« 四十二: News_No.230 | メイン | 四十四: 秋風 »

2013年6月 8日 (土)

四十三: 私の見かけたビデオについて_No.9

こんばんわ。

四十: 私の見かけたビデオについて_No.8』の続きです。
少し長い記事となりました。

まず、以前より、ご紹介しています、EU議会での、パットン議員(イギリス独立党)の発言を引用します。
---------------------------
ビルダーバーグ会議 : 欧州議会で取り上げられる (UKIP) #seiji イギリス独立党
http://www.youtube.com/watch?v=UcmRjiX_t_M 




YouTube: ビルダーバーグ会議 : 欧州議会で取り上げられる (UKIP)  #seiji  イギリス独立党

「次回のビルダーバーグ会議はイギリスで開催され、場所はワットフォードのグローブホテル、6月6日から9日とされています。」
「この年次会議は権力と富と影響力を持った人々---政界、ビジネス、金融関係が参加するサミットです。」
「この会議の最大のミステリーは主流新聞、放送関係者は、1954年以来、報道しないと決めていることです。」
「しかしインターネットの時代では、この存在は秘密にできません。」
「イギリスのすべての主流メディア、テレビ局に対して、報道することを書名で要請しました。」
「報道しないならば、なぜなのか?」
「情報公開条例を使い、ハートフォード州警察責任者に、どのような根拠で警察業務が提供され、誰が費用を払っているのかを、照会中です。」
「回答を楽しみに待っています。」

(公開日: 2013/05/22 )
---------------------------
『四十: 私の見かけたビデオについて_No.8』の翻訳の続きです。

まずは、私の翻訳したものを下に書きます。ビデオの公開日は 2013/05/18 でした。
---------------------------
事前に漏洩した2013年ビルダーバーグ会議の議題 #bilderberg #agenda #leaked

http://www.youtube.com/watch?v=dJYVvCoW01k




YouTube: 事前に漏洩した2013年ビルダーバーグ会議の議題 #bilderberg #agenda #leaked

こんばんわ。
『Info War』シリーズの6番目は、10アーミー、ジョセフ・ワトソンの報告になります。
私達は、イギリスのグロース・ホテルでこれを言っています。
そして、これは、来たるビルの会議のシーン4です。
6月8日のではなく、、、、
今日の夕方の大気は、約1ヵ月遅れの寒さ、、、
あー , 基本的に、ウォーラント・グラムズではなく、ホテルの内側で、私達は、約3時間前から書いています。

基本的に、どこにでもある、グラムズの大きな回転ホテルです。
彼等は、大挙して警察の操作をしそうです。
それは、納税者の資金によります。
そして、実際、それは立会人のための病的なレベルではありません。
それは、今日、出てきたものです。
メラ・ ワットフォードがどのように不満を言っているものかに関連しています。
また、どのように、ビル・デートの抗議者達の潜在的なものがヴァイオレントになろうかについて関連しています。

だけれども、これまでに住民達の抗議するものである文書がありませんでした。
それは彼等が始めて以来、また、それが何年も前から牽引的に始まって以来のことなのです。

彼等は、私達に知られている問題である平和的な抗議を容易にしたのが警察です。
基本的に、あなたはYouTubeのビデオを知っています。
車で一杯の駐車場でアクセス出来ない、あるいは、人々が、抗議するために集まることができない場合があります。
または、どこに行っても、ほんのちょっとも、立つための大地も無いかもしれません。
ホテル全体の周囲、近くで、セキュリティの行動があります。

あー、そう、私達がキャンプしていた時のスイスの時のように、それは、簡単に出られそうにありません。
(スイスの時は)ホテルから、権利の妨害の一蹴がありました。
もちろん、その立場は、全く、広範囲なkiaな成長したものではありませんでした。

しかし、現在、私達はそのアジェンダ(計画)を十分に調べるつもりです。
そのアジェンダとは、彼等が『A Little Bit 2013』について語っているらしいものです。
ソースの内側で、遅れて、激怒しているtilkaです。

あー、20年代ぐらいのものの位置として鑑定されたウィスキー、、、
それは、会議だったようです。
あー、そして、彼のソースは、3人の人々と共にあります。
そして、その内側で彼の徴候を与える源泉としての人々がいます。

少なくとも、ビルが何かという、また、ビルが議論しているであろう早期の徴候です。
簡略なメモによって行きましょう。
要約に当てられにとても行くことを議論している請求が注意するもの
逆の秩序、彼等は社会の安定性に対する脅威の方向について話しそうです。
それは、生活水準と富を減少することによってです。

そう、私達は過去数年間の暴動を見続けました。
その暴動は、続いています。
なぜならば , 経済は、利鞘稼ぎ(りざやかせぎ)を目的に新株に応募する人にとって、20回の適合回復をしているgambinoにとって、下がり続けているからです。
なので、私達は暴動について(新聞記事などを)読みます。
私達は、アメリカにh sを得ています。
たった今、そのアメリカは正義のための準備をしています。
しかし、大衆の行動のあらゆる面をスパイするためのsocalな小さな都市の中にラビがいます。
それは、もちろん、私達は、インテリのストリートのあるアメリカで見続けてきました。
軽いポールの人々です。
あなたの会話を記録してください。
もちろん , 私達は、「ten ten plan」を見続けてきました。
私達は、自由の特殊な集団の嘆きを受けることの無い技術を見てきました。
それらは、彼等が、幾つもの小さな都市の装いの下にインストールする予定のものです。
そして、それは現実に、全ての監視の録音をします。
christieのものではなく。
そう、非常に、彼等は2050もの届けられた性のバランスを取るための計画をします。

彼等は、resilience側についても語っています。
彼等の同盟の中で、彼等は、保安しているものの側に幾つもの住宅を売ります。
もちろん , 私達は、アメリカ合衆国とイスラエルによる、実際に発された全てのサイバー攻撃を知っています。

炎のようなそのメインの目的は、いまだに、余分に課税することです。
そう、彼等はセキュリティーの側の装いの下に、あなた達を置くことができました。
しかし、実際に、それはさらなるインターネット検閲です。
彼等は、それを「デジタル・ワイルドファイアー」と呼びます。
そう、彼等は「デジタル・ワイルドファイアー」を最後まで演じたいのです。

彼等はどのようにしてそれをすることができるのでしょうか。
ビル・クリントンが数年前要求したものを作ることによって。
インターネットのための真実の省、そして、、、、

基本的に、それは国連も政府の支配された団体のものです。
脅威、そして、インターネット上の全てのchorale情報の断片を実証します。
それが発表されるのを許す前に。
なぜならば、それは、コミューンの悪夢のための完全な検閲のように知らされます。
そして、それは、等しく、抵抗されるでしょう。
しかし、それは、この「デジタル・ワイルドファイアー」の考えの下で、彼等が進んでいるものなのです。

彼等は、それを3つのインターネット上での情報の広がりと呼んでいます。
また、彼等は、3D印刷製造革命についても話していそうです。
もちろん、それは、私達は昨日、ニュースで見たものです。

防衛のシャットダウンは、3Dに引かれた製造工業を配布しました。
今、基本的に、米国政府は、完全な徴候の下にそれらをシャット・ダウンしました。
だけれども、途中で、それを支配するために、そして、民主化しているものの全ての生産を妨げるために、3D印刷の革命が議論されるでしょう。

なぜならば、その種のテクノロジーを持つことについて、非常に関係している、もう一つの事柄があるからです。
一般の人々の手中にあって、それは、もっと多くの人々をより自由にします。
また、それは人々をより繁栄させるのです。
そう、彼等はそれをコントロールしないでしょう。
また、著作権とその他の手段によって、規定されたものです。
そう、彼等は、ソースの内側で、3D印刷の偶然の一致について話しそうです。

また、彼等は、抗生物質の抵抗の上昇による、一部分で引き起こさた世界的大流行の脅威についても話しそうです。
もちろん、それは、バクスターやリリースのような製薬会社のa_t_f_someに与えられたものです。
一般の人々に向けられた鳥インフルエンザウイルスと他のウィルスは、彼等に関係しています。
疑惑の指針は、非常に、製薬産業それ自体を、強いています。
日常的に、それが表現された能力なのです。

そう、あー、彼等は最も不健康なものについて心配しています、、、
1200の製薬業界は、解放によってのそれらの大流行の脅威の背後にあった過去を持っています。
偶然にも、バクスターのケースのような鳥インフルエンザウイルス、geo政策、、、
彼等は、シリア人の抵抗者達についても話しそうです。
もちろん、2011年のスイスで、彼等は、3ヵ月後を含むその仕事を終えることについて話しました。
それは起こります。
抵抗者達の上の彼等、トリポリの地での抵抗lenin、、、
そして、思うに、仕事を得る事が世界的になされました。
それは、ベンガルの瞬間を導いた原因ではありません。
また、 それは、hold blow backではありません。
なぜならば、彼等は、全てのmingunアルカイダ・テロリストに資金提供していました。
ちょうど、彼等全員がシリア内で知っているように。

そう、基本的に、彼等は、シリア内のその国を分割している全ての抵抗者達についても、話しそうです。
そして、彼等は、ショー・アリス・アウト(shaw alice out)による、ぐらついている大統領についても、話しそうです。
非常に、それは、3ヵ月内のアジェンダ(計画)の上にありそうです
ここでの、その議論の後にです。
もちろん、ペルシャの道は、シリアに通じています。

等しく、キッシンジャーは、イランの核施設へのイスラエルの攻撃を、押し進めています。
そして、基本的に、彼は欲しています。
私達が『3-year window』であったために、イランでの『the heat』のためのより多くの圧力を予想されたことを。
イランの核施設再攻撃を議論するための一つの会議、次の3年以内にそれをなしたいという一つの会議、それが、アジェンダ(計画)の上にありそうです。

あー、、、経済に関しては、更なる逃亡のインフレの増加が見られていました。
利用できるように見えることはありました
さらなるインフレの増加均一な逃亡
攻撃的な叩きの周囲の、何かをもった、ヨーロッパのインフレは、一つの収税でした。
湿気に浸された増加について、、、
しかし、銀行改革の実行下で、中央銀行により集められたもの、i_r_s_sexの40%である、キプロス内で起こった両方のものの、このようなものについて語っている時、ユーロの10万以上のあたりの人々の預金口座、それらは、今や、全てのuのテンプレートがを発表されています。
そう、彼等はより多くの緊急援助について話さないと予想されます。
それは、ユーロ、スロベニア、そして、次の国を支えるためのものです。
それらは、2013年の喜劇の立ち上げの内に、古い成長の始まりを委託された国です。
それから、EUに関してです。
もちろん、EUを去っているイギリス上で、一つの国民投票を約束されている、英国のデイビッド・キャメロン首相。
もし、彼がそれに再選したならば、また、もし彼等がそれをすることが出来るならば、それは、ビルに行くでしょう。
ビルは、ユーロ単一通貨の作成途上でしょう。

彼等は、1955年と同じくらいの過去にさかのぼって、話していました。
そして、彼等は、若く叩くものに反課税します。
2000年に、それについて自慢していた建設、推進している委員会のメンバー上での若いタッピングには反課税します。
そして、nahiは、作られたユーロ単一通貨を威張っています。

そう、それはそのグループためのビルの新案でした。
それは、uの中の、U.K.のドット・サーバーの立ち上がりでした。
イギリスでの、ヨーロッパの連合に対する反発です。
そして、英国が去るであろう脅威は、アジェンダ(計画)の上では非常なものでしょう。
これが、私達が知っているものの概要です。
彼等は、初期の徴候について話すでしょう。
その兆候は、『Bit 2013』hia・アップル・グローブを作ります。
ワットのホテルで。
そう、ビルのグループの背景で協力の得られている次のビデオの中で、、、
あー、しかし、それは、ジェンダーの建設です。

私達は、ここまで知っています。
彼等は、他のことについても話しそうです。
あー、それは、シスターの場所のために見られたオプションとして、残るでしょう。
この問題の上で、初期の徴候の、これらのもののディスクロージャーが迫っていることを私達は知っています。
合成されたものが、より多くのビデオで、帰ってくるでしょう。
このあとも楽しんでください。
----------------------------
(翻訳と引用終わり)

ここからは私の言葉です。
翻訳したものの、ビルダーバーグ会議は、1954年から、一般に報道もされなかったので、謎の単語や隠語や謎の計画名が出てくるのが多いのに気が付きました。
どなたか、より良い翻訳が出来る人の、お手伝いがあれば幸いです。
しかし、この場合は、あまり、考えず、EU議会の議員達やパットン議員さんが、直接、このビデオを見たり、あるいは、直接、調査する意外に、謎の単語や隠語や謎の計画名を理解することは出来ないのではないかと、私は考えます。

また、このリポーターの取材によりますと、『イランの核施設再攻撃』とか、その他の言葉を見るに、この本記事の読者の方々や、ほとんど、全ての人々は、

    「これは、司法や警察の調査が必要だろう」

と、誰もが素直に考えると思います。
なぜならば、

    「私達は、大金持ちだから、ロン・ポール氏の暗殺計画を建てて良いのだ。」

とか、

    「私達は、大金持ちだから、『イランの核施設再攻撃』の計画を建てて良いのだ。」

という、理屈は間違っているからです。
これは、私一人の考えでなく、全ての人の考えでしょうから、私がここに書いたものは、全ての人の考えの代弁に過ぎないと思います。

EU議会のパットン議員(イギリス独立党)が、ビルダーバーグ会議について、知りたがっていたので、パットン議員の疑問を解消する一助となれば幸いだと思います。
また、このビデオ自体が、EU議会や、パットン議員についての参考情報となるかと思います。

また、別途参考情報として、以下のビデオのURLもご紹介します。

ビルダーバーグ~秘密のグローバリストの政府
http://www.youtube.com/watch?v=ssqCRqE2ygQ




YouTube: ビルダーバーグ~秘密のグローバリストの政府

Kicking Things Off At Bilderberg 2013
http://www.youtube.com/watch?v=2cu1QvRQzCA

ビルダーバーグ2011
http://www.youtube.com/watch?v=Z9-NuK11bdY

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』内の関連記事)
============================
『三千三百四:私の見かけたビデオについて』
●ビルダーバーグ会議 : 欧州議会で取り上げられる (UKIP) #seiji イギリス独立党

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/post-41e7.html

『四:私の見かけたビデオについて_No.2』
●主流メディアが真実を報道しない歴史的な背景: CFR 外交問題評議会

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no2-dbb9.html

『三十一: 私の見かけたビデオ_No.5』
●今年のビルダーバーグ参加者リスト

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no5-cbd6.html

『三十六: 私の見かけたビデオについて_No.7』
●ビルダーバーグ2012ロンポール死への策略が明かされる

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no7-fc7a.html

『四十: 私の見かけたビデオについて_No.8』
●事前に漏洩した2013年ビルダーバーグ会議の議題 #bilderberg #agenda #leaked

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no8-4e9e.html

『二十八: オバマ大統領の演説について』
●対テロ戦略演説で驚くべきことを認めるオバマ、重大な演説で10年間の報道機関の偽りを暴く

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/post-2202.html

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム