« 三十五: 木陰(独白) | メイン | 三十七: 浜の上で »

2013年6月 6日 (木)

三十六: 私の見かけたビデオについて_No.7

三十一: 私の見かけたビデオ_No.5』の続きです。

私は、以前、旧ブログ『悲喜憐偉』の『三千三百四:私の見かけたビデオについて』で、『ビルダーバーグ会議 : 欧州議会で取り上げられる (UKIP) #seiji イギリス独立党』をご紹介しました。
その中で、EU議会での、パットン議員(イギリス独立党)の以下の発言をご紹介しました。
以下に、EU議会での、パットン議員の発言を引用します。
--------------------------------------

ビルダーバーグ会議 : 欧州議会で取り上げられる (UKIP) #seiji イギリス独立党 
http://www.youtube.com/watch?v=UcmRjiX_t_M 

「次回のビルダーバーグ会議はイギリスで開催され、場所はワットフォードのグローブホテル、6月6日から9日とされています。」
「この年次会議は権力と富と影響力を持った人々---政界、ビジネス、金融関係が参加するサミットです。」
「この会議の最大のミステリーは主流新聞、放送関係者は、1954年以来、報道しないと決めていることです。」
「しかしインターネットの時代では、この存在は秘密にできません。」
「イギリスのすべての主流メディア、テレビ局に対して、報道することを書名で要請しました。」
「報道しないならば、なぜなのか?」
「情報公開条例を使い、ハートフォード州警察責任者に、どのような根拠で警察業務が提供され、誰が費用を払っているのかを、照会中です。」
「回答を楽しみに待っています。」

(公開日: 2013/05/22 )
---------------------------
ここからは、私が新しく見かけたビデオの内容のご紹介です。
ビルダーバーグ2012ロンポール死への策略が明かされる』です。

ただし、このビデオは、去年(2012年)のビルダーバーグ会議の一部の情報です。
ですから、このビデオの公開日は、2012/6/1になっています。

去年の情報ですが、EU議会のパットン議員(イギリス独立党)が、ビルダーバーグ会議について、知りたがっていたので、パットン議員の疑問を解消する一助となれば幸いだと思います。

今日は、2013/6/6なので、今日から、イギリスで、このビルダーバーグ会議が開催されます。
=============================
ビルダーバーグ2012ロンポール死への策略が明かされる

http://www.youtube.com/watch?v=tBzz5dRxsS4




YouTube: ビルダーバーグ2012ロンポール死への策略が明かされる

=============================
私は、このビデオの概要を書かせていただきたいと思います。
=============================

▲デスク・キャスター(ダリン・マックブリン)
「INFOWARSの夜のニュースへようこそ。」
「2012年6月1日金曜日です。」
「私はダリン・マックブリンです。」
「今夜のラインナップを素早く見てみましょう。」

「今夜のINFOWARSの夜のニュースでは、来るビルダーバーグ出席者の抗議が上がりました。」
「ビルダーバーグ調査をしてきたジム・タッカーはロン・ポール暗殺の策略を明かしました。」
            :
         (中略)
            :

「その時、企業化されていない真実の提供に基づいた新しいメディアの即時の仕事により、ここに巨大メディアニュースが絶滅する。」
            :
         (中略)
            :

▲デスク・キャスター
            :
         (中略)
            :
「我々には長年ビルダーバーグを調査してきたジム・タッカーからのレポートがあります。」
「彼はいくつかの衝撃的な情報をアレックス・ジョーンズに共有してくれます。」
「ビルダーバーグ参加者が昨日朝、到着した後に行われた交流についてです。」
「基本的に彼らは数百人ものロン・ポール支持者達の群衆を車で通り抜け、ビルダーバーグ参加者達は実際に、ロン・ポール暗殺を議論しているのを耳にしています。」
「もし信じる事ができるのなら、これがジム・タッカーです。」

●アレックス・ジョーンズ
「ジム・タッカー、あなたのソースはあなたに驚くべき情報をくれたそうですが、」
「ロン・ポールと彼の支持者を考慮して、直接的にビルダーバーググループからロビーで彼を撃ち抜けとか、」
「彼らは何と言っていたのでしょうか?」

■ジム・タッカー
「彼らはロン・ポールについて非常に厳しい事を言っていました。」
「なぜなら彼は非常に愛国的に議会を指揮していて、これら政策条約の承認を停止させ、彼らの大事な組織が傷つくようにしていて、」
「ですから、その過酷な話は近くにいた男から出て来て、ロン・ポールと彼の支持者達を飛行機に乗せて、そこでイスラム教徒の自爆策略で彼を落とそうというものです。」
「それも最も過酷なコメントで、彼らの主なスクリプトは私のところには来ていません。」
「ビルダーバーグの声はホテルのロビーに集まっています。」

