« 四十九: News_No.232 | メイン | 五十一: 私の見かけたビデオについて_No.10 »

2013年6月10日 (月)

五十: News_No.233

こんばんわ。

私が今まで、気になったニュースを幾つか、ご紹介したいと思います。

(以下、『GIGAJINE』、2013/6/10記事)
-----------------------
●米政府が国民の情報収集をしていた「PRISM」問題を暴露したCIA元職員が実名公開
http://gigazine.net/news/20130610-prism-whistleblower-cia-technical-assistant/
        :
        (前略)
        :
、、、CIAの元職員が実名を公開し、なぜ情報を公開したのか、その事情を語っています。
        :
        (中略)
        :
、、、CIAにいた3年間で彼が見たものの正義とは何なのか、考えさせることになります。
たとえば、銀行家にわざと飲ませて車で帰るように仕向け、飲酒運転で捕まったところを秘密捜査官が助ける、というような仕事があったそうです。
「私がジュネーブで見たものの多くは、アメリカの政府機能と、それが世界に与えている影響について、幻滅させるものでした」とスノーデン氏。
自分が有益なものではなく、害となるものの一部になっていることに気付いたとき、初めて「政府の秘密を暴露する」ということを思いつきましたが、CIAの持っている秘密は機械やシステムではなく人々に関するものなので、暴露するのは思いとどまったそうです。
        :
        (中略)
        :
スノーデン氏いわく「NSAは、世界中のすべての世間話・振る舞いにいたるまで、監視することに余念がなかった」とのこと。
        :
        (以下、省略)
        :

-----------------------
(引用終わり)

=================================================

(以下、『THE HUFFINGTON POST - 社会 -』、2013/6/9記事)
-----------------------

●NHK、取り調べ映像を放送延期 大阪地検の激怒が原因か 
http://www.huffingtonpost.jp/2013/06/08/closeup_gendai_n_3409895.html?utm_hp_ref=japan

NHKの報道番組「クローズアップ現代」で、4月15日に予定されていた「検察の取り調べ可視化」をテーマにしていた放送が延期されていたことが判明し、ネット上で大きな議論を呼んでいる。

もともと、これはNHK大阪の報道番組「かんさい熱視線」で4月8日に放送されたもの。
「“虚偽自白”取調室で何が」というタ、、、

-----------------------
(引用終わり)

=================================================

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2013/6/8記事)
-----------------------
●遺伝子組み換え原料を使った日本の商品
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51886419.html
-----------------------
(引用終わり)

 

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム