« 百四十: 私の見かけたビデオについて_No.20 | メイン | 百四十二: 『人口削減計画』等について_No.4 »

2013年7月 1日 (月)

百四十一: 海幸彦(うみさちひこ)

                海幸彦   

 

 

        海の底で
        海幸彦は  頭上の  水面(みなも)から
        射してくる
        幾つもの光の束を
        見ている。
   
        海の  うねりに沿って
        幾つもの  光の群れが  揺れ動き、
        海に
        様々な光の幸(さち)を与える。
   
        その様は
        青い海の中に  ゆらめく
        白い帳(とばり)のよう。

        海幸彦は
        海の底で
        その光の帳を  見上げ続ける。
   
        その帳の中を
        多くの魚たちが  元気に
        通り過ぎてゆく。
   
        海幸彦は
        深い海の底で
        心静かに願うのだ。
   
        「この見目麗しき(みめうるわしき)  海のすこやかさ。
        どうか、永久(とこしえ)に、
        我らの手で
        守られんことを。」
   
   

                坂本  誠_3

Powered by Six Apart
フォトアルバム