« 八十七: 靴と足について | メイン | 八十九: 畑の手入れ »

2013年6月17日 (月)

八十八: ディスクロージャーについて_No.43

七十三: ディスクロージャーについて_No.42』の続きです。

CHD((2013年4月29日から2013年5月3日まで、米国の議員達も招かれた、ワシントンDCのナショナルプレスクラブでの、UFOについての公聴会ディスクロージャー))の証言を紹介させてください。

ご紹介するビデオは、UFO研究家リチャード・ドーランさんのスピーチです。
公開日は2013/06/11です。

YouTubeには、翻訳されたものの字幕を付ける機能が付いています。
日本語の字幕を読まれたい方は以下のようにしてください。
まず、本ブログ『光と輝き』に埋め込まれたYouTubeビデオではなく、ビデオのURLを、ブラウザのURLボックスに直接入力して、そのYouTubeビデオを見てください。
そして、画面下のバーの「字幕(キャプション)」ボタンをクリックすると、各国語が表示されたポップアップ・メニューが出てきます。
そのメニューをスクロールして、「日本語」を選択すると、日本語の字幕が出て来て、リチャード・ドーランさんのスピーチを聞くことが出来ます。
全文紹介です。
=================================
(以下、ブログ『ほんとうがいちばん』様、2013/6/17記事より転載)

ディスクロージャー 最終日に於けるリチャード・ドーランの素晴らしいスピーチから学ぶ 『私達の課題』
-------------------------

Richard Dolan, 2013, UFO speech, Best speech ever, Citizen Hearing on Disclosure, Rich Dolan, IMU,
http://www.youtube.com/watch?v=7DwnnywY58A




YouTube: Richard Dolan, 2013, UFO speech, Best speech ever, Citizen Hearing on Disclosure, Rich Dolan, IMU,

よく感じるのですが、UFOやETに関する情報の公開についてはパラドックスがつきまといます。
それは不可能、しかし不可避ということです。

なぜ不可能かというと、政治的動機はないから。
それだけです。
しかし、免れることはあり得ません。
私達のリーダーだけが関わっている問題ではなく他の存在も関わっているからです。
ただしほとんどは私達、国民です。

人類史上最大の社会的・文化的な大規模な変遷、特に技術の変遷を経ようとしているのは私達なのですから。
実際、私達はゲームを変更しようとしています。
いつか、そう遠くない未来に何かが起こり、誰かが行動せざるを得なくなります。
重大レベルの目撃が起こるかもしれませんし、情報リークかもしれません。
もはや否定しきれない何かが起こるのです。

つまるところ、私達はシンギュラリティと呼ぶ人工的知能に迫りつつあります。
コンピューターによる知性が私達の知性を超える時が来るのです。
それが起こった時、私達はこの件についてなお中立の立場に留まれると考えるでしょうか?
何かが起こり、大統領は高度に出ざるを得なくなるでしょう。

大統領は長らく待ち望まれていた記者会見を開き、控えめに爆弾発言をするのです。
    「国家安全保障会議、及び機密情報機関のトップから、UFO現象は現実であるとの情報を得ました。
    UFOは実在する航空体であり、地球上の文明によって製造されたものではありません」
と。
まぁそのようなことを言うでしょう。

UFO情報の公開を支持する人々にとっては歓迎したい発言ですが、本当の問題は、その次は?
ということです。
山のような質問が次々と起こることでしょう。
第一に、他の存在とは誰なのか、彼らの目的は何なのか、ということです。
どんな大統領にとってもこれは難しい質問です。

そもそも、闇予算を牛耳り分離社会のトップに長年就いていたリーダー達さえ分からない可能性もあります。
少なくとも完全には把握していないでしょう。
もし彼らが知っていたとしたらどうでしょう?
それに、もしその答えに世の中に根底から同様を引き起こすような情報が含まれていたとしたら?
人間ではない訪問者、もしかしたら永住するかもしれない存在の意図は容易には理解できないかもしれません。

ただし、私達が持つデータによると、中には人類のことなど気にもかけていない存在がいる可能性は十分にあります。
気にもかけていない存在もいるかもしれず、そうではない存在もいるかもしれない。

もし機密情報機関内で彼らの意図を判定したとしたら、そしてその意図に拉致現象に関することが含まれていたらどうなるでしょう?
もしそうではないにしても、そのような推測がまん延しているというのに、大統領はそれを抑止できるなどと考えるでしょうか?

宇宙の存在達の意図は中立的か、ポジティブなものだと言われてはいますが、人類の大部分はとてつもない大きな疑念を抱くのは確実です。
そう簡単には進みません。

地球外の存在は凶悪なのだ、と考える人々が相当数いるのです。
この生命体の一人を演説台まで連れてきて、貪欲な一般大衆からの質問に何時間も、何日も、何週間も答えさせでもしない限り、どんな情報公開も大衆を納得させることはないでしょう。
異性人側の動機にそえる形では起こり得ません。

これは数ある問題のほんの一部です。
一番早くあがる質問は、深い政治的影響を及ぼすものです。
「こんな長年の間、どのように隠蔽してきたのですか?」
という質問です。

UFOは特異な実在のものではなく、ETや異性人は地球にいないし、私達と接触などしていない、UFOを信じる人々は善意ある人々ではあるがこの件に関しては間違っている、そのように私達の社会全体が言われ続けてきたのです。

どの主要機関でもこのような考え方が組み込まれています。
小学校から大学、博士課程に至ってもです。主要報道機関ではUFOを信じていることをオープンにするとキャリアに傷がつきます。
科学的機関などもそうでしょうし、政治機構でも同じです。
政治的キャリアは終わるかUFO支持が汚点となり致命的な攻撃を受けるでしょう。

2008年のデニス・クシニッチの件を思い出してください。
彼がずいぶん前にUFOを目撃したことがわかって、どうなりましたか。
彼には二人の証人がいて目撃について証言したという事実には誰も目もくれませんでした。
彼らは同じものを目撃していたのに、です。

諸機関や他の人々はUFOの話題を冗談か何か、未熟な人間が信じるもののようにあしらってきました。
アメリカ中の教授達が諜報機関との連携もせず、誰もかれもが一様にこの現象を片付けてしまったなんてことが本当にあり得るでしょうか?
科学界、政治界、メディア界でもそうやって片付けてきたというのでしょうか?

いえ、そんなわけがありません。
極めて妥当な調査によれば諜報機関はこれら全ての機関・団体に多大な影響力を持っていることを示しています。
つまり、国家安全保障機関が真実を抑圧するようなグローバル文化を築き上げてきたのです。

人々にそれがはっきり知れ渡ることでしょう。

それだけではありません。

一般市民は当然ながら秘密主義という構造の詳細を知りたくなります。
つまり、もしアメリカの大統領がこれまでずっと蚊帳の外だったとしたら本当に権力を行使しているのは一体誰なのか、と。

誰がUFO隠蔽を操作してきたのか?

もしその答えが私自身のこれまでの調査通りであれば、隠蔽はずいぶん前に正式な大統領の権限から外され、国際的・民間機関の支配下に移されたことが明らかになるでしょう。

アメリカ大統領が全く手をつけていないわけではありません。

大統領は背後にいる本当の権力エリートの代表として公衆の前に出る存在です。
これが権力のやり方であることを私達ははっきりとつきとめました。

UFO秘密主義の高度分析を始めれば、それがわかるはずです。

つまり、情報公開が起こると地球上の権力構造の真の姿が明らかになり、たちまち世界規模な知的革命が引き起こされます。
その瞬間、世界は皇帝は裸だということを目撃し認識することになります。
政治への影響は極めて大きく、情報公開した年内には激しい戦いが起こるでしょう。

考えてみてください。
大統領がただ声明を発表するように強いられたからといって、これを操作してきたCIAや他の諜報機関が単に舞台を立ち去ることはないでしょう。
この話題をコントロールするために人の一生分もの時間をかけて皆で協力してきたのです。
巨額が投資されてきたのです。
単に情報が開示されたからといって、それに変わりはありません。

開示直後の真の課題は、これをコントロールしているのは誰なのか?
直ちに亀裂が生じ、分断が起こるでしょうから。

この話題が公的に討議されれば、世界中の人々が答えを要求することはおわかりでしょう。
フェンスの向こう側では情報が慎重に手渡されているのだと人々は確信するはずです。
大統領のメディア担当アドバイザーが何度も出てきて国家安全ポリシーに沿って状況をコントロールしようとするでしょう。

しかし今回は諸機関に依存しないUFO研究者達がこれまでは決して開くことはできなかった公聴会を開くかもしれません。
もし公式報道官が誤った方向に導く声明や間違った声明でもすれば事態はもっと簡単になります。
諸機関との関係のない独立した研究者達はそれを指摘できますから、今回は世界中が耳を傾けようとするでしょう。

そして情報公開後は現在よりももっとたくさんの調査が進められることでしょう。
どのような結果になるか、それは時間が経たねばわかりません。

世界財政に関しては他にもたくさんの泥沼がありますし、他にエネルギー関連、真実和解委員会、訴訟、文化変容、文化戦争、宗教的・精神的変化、化学パラダイムの転換、究極には地政学的変化、など課題はたくさんあります。
それらを乗り越えてこそ私達は惑星地球上で「他の存在達」との出会いを果たせるのです。
協調的に、願わくば道理にかなったやり方で。
そして、さらに願わくば、一握りのエリート達にではなく一般の人々への答えをもたらすやり方で。

そのためには私達は下から世論の圧力を高めていかねばなりません。
さらに、この案件を長らく支配してきた闇予算文化と争うために、大規模な政治的エネルギー、倫理観、勇気が必要です。

そして人類のための自由と尊厳を取り戻すために長く困難な戦いを始めなければなりません。
そして同時に私達の存在意義のため、もっとましな、もっと成熟した環境を作り始める必要があります。
以上です。
===============================
(転載終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』、新ブログ『光と輝き』内部の過去記事)
-------------------------------------
『七十三: ディスクロージャーについて_No.42』
●CHDの4日目は、国際的なUFO遭遇の証言をもって、全世界に届きます

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no42-7976.html
                :
                (省略)
                :

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム