で救済されました。」
「しかし、融資援助は更新せず、詳細にわたる政策についての精査を回避します。」
「ブタペストがどのように自由になったかを検証します。」
       :
    (以下、省略)
       :
-------------------------------------
(ビデオの導入部分の書き出し終わり)

以下は、上記ビデオと、ほぼ、同じニュースです。

(以下、「日本や世界や宇宙の動向」様、2013/9/2記事より引用)
-------------------------------------

●ハンガリーはIMFや国際金融機関を追放しようとしています。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51897905.html

(邦訳:「日本や世界や宇宙の動向」様)

http://beforeitsnews.com/banksters/2013/08/hungary-tells-banksters-to-get-the-f-out-of-their-country-and-take-the-imf-with-you-videos-2433440.html

(概要)
8月31日付け:
多くの国々がハンガリーと同様に処置を講じるべきです。
世界からIMFを追い出しIMFを崩壊させるべきです。
今や世界経済が崩壊しています。
そしてハンガリーは世界で初めてグローバル銀行を追放しようとしているのです。
ハンガリーが経済的自由を取り戻す世界発の国となりました。

REALIST NEWS - Hungary Pays Off IMF - Tells them To Get Lost!
http://www.youtube.com/watch?v=yqEgBOjYkw8

REALIST NEWS - Hungary Pays Off IMF - Tells them To Get Lost!
YouTube: REALIST NEWS - Hungary Pays Off IMF - Tells them To Get Lost!

(ビデオ 概要)
ハンガリーは世界発の歴史的快挙を成し遂げようとしています。 1930年代のドイツ以来、主なヨーロッパ諸国はロスチャイルドが支配するグローバル銀行カルテルによる縛りから開放されようとはしませんでした。
今回、このようなグローバル銀行の独裁者集団から自由を勝ち取るための戦いを全世界の愛国者らに促すことになる驚くべきニュースが飛び込んできました。
ハンガリーのビクトル・オルバーン首相は、2011年に、前首相(社会主義者)が、テロリスト国家のイスラエルとIMFの厳しい方針に従い、国民を底なし負債の奴隷にさせてしまったことに関し、前首相に対する法的処置を実施すると国民に約束していたのです。
ハンガリーの前政権は、上層部まで、イスラエルにむしばまれていました。
その結果、国民の怒りを買い、国民は現政権(フィデス党)を選んだのです。
ナショナル・ジャーナルというドイツ語ウェブサイトの記事によると、オルバーン首相は、高利貸し(グローバル銀行の独裁者集団)をハンガリーから追い出そうとしていると伝えられています。
国民から高い支持を得ている愛国者のオルバーン首相は、IMFに対して、ハンガリーはこれ以上、ロスチャイルドが支配する民間の中央銀行であるFRBからの支援を受けないと伝えました。
その結果、ハンガリー政府は、独自の通貨の支配権を取戻し、必要なときに、負債のない通貨を発行することができるようになったのです。
そして、巨額の負債で身動きが取れなかったハンガリーの経済が急速に回復してきました。
これはかつての民族社会主義ドイツと同じ状況です。
ハンガリーの経済省は、規律ある予算政策により、2013年8月12日に、2014年までにIMFに返済すべき負債(22億ユーロ)を完済したと伝えています。
オルバーン首相は「ハンガリーは、IMFやFRBやロスチャイルドが支配するグローバル銀行の干渉なしに、投資家の信頼を勝ち取った。」と宣言しました。
また、「ハンガリーに投資する投資家は、国や国民を豊かにする真の経済成長を促している。」とも言いました。
これは金権政治家による表面的な繁栄を示すものではありません。
国民に雇用機会を与え、生活の改善を促す生産的な投資なのです。
ハンガリーは負債を抱えた奴隷の立場から解放されました。
そして、民間の金融機関を豊かにするのではなく、国民の福利厚生の目的で政府が直接運営するハンガリー中央銀行の総裁は、IMFに対し、「古代ヨーロッパの地から出ていくように!」と要請しました。
さらには、ハンガリーの検事総長は、アイスランドの取り組みに追従し、犯罪行為による巨額の負債を国民に負わせた罪で、前首相と2人の元首相を告訴しました。
さらには。。。
今後ハンガリーが実施しようとしている外国為替のバーター取引制(かつてのドイツが実施していた制度であり、BRICSはすでに導入している制度)が始まれば、ハンガリーの既存の金融機関は完全に破壊されるでしょう。
そしてもしアメリカがハンガリーのやり方を追従すれば、アメリカも金融独裁者らから解放され、再び平和的に繁栄することができるようになるでしょう。

-------------------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『二百七十四:銀行制度について』
●「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女の講演 #KEIZAI #tpp
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-86f8.html
http://www.youtube.com/watch?v=ABkW3SRtEz0

「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女の講演 #KEIZAI #tpp
YouTube: 「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女の講演 #KEIZAI #tpp

『二百五十三: News_No.298』
●アメリカの真実(2) ケネディ大統領が発行を命じた紙幣と残された演説、そしてタイタニック沈没とFRB
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no298-e74a.html
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_44.html

1376229859467132212851

137622987167913221385_5frb1

『二百五十二:FRBについて_No.4』
●ファラカ-ン 銀行家の悪徳を告発する
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no4-87f6.html
http://www.youtube.com/watch?v=EpwW1KdKlOs

『二百四十四: FRBについて_No.3』
●アロンルッソ #keizai 中央銀行による世界奴隷計画 自由からファシズムへ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no3-4169.html
http://www.youtube.com/watch?v=c2HUsKG9Bp8

『二百二十二:FRBについて_No.2』
●米連銀が16兆ドルものお金を世界中の銀行、企業にばら撒いていました!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/frb_no2-9cf7.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51845810.html

『二百十: FRBについて』
●イギリス上院証言 アジアの資金15兆ドルを米国連銀が詐欺横領?12/2/16
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/frb-059f.html
http://mizu888.at.webry.info/201203/article_6.html
http://www.youtube.com/watch?v=q2xteET72es

イギリス上院証言 アジアの資金15兆ドルを米国連銀が詐欺横領?12/2/16
YouTube: イギリス上院証言 アジアの資金15兆ドルを米国連銀が詐欺横領?12/2/16

『二千九百三十二: 中央銀行について_No.4』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/02/_no4-542a.html
●『お金の原価はいくらなの?』
http://homepage2.nifty.com/osiete/s418.htm
●100ドル紙幣を1枚作るのにはいくらくらい原価がかかるのですか? - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q129971462

(以下、「ほんとうがいちばん」様、2013/9/16記事より引用)
●ハンガリー 借金返済しIMF (国際通貨基金)を追い出す EU離脱も視野に?
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_73.html
http://rockway.blog.shinobi.jp/経済/ハンガリーは銀行の足かせを捨て去る

 

                                        坂本  誠

2013年9月25日 (水)

三百五十七: News_No.328

こんばんわ。

私の気になりました幾つかのニュースのヘッドラインを、ご紹介したいと思います。

(以下、「朝日新聞デジタル」、2013/9/25記事より引用)
--------------------------------------
●元特捜部長ら二審も有罪 FD改ざん事件、大阪高裁判決
http://www.asahi.com/national/update/0925/OSK201309250038.html?ref=com_top6_1st

大阪地検特捜部の主任検事による証拠品のフロッピーディスク(FD)の改ざんを隠蔽(いんぺい)したとして、犯人隠避罪に問われた元部長の大坪弘道被告(60)=懲戒免職処分=と元副部長の佐賀元明被告(52)=同=の控訴審判決が25日午後、大阪高裁で(、、、以下、省略)

--------------------------------------
(引用終わり)

(以下、「毎日新聞」、2013/9/24記事より引用)
--------------------------------------
●福岡高検:取り調べ中にナイフの検事 不起訴処分に
http://mainichi.jp/select/news/20130925k0000m040042000c.html

◇佐賀地検が訓告処分

福岡高検は24日、取り調べ中の容疑者の男にカッターナイフの刃を向けたとして特別公務員暴行陵虐容疑で告発された佐賀地検の男性検事について(、、、以下、省略)

--------------------------------------
(引用終わり)

(以下、「時事ドットコム」、2013/9/25記事より引用)
--------------------------------------
●「3倍返し」失念279件=防衛省、水増し防止で契約ミス-会計検査院
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2013092500688

防衛省が、水増し請求をした業者に過払い額の3倍を返還させる「3倍返し」のルールを定めながら、2008~12年度に締結した279件で契約に盛り込むのを失念していたことが25日、会計検査院の調査で分かった。
大規模な水増しが発覚(、、、以下、省略)

--------------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

三百五十六: お知らせ_No.157

(以下、「ほんとうがいちばん」、2013/9/25記事より引用)
--------------------------------------
●【再掲】 米20ドル新札、ユーロ新札には既にチップが埋め込まれ電波を発している
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_121.html

新ドル通貨発行(10月8日)

$100 Note Unveiling Video
http://www.youtube.com/watch?v=JwEBIC0a4RY

$100 Note Unveiling Video
YouTube: $100 Note Unveiling Video

米20ドル新札、ユーロ新札には既にチップが埋め込まれ、電波を発している。
http://www.asyura2.com/0401/dispute16/msg/593.html

RFIDと呼ばれるマイクロチップが人々が全く知らぬ間に既にユーロ札と20ドル米札に組み込まれている。
記事はこれだ。

http://www.prisonplanet.com/022904rfidtagsexplode.html

あるアメリカ人が、店を出るとき買い物もしていないのに、探知機のブザーにかかった。
店員も出てきて調べようとしたが、反応したのは彼の財布だった。
ひょっとして札にチップが入っているのではと思い、通りの反対にある店でアルミホイルを買って、札を包み同じ店を今一度出る実験をしたら、反応しなかった。
つまり、やはり、チップが入っていたことが分かった。

帰宅後、夫婦でいろいろ考えた。
この追跡技術から逃れるにはどうしたらよいか。
で、取りあえず、裸札を電子レンジにかけてみた。
1000ドル分の20ドル紙幣を入れた。
すると、なんとお札に描かれたアンドリュウ=ジャクソン大統領の一方の目の部分が統べて、爆発を起こし、その部分が燃えた。
では、と、アルミホイルに包ん電子レンジにかけた。
すると、札は燃えずに、チップだけを破壊することができた。
これを境に、20ドル札をホイルに包んで電子レンジにかけることが日々の手続きとなっているという。

137404774840913227109_290204notes11 
別の記事だが欧州でも2005年までにすべての札にチップを入れると欧州の銀行が発表していたが、実は既に新しい札にチップが入れられていることが判明したとある。

RFIDはそのチップに盛り込まれた情報が電波で、読み取り機に発信される仕組みとなっている。
これは、商品タグであろうがお札であろうが、全て同一の読み取り機で情報が読めるものである。

あなたがいくら現金を持っているなどということは一発でわかるのだ。
どこで発行したどの札をあなたが所持している、といったことが、読み取り機を持つ側に一発で追跡される。
しかも、読み取り機がどこに設置されているかもわからないのである。
だれかが読み取り機をあなたの自宅に当てれば、あなたの家が幾らの現金をもっているか、ただちに判明する。
あなた自身が身分証明書のマイクロチップ入りカードの携帯を法的に義務化されたら、これも機械で読まれるため、結局どこの誰、つまりあなたが幾ら現金を持っているいうことが、追跡されるのである。

米英パワーエリートによる、地球のすべての個人の監視体制機構が着々と進行しており、このままいけば、いっさい、われわれプライバシーが奪われ、家畜としての扱いを受ける。
彼等は本気であることを銘記すべきである。

日本の新札にも、この技術が投入されることが決まっている。
猛烈に反対すべきである。
逃れられない場合は、上記の方法で毎日すべてのチップを不能にすべし。
--------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『二百四十: 人体埋め込みのマイクロ・チップについて』
●従わない場合にはRFIDチップがあなたを殺すだろう
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-17ed.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11290443973.html
http://www.youtube.com/watch?v=gWb8rF_HwEc

従わない場合にはRFIDチップがあなたを殺すだろう
YouTube: 従わない場合にはRFIDチップがあなたを殺すだろう

 

 

                                        坂本  誠

三百五十五: News_No.327

(以下、「ロイター」、2013/9/25記事より引用)
--------------------------------------

●FOMC声明発表直前に大規模取引か、FRBが調査

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE98N08N20130924

[ワシントン 24日 ロイター]
米連邦準備理事会(FRB)は24日、18日の連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表時にかけて通常みられない取引が発生していたとされる報道をめぐり、通信会社に連絡をとっていることを明らかにした。

CNBCテレビによると、18日東部時間午後2時(1800GMT)にシカゴで一連の取引活動があったが、これら取引は、2時のFOMC声明発表を受けた取引よりも数ミリ秒早く発生していた。

FRBは前週のFOMCで、大方の予想に反して量的緩和縮小を見送った。
FRBの決定を受け、金相場を含め金融市場は全面高となった。

CNBCは、ニューヨーク市の金取引が大きく増える5―7ミリ秒前にシカゴでのComex金先物に大規模な取引があったことを、シカゴの調査会社Nanexが確認したとし「シカゴの一部トレーダーは、他の誰よりも先にFRBの決定にアクセスしたようだ」と伝えた。

Nanexによると、ニューヨークの方がシカゴよりも首都に近く通信時間が短くて済むため、ワシントン発の情報については通常はニューヨークのトレーダーの方がシカゴのトレーダーよりも数ミリ秒早くアクセスできる。

FRBの報道官は、市場が敏感な情報を政府機関が公開する他のケースと同様、解禁時刻制限のある情報をFRBから受ける通信会社は、指定時刻になるまで情報を一般開示しないことに文書で同意しているとし「FRBの定める手続きが完全に理解されていることを確実にするため、通信会社と連絡を取っている」と説明した。

--------------------------------------

(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

2013年9月24日 (火)

三百五十四: 月

_3_2

 

                 (『月』  坂本  誠  作)

 

                            坂本  誠

三百五十三: 私の見かけたビデオについて_No.35

私は以下のビデオを見かける機会がありました。

ご紹介しておきます。

(以下、「ほんとうがいちばん」様、2013/9/23記事より引用)
--------------------------------
拡散!盗聴されていたマイケルの最後の電話が流出
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_110.html

(釣り動画です。)盗聴されていたマイケルの最後の電話が流出
YouTube: (釣り動画です。)盗聴されていたマイケルの最後の電話が流出

 

公開日: 2013/09/22
この動画は削除される可能性が高いのでダウンロード&拡散推奨です。
削除される前に見て下さい

(字幕書き下ろし“天下泰平“さんより引用)
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51870825.html

137993156963581536227_201309231 
このビデオを見る人々へ。
もしくはこの音声を聞く人々へ。
あなたに何が起きているのかを気づかせたいのです。
この情報を広めるべきだと感じているのです。
実際、良く眠れるようになる事でしょう。

私は自分の顔を晒していますし、自分の名前も明かします。
自分を守る為にです。
そすれば何かが私に起きた時に、あなたはそれが事故でない事がわかるのです。

私の名前はロバート・コナーズです。
そして国防省に20年以上仕えています。
その前にはイランやベトナム両方で現役キャンペーンに仕えました。
誇りと栄誉を持って国に仕えてきました。
私の記録自体がそれを示しています。

元国防総省のスパイとして、憲法を守り、海外や国内の危険性を軽減させる事は私の責務でした。
子供達の為、今では孫達の為に、より安全な世界を作ろうと私は国防省に加わりました。
残念な事に、私のキャリア最後の10年は、この偉大な国、市民にとって、最大の危機の一員に自分がなっているのを見てきました。

1994年3月、私は通信所長としてオペレーションセドウィックと呼ばれるプロジェクトに入れられました。
このプロジェクトは、1989年にロナルド・ウィルソン・レーガン下によって形成されました。
このプログラムは“MKウルトラ”と呼ばれるプロジェクトの第2ステージでした。
これは音楽を通し、アフリカ系アメリカの人口と都会の若者をコントロールすることを目的とされていました。

はい。
お聞きのとおり“音楽を通して”です。
私の所有するものにビデオや音声録音のシリーズがあります。
このプロジェクトの詳細や実在ですが、私の部門は全ての文書や資料映像を破壊するよう命じられました。

しかし、私の良心がそれをする事ができませんでした。
この情報はアメリカ市民が一家を含め、全くのデタラメを伝えられた事についてです。“lesane parish crooks”の第1級殺人から2パックとして知られています。
連邦政府、世界を超えて影響を与える存在は、これらのテープの中で明らかになります。