●アレックス・ジョーンズ
「すると彼らは一般的にこの自由化運動について腹を立てているんですね。」

■ジム・タッカー
「はい、そうです。」
「彼らは憤慨し、怒っています。」
「彼らは全ての自由化運動に非常にげんなりしていて、」
「彼らは計画に抵抗する愛国的アメリカ人に対して非常に腹を立てています。」
「実際、アメリカはとても成功しているのです。」
「なぜなら、何年もかけてビルダーバーグによって立てられた計画が中止され、」
「毎年毎年悪くなっていき、毎年毎年彼らはげんなりしているのです。」
「毎年彼らは更に憤慨し、ですから我々は勝利し、彼らは負けているのです。」

●アレックス・ジョーンズ
「america free press.netそこで大きなレポートがあります。」
            :
         (中略)
            :
「ですが・・・あなたが内部から得ているその他の興味深い情報のそれらのソースは昨年よりも破壊的なんでしょうか?」

■ジム・タッカー
「彼らは毎年破壊的になっています。」

●アレックス・ジョーンズ
「わかりました。ジム・タッカー、どうもありがとうございます。」

▲デスク・キャスター
「そしてビルダーバーグのメンバーがロン・ポールを脅かしたのはこれが初めてではありません。」
「あなたは2007年の時のことを思い出すかもしれません。」
「私達に明かされたのは、米国諜報がロン・ポール革命を脱線させるために暗殺を検討していた事です。」
「ご存じの様に、彼らはそうする力があり、わかるでしょう?」
「暗殺です。」
「ですから私達は皆、ロン・ポールと彼の安全の為に祈って下さい。」
=============================
私は、『
ビルダーバーグ2012ロンポール死への策略が明かされる』のビデオの内容の概要を書かせていただきました。
=============================
ここからは、私の感想です。
去年のビルダーバーグ会議がどこで行われたのかは、私はわかりません。
また、去年のビルダーバーグ会議の出席者のリストも、私はわかりません。
しかし、このニュース・ビデオの証言者、ジム・タッカー氏によると、2012年に、米国の国会議員、ロン・ポール氏の暗殺が、ビルダーバーグ会議内で計画されていたことになります。

去年のビルダーバーグ会議が、米国で主催されていたと仮定しましょう。
そうなると、現在(2013年)は、ロン・ポール氏は、米国の国会議員を引退したそうですが、去年までは、国会議員であったことが知られています。
ですから、ロン・ポール氏は、政府の要人(VIP)でありますから、「国会議員、ロン・ポール氏の暗殺計画がある」と、米国の司法省やFBIが知ったら、米国の正義のために、その会議を捜査しなければいけなかったと思います。

また、このブログを読まれている、全ての読者も、

    「ビルダーバーグ会議内で、政府の要人の殺害計画が練られている。これは、司法や警察の捜査が必要だろう。」

と、誰もが素直に考えると思います。
これは、私一人の考えでなく、全ての人の考えでしょうから、私がここに書いたものは、全ての人の考えの代弁に過ぎないと思います。

また、政府の要人の暗殺計画だけでなく、普通の一般市民の殺害計画があったとしても、これも、大きな問題と言えます。
ですから、司法や警察が会議自体を捜査しないといけないと思います。
---------------------------
今年のビルダーバーグ会議では、どのような事が話されているかは、現在、正確には、私は知りません。
しかし、その内、多くの人々の耳に入るようになるのではないでしょうか。

上記の参考情報が、EU議会の人々、そして、パットン議員(イギリス独立党)への情報提供になれば、幸いだと、私は思います。
また、これらの参考情報が、うまく伝わることを祈ります。
---------------------------
参考情報として、以下のビデオのURLをご紹介します。
時間の空き次第、私も情報を追ってみたいと思います。
ちらりと見た『Kicking Things Off At Bilderberg 2013』では、今年のビルダーバーグの会議場に、代替メディアの人々がやって来て、既に、カメラが回されていることがわかります。
うまく行けば、今まで長い間、秘されていたビルダーバーグ会議の実況生中継を、人々が見られるかもしれません。

Kicking Things Off At Bilderberg 2013
http://www.youtube.com/watch?v=2cu1QvRQzCA

事前に漏洩した2013年ビルダーバーグ会議の議題 #bilderberg #agenda #leaked
http://www.youtube.com/watch?v=dJYVvCoW01k

ビルダーバーグ~秘密のグローバリストの政府
http://www.youtube.com/watch?v=ssqCRqE2ygQ

ビルダーバーグ2011
http://www.youtube.com/watch?v=Z9-NuK11bdY

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』内の関連記事)
-------------------------------------
『三千三百四:私の見かけたビデオについて』
●ビルダーバーグ会議 : 欧州議会で取り上げられる (UKIP) #seiji イギリス独立党

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/post-41e7.html

『三十一: 私の見かけたビデオ_No.5』
●今年のビルダーバーグ参加者リスト

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no5-cbd6.html

『二十八: オバマ大統領の演説について』
●対テロ戦略演説で驚くべきことを認めるオバマ、重大な演説で10年間の報道機関の偽りを暴く

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/post-2202.html

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム