« 二百四十四: FRBについて_No.3 | メイン | 二百四十六: お知らせ_No.151 »

2013年8月 4日 (日)

二百四十五: 休日(独白)

今日は、日曜日の休日だった。
いつもは、暑い日が続いたが、今日の昼に雨が降ってくれた。
そんなにたくさんは、降らなかったけど、気温は大いに下がってくれた。
助かった。

暑い日の雨に、ありがたいものを感じる。
普通は、雨の日というものは、敬遠されがちだけど、こんな夏の暑さの日の雨は、慈雨の雨と呼ぶべきものだろう。

そのまま、ふらりと外に出て、街の通りをぶらついてみる。
人々の笑顔に触れていると、心が安らぐ。

そのまま、ほんのちょっとだけ、自然の中に出てみるのも気持ちが良い。
雨上がりの夏の夕暮れというのは、気温も下がって、「夕涼み(ゆうすずみ)」という言葉を再び、思い出せることが出来た。
「夕涼み」という言葉を思い出せたことにも、なんとなく、ほのかな喜びを感じてしまう。

                        
                        
                坂本  誠Img7d946aa237f8

Powered by Six Apart
フォトアルバム