私のいた国防総省にいた友人達へ。
どうか・・・私のこの行動に加わって下さい。

聖書にはこうあります。
正しいことが何かを知っている者が、それを怠ることは罪である。
もはや私は、罪の中に生きることは出来ないのです。

ですから、9月23日の月曜日まで国防総省に正しいことをするように時間を与えます。
そして、この情報を暴露します。

彼等がそうしなければ、私はそれらのテープをメディアに流出させます。
そして嘘をついていない事を示す為にYoutubeへマイケルジャクソンの最後の電話を流出させます。
彼が亡くなる数時間前の会話です。

ジャクソン氏の電話は盗聴されていました。
彼は自分が殺されるという政府の陰謀について話をしていました。
このチャンネルのビデオは、恐らく削除される事でしょう。
ですから、あなたに促します。

どうか私の流出する全てを保存し、ダウンロードし、再アップロードして下さい。

情報の自由の為にです。

神の祝福が皆さんにありますように。
聞いてくれてありがとうございます。
-------------------------------------------
2009年6月24日マイケル・ジャクソン最後の電話

137993163573054037227_8d736e02s1

ジャクソン氏殺害前の晩に録音されました。
多くの高レベル職員達は偉大に働きました。
これを録音する為にかかった長さは一般からは隠されています。
以下の音声は国防総省の信頼できるソースから受け取りました。

ディーター :
マイケル、どうかしたのかい?

マイケル :
これを君に言うべきかわらないんだけれど、
誰がこれを聞いているかわからない。
ある集団があるのかもしれない、
彼等は僕を追い払いたいんだ。
彼等はもう僕にここにいてもらいたくないんだ。

ディーター :
わからないよ。どういう意味なんだい?教えてくれよ。

マイケル :
電話では言う事が出来ないんだ。
何が起きるかわからないんだよ。
でも、心でそれを感じているんだ。
神様だけが知っているんだ。
彼等は僕を撃ち殺せるだろうし、僕を刺し殺す事も出来るだろうし、僕を陥れて、薬物乱用だって言う事だって出来る。
彼等はいくらだって出来るんだ。

ディーター :
誰だよ?誰がそんな事を出きるんだい?

マイケル :
それは、政府じゃない。
政府以上の連中だよ。
ディーター、でもわからないよ。
どうでもいいんだ・・・彼等が僕を連れて行こうが。
もう自分の人生ですらどうでもいんだよ。
僕の子供達、僕の天使達に大丈夫でいてもらいたいんだ。
彼らに安全でいてもらいたいんだ。

ディーター :
マイケル・・・

マイケル :
僕は行かなくちゃ
--------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『二百三十六:MKウルトラについて』
●ジェシー・ベンチュラの陰謀論 -MKウルトラ ①
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/mk-c1a8.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11273732688.html
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_36.html
http://www.youtube.com/watch?v=4ffXSt-8v_4

ジェシー・ベンチュラの陰謀論 -MKウルトラ ①
YouTube: ジェシー・ベンチュラの陰謀論 -MKウルトラ ①

 

MKウルトラ計画 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/MK%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E8%A8%88%E7%94%BB

(以下、「MKウルトラ計画 - Wikipedia」より引用)
-------------------
MKウルトラ計画(Project MK-ULTRA、MKウルトラ作戦とも)とは、アメリカ中央情報局(CIA)科学技術本部が極秘裏に実施していた洗脳実験のコードネーム。
米加両国の国民を被験者として、1950年代初頭から少なくとも1960年代末まで行われていたとされる[1][2]。
1973年に時のCIA長官リチャード・ヘルムズが関連文書の破棄を命じたものの、辛うじて残されていた数枚の文書が1975年、アメリカ連邦議会において初公開された[3]。
最終更新 2013年3月31日 (日) 01:01 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
-------------------

                                        坂本  誠

2013年9月23日 (月)

三百五十二: 飛翔

              飛翔


      大空の中を
      静かに
      高く高く飛び回る。

      僕の翼は  薄い雲のよう。

      僕は  小さな光の一点のよう。
      雲の間を
      高速で  ゆったりと  飛び回る。

      僕は
      重さの無い
      水晶宮のような
      小さな音楽を
      胸に抱いている。

      その軽やかな音楽を
      そっと  抱きしめたまま
      音の無い飛行を
      ずっと続ける。

      青空の中を。

 

                                        坂本  誠

Img7d9392d02693_2

Powered by Six Apart
フォトアルバム