« 二百三十七: News_No.294 | メイン | 二百三十九: フクシマ原発関係News_No.2 »

2013年8月 1日 (木)

二百三十八: フクシマ原発関係News_No.1

フクシマ原発関係のニュースを集めています。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせてもらっています。

(以下、『YAHOO! JAPAN ニュース』、2013/7/24記事より引用)
-------------------------------

「被ばくを言ったら30秒」?山本太郎氏、ミヤネ屋に出演
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130724-00000301-alterna-soci

オルタナ 7月24日(水)10時30分配信

参院選東京選挙区で当選した俳優の山本太郎氏が22日昼、読売テレビの番組「情報ライブ  ミヤネ屋」に出演した。
山本太郎氏が食品中の放射線物質の基準値について話し始めると程なくCMが入り、ネット上では「被ばくを言ったら30秒」などと話題になっている。

番組で山本氏は、読売テレビ報道局解説副委員長の春川正明氏が「民放テレビがスポンサーの関係で本当のことを言えない、と山本氏が言ったが、それは全然間違い」と述べたのに応えて発言。
持ち時間が約1分あるのを確認し、「自身の経験にも照らして、スポンサーの影響は確実にある」と前置きしつつ「食品(に含まれる放射性物質)の安全基準は現在1キログラム当たり100ベクレルだが、(低レベル)放射性廃棄物と同等であるということはテレビから伝わっていない」と話した。

そして「被ばくに対してタブーがある」と述べたところで突然CMを告げる音楽が鳴り、山本氏のコメントは中断。
山本氏は最後に「これに懲りずに出してくださいね」と笑顔でおどけた。

持ち時間を20秒ほど残しての出来事に、視聴者らはツイッターなどで「被ばくを言ったら30秒」「さすが圧力」などとコメント。
一方で「リクルート事件での日本テレビ報道は、スポンサーの影響を排除した最も素晴らしい例だ」と春川氏を擁護する書き込みも見られた。

読売テレビは取材に対し「番組編成上、CMに入る時間は確定しており、自動的にCMに入ることになっていた」と回答している。
(オルタナ編集委員=斉藤円華)

-------------------------------
(引用終わり)

(以下、『東京江戸川放射線』様、2013/8/1記事より引用)
-----------------------------

http://radiation7.blog.fc2.com/blog-entry-2518.html

東北・首都圏に降り注ぐ放射能、

福島800ベクレル、
仙台16ベクレル、
茨城3.8ベクレル、
東京2.9ベクレル、
千葉2.8ベクレル、
埼玉2.5ベクレル、
群馬2.3ベクレル、
栃木1.6ベクレル、
神奈川1.1ベクレル
(2013年6月分 文部科学省)

環境放射能水準調査結果(月間降下物)
[Readings of environmental radioactivity level by prefecture (Fallout)]
(H25年6月分 [June, 2013])

http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/8000/7916/24/195_Jun_0731.pdf

Photo
-----------------------------
(引用終わり)

(以下、『福島民報』、2013/8/1記事より引用)
-----------------------------

除染会社2社長再逮捕  川内で少年働かせた疑い
http://www.minpo.jp/news/detail/2013080110004
-----------------------------
(引用終わり)

(以下、『ロシアの声』、2013/8/1記事より引用)
-------------------------------
東電:福島第一原発の汚染水流出は2年前から分かっていた
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_01/fukushimadaiichi-mizu/

東京電力は福島第一原発から汚染水が流出していることを2011年4月には知っていながら、その後2年以上、注意を払ってこなかった。
朝日新聞が報じた。

朝日によると、東電は、原発から汚染水が海洋に流出しているという事実を、この夏ようやく公式に認め、問題解決に踏み出した。
2011年4月、東電は、汚染水流出の危険があるが、具体的対策をとっている、と強調していた。
しかし実際には有効な防止策は取られておらず、海洋流出が続いていた。

   イタル・タス
-------------------------------
(引用終わり)

(以下、『ロシアの声』、2013/8/1記事より引用)
-------------------------------
ロシア医局長:日本からの放射性自動車、月数十台
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_01/118921253/

ロシア医局長ゲンナージイ・オニシチェンコ氏はモスクワで開かれた記者会見で、「日本からは依然<放射性>自動車が流入している」と述べた。

    「日本車たちは我々に興味を持ち続けているようだが、残念ながら、彼らは汚れている。
    現状、相当たくさんの自動車がブロックされている。
    港に渡ってきても、もし放射線を放つようであれば、元へ送り返している。
    我々の下に月間1万8000台の自動車が運び込まれ、うち数十台を送り返している」
   
と医局長。

言うまでもなく、この問題は2011年3月の大地震・津波による原発事故に起因する。

   リア・ノーボスチ
-------------------------------
(引用終わり)
                        
                        
                        
                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